就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

子どもと行くアジア旅行。人気のリゾート地や特長的な服やパンツのご紹介

子どもと行くアジア旅行。人気のリゾート地や特長的な服やパンツのご紹介

比較的フライト時間が短く、魅力満載のアジアの国々。どこに行こうか迷ってしまいますよね。ここでは、子連れで楽しめるおすすめの人気リゾート地や、アクティビティなどを紹介します。また、アジアンファッションについても予習し、親子コーデを楽しみましょう。

子どもと行くアジア旅行おすすめ国は?

移動時間が短い韓国!

子どもが小さい場合、飛行機に乗っている時間が長ければ長いほどママは不安になりますよね。移動時間の短い韓国旅行であれば、そういったママの不安を軽減できます。

韓国へのフライトの時間は出発地によって変わりますが、札幌から3時間、羽田から2時間20分、福岡から1時間20分となっています。ちなみに韓国と日本には時差もありません。

あまり知られていませんが、韓国には子どもと楽しめるスポットもたくさんあるのです。

ソウルにある「ロッテワールド」はショッピングや屋内外の遊園地、大きなスケートリンク、小さな子ども向けのアミューズメントパークなどがあります。

ソウルから飛行機で約1時間のところにある済州島では、海や洞窟、滝など豊かな自然を楽しむことができます。

ジブリの舞台の台湾!

台湾は「千と千尋の神隠し」のモデルとなっており、異国情緒を感じる町並みがとても魅力的です。

フライトも比較的短く、時差もたったの1時間の台湾は、子どもの海外旅行デビューとして選ばれることが多い国でもあります。

台北のおすすめスポットを紹介します。

「大安森林公園」は大型の遊具がたくさんあり、水鳥が泳ぎ回る池などのある、都会のオアシス的な存在です。

「誠品書店」は大型のおしゃれな本屋さんで、キッズスペースが充実しています。お店で売られているおもちゃがたくさんおいてあり、遊ばせてもらえます。授乳室や、おむつを替えるベッドなどもあるので、小さい子がいても安心ですね。

そのほかには、夜市でグルメや子ども向けのゲームを楽しむのもおすすめです。

遊園地が満載の香港!

香港は大型の遊園地やテーマパークがあります。朝から夜まで盛りだくさんに遊べるのも香港の魅力です。

香港には2005年にオープンした「ディズニーランド」遊園地、動物園、水族館が一体となった「オーシャンパーク」馬灣公園(まわんこうえん)という海水浴場やアスレチックなどがある自然公園に隣接したノアの方舟というユニークな施設があります。実物大のノアの方舟の周りには67種類の原寸大の動物の置物が配置されています。

九龍公園(くーろんこうえん)は小さい子でも楽しめる遊具や、プールなどがある、自然豊かな公園です。

夜は「シンフォニー・オブ・ライツ」というレーザー光線やプロジェクションマッピングなどカラフルな光と音楽のショーが毎日開催されています。

子どもと行くおすすめアジアリゾート地は?

アジア旅行は子ども向け施設が多いバリ島

インドネシアのバリ島はウォーターパークやサファリパークなど、子ども向けの施設が充実しています。毎年世界中から旅行客が集まるので、子連れ客に優しい施設が多く、観光客向けのお店やアクティビティが充実しているのもおすすめしたいポイントです。

「バリ・サファリ&マリンパーク」は動物を間近で見ることができるだけではなく、ライオンやゾウなど様々な動物と触れ合うこともできますよ。遊園地やプールなどもあります。

「ウォータボム・バリ」は小さなこどもから楽しめる、大型のウォーターパークです。超大型のウォータースライダーや熱帯の植物が生い茂る中を浮き輪でプカプカ浮かべる、流れるプール、常に監視員のいる、キッズエリアは、小さな子でも安心して遊ばせることができます。

アジア旅行はウォーターパークもあるセブ島

フィリピンのセブ島は美しい海だけではなく、小さい子どもを遊ばせるのにぴったりなキッズスペースがたくさんあります。

「SMシーサイドシティ」というショッピングモールの海が見渡せる屋上には、人工芝が敷かれたユニークなプレイパークがあります。遊具だけではなく、噴水や上から水が流れてくる、溺れる心配のない幼児向けのウォーターパークで無料で遊ばせてもらえるのです。

雨なので外でのアクティビティが中止になってしまったときは「ハッピーモングキッズパーク」がおすすめです。この施設は大型の屋内遊戯施設で、エア遊具や電動で走る汽車、浅いプールの中を足漕ぎボート進むスペースなど、小さい子どもが喜びそうなものがたくさんあります。

アジア旅行は子どもが大はしゃぎコーラル島

コーラル島はタイのプーケット島の南にある小さな島です。プーケットからはフェリーで片道15分。砂浜は真っ白で、海がとてもきれいな島ですよ。

プーケットは波が強く、小さな子どもには不向きのビーチが多いのですが、コーラル島は波が穏やかなので安心です。しかも、かなり浅瀬まで魚たちがやってくるので、パンなどを持っていくと、魚に餌付けをすることができます。

コーラル島にはロングビーチとバナナビーチがあります。バナナビーチはコーラルビーチに比べて静かなので、家族でゆっくり過ごすのにはもってこいです。しかし、このビーチは飲み物の持ち込みが禁止されているので注意しましょう。

コーラル島は海以外は特に何もないので、とことんきれいな海を満喫したい人におすすめです。

旅行におすすめアジアンパンツや服の特徴

お洒落で個性的なデザイン

アジアに旅行に行くのなら、アジアンファッションのコーディネートをしてみたいものですよね。

アジアンファッションの特徴は、ゆったりしたデザインにカラフルなタイダイ柄やアジアン系の模様、民族模様などが入っている服が多いのが特徴です。

鳶職の人がよくはいている、ニッカポッカのようなズボンや、タイパンツと呼ばれる、タイの伝統パンツなどが多く売られています。タイパンツは本来はウエストを整えてから縛る必要があるのですが、子ども用はウエストがゴムになっているタイプが多いので、簡単にはくことがきます。

目立つ服が多く、人混みの中でもすぐに見つけることができるかもしれませんね。旅行中に身に着けて、気分を盛り上げましょう!
26 件

関連記事

この記事のキーワード

ピックアップ記事



  • テニ-とテーオ
  • teniteoBRAND