就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

出産で医療保険は適用されるの?保険が出る場合と出ない場合とは

出産で医療保険は適用されるの?保険が出る場合と出ない場合とは

出産は医療保険が適用されるのでしょうか。医療保険が適用される場合と適用されない場合をあげながら、出産と医療保険についてまとめてみました。医療保険は加入している保険によっても保障内容が違ってきますので、いざというときに困らないように加入している保険のことも調べておきましょう。

出産で医療保険が適用にならない場合

医療保険は病気の治療や手術でしか出ない

妊娠中のママは出産するときにかかるお金を心配していませんか?子どもを産むのは何かとお金がかかりますから、いざというときに医療保険がカバーしてくれたら助かりますね。

医療保険は、病気やけがで医療にかかった場合に給付金を受け取れる保険になります。医療保険には、公的医療保険(健康保険)と、民間の保険会社が運営する医療保険があります。

健康保険は誰でも入ることができますが、医療保険は加入する際に審査があり、身体的条件も内容も大きく違ってきます。

医療保険は色々な会社が色々な種類の保険を出していますので、どのような保険を選ぶかで内容が違ってきます。病気やけがをしたときに、安心して医療にかかれるように医療保険があるのですね。

自然分娩は病気ではないので適用外

医療保険は病気やけがをして医療にかかったときにお金が支払われます。自然分娩は病気やけがではありませんから、保険金は支払われません。ただし、数は少ないですが、自然分娩を保障してくれる医療保険もあります。

おおよその医療保険では自然分娩は適用ではありませんので、出産を意識して保険に入ろうと考えている場合には、どの保険に入るのかしっかりと検討しましょう。出産でお金が支払われるとしても、ほかの病気やけがの保障は手厚くないこともありますので、色々な場合を考えてどの医療保険にするのか考える必要があります。

自然分娩をして何事もなければよいですが、治療が必要になった場合には、医療保険から給付金が支払われれば安心ですね。

医療保険の契約がもともと対象外

医療保険の場合、医療保険の契約をするうえで色々な条件が課せられます。妊婦の場合は、母子手帳にはじめて診察の記録をした日から妊娠27週目までであれば、たいていの医療保険に加入することができます。

ただし、この時期に入ると、ほとんどの医療保険で「特定部位の不担保」という条件がついてしまいます。これは「子宮を原因とする病気には給付金は出ません」というものなのです。

条件がついても困りますが、妊娠28週目以降であれば、医療保険に入ることすらできないのです。安定期に入って落ち着いたから保険をと考えても遅いのです。

例え、加入できたとしても、治療が必要になったときにお金がおりないのも困りますから、妊娠する前に医療保険に入る必要があるのですね。

出産したときに医療保険が適用になる場合

帝王切開は手術になると医療保険が適用

帝王切開での出産になると医療保険でお金を支払われるのでしょうか。出産は基本は自然分娩でしますが、何らかの理由があるときのみ帝王切開になります。

帝王切開は医療費が「手術費用の加算」と「入院日数」が増加するために、高額になってしまいます。帝王切開は手術ですので、健康保険が適用されますし、医療保険からも給付金が支払われるのです。

ただし、保険に入った時期で「特定部位の不担保」という条件がついてしまうと、帝王切開も医療保険が適用されませんので、気を付けてくだざいね。1度目に帝王切開をして、2度目も帝王切開になるからと医療保険に加入したくても、手術後5年間は保険の対象になりませんから、注意が必要です。

そのほかの異常分娩でも医療保険が適用

妊娠しているときは何があるか分かりません。妊娠中に、子宮外妊娠、妊娠糖尿病、妊娠高血圧症などと診断されて、長期入院することがあるかもしれません。

これらは、異常妊娠といわれ健康保険の対象になり、自己負担は医療費の3割になります。健康保険が適用されますし、医療保険からも給付金を受け取れます。

出産のときもなかなか分娩が進まずに、鉗子分娩、吸引分娩、緊急帝王切開になることもあります。これらは、異常分娩といわれていて、医療保険の適用となります。

異常分娩のために入院する場合に「入院給付金」が、必要な処置をして「手術給付金」が支払われる可能性がありますので、医療保険の要件を確認しておいてくださいね。

自然分娩でも対象の医療保険に入っている

本来は医療保険の適用にならない自然分娩ですが、順調に出産しても給付金を支払ってくれる医療保険がいくつかあります。

例えば、フローラル共済の「なでしこくらぶ」は自然分娩の入院費を支払ってくれます。妊娠が分かる前に入る必要がありますから、結婚を機に入るとよいかもしれませんね。

まごころ少額短期保険株式会社の「新・マタニティライフ保険」は、責任開始日以降の妊娠であれば、自然分娩での入院であっても7日を限度に入院保険金を支払ってくれます。入った日が影響されますので、妊娠が分かる前に入る方がよさそうですね。

この医療保険は子宮がんやほかの病気にも対応していますので、妊娠や分娩以外の病気やけがのことを考えて入るのもよいですね。

そのほか出産での医療保険に関する疑問

会陰切開では医療保険は適用になる?

出産をする際に、赤ちゃんがママの外陰から出にくい場合は、産科医がママの外陰を切開して赤ちゃんを出やすくすることがあります。これを「会陰切開」といいます。

出産の状況をみていて産科医が判断して行いますので、そのときに説明されたとしても、ママは陣痛の痛さで会陰切開をしたか分からないこともあるかもしれません。実際に会陰切開したのか不明なママは、退院する際に渡される明細書をみてみましょう。

明細書の手術欄に「会陰切開及び縫合術」などと書いてあれば、健康保険の対象になりますから、医療保険でも申請をしたら、保険金を受け取ることができるでしょう。一度保険会社に相談してから、産科医に事情を話して診断書を書いてもらいましょう。

陣痛促進剤を使うと医療保険は適用になる?

予定日を1週間過ぎても出産の兆候がない場合や、産科医の判断で出産を進めた方がよいと判断した場合は、陣痛促進剤を使うことがあります。陣痛促進剤のほかにも、バルーンやラミナリアという陣痛を促進する方法はあります。

陣痛促進剤を自然分娩の誘発のために使う場合は、医療保険の適用になりませんが、微弱陣痛で使用した場合は、医療保険の適用になることがあるのです。産科医が治療として必要となった場合に、健康保険と医療保険の適用になるというわけですね。

陣痛促進剤を使うために入院をした場合、入院費は保険から支払われることもあります。もし陣痛促進剤を使ったのであれば、保険会社に確認してみましょう。自己判断したら、損をすることもあるかもしれませんよ。

長期入院した場合は医療保険は適用になる?

妊娠中は予期もしない色々なことがあります。切迫早産や切迫流産が心配で長期に入院して安静を保つこともあります。

切迫早産や切迫流産の治療として入院している場合は、健康保険や医療保険が適用されます。どの治療に対して医療保険の給付金がでるかは確認してみましょう。

入院費は、自分が入っている保険の1日に降りる保険料×日数分ですから、かなり高額になります。ただし、差額ベットを使用した場合は、自己負担になりますので、注意してください。

長期入院は、高額医療費を申請して金額をおさえることもできますが、家族の交通費や食費、パジャマやタオルといった入院にかかる諸経費などもかかりますので、医療保険からお金が支払われると助かりますね。

まとめ

妊娠と出産は命懸けで取り組むものです。どんなことがあるかわかりません。不安に思うことはありませんが、妊娠を考えているママなら事前に医療保険に入って、金銭的に困ることがないように対策をしておくと安心ですね。

医療保険を使わなくてすむのであれば、それが一番よいのですが、治療が必要になったときにはとても助かりますね。すでに何かしらの医療保険に加入しているママは、どのような内容の保険なのか確認しておきましょう。いざというときに安心ですよ。

関連記事

この記事のキーワード

ライター紹介

teniteo WEB編集部

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoWEAR
  • テニ-とテーオ
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • ハロウィン2018