就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

乳児の脳や心の育て方を知ろう!遊び方のアイデアやおもちゃの選び方

乳児の脳や心の育て方を知ろう!遊び方のアイデアやおもちゃの選び方

赤ちゃんの脳や心の成長を促して、将来の可能性を広げてあげたいと思うパパやママは多いでしょう。乳幼児期の遊び方によって発達が違ってくるようですが、どんな遊が効果的なのでしょうか。この記事では、幼児の脳や心の育て方、発達段階に合ったおもちゃの選び方を紹介します。

おなかにいるときから脳育は始まっている!

妊娠中にタバコやお酒はやめよう

妊娠中は、お腹の中で赤ちゃんがどんどん成長していきますね。脳や心臓、肺に神経など大切なものがママのおなかの中で作られるため、妊娠中の生活には注意したほうがよさそうです。

妊娠中のタバコやお酒は赤ちゃんの脳によい影響を与えないといわれています。タバコには赤ちゃんの成長に悪影響を及ぼすものが含まれています。タバコを吸うとママの血管が収縮し、赤ちゃんの成長に必要な栄養が行き届かなくなる恐れもあるので控えたいですね。

また、妊娠中のお酒も赤ちゃんに影響があるといわれています。適量を超えたお酒は赤ちゃんが神経障害になることもあるようです。タバコや飲酒の習慣を急に変えるのは難しいかもしれませんが、赤ちゃんのために強い意志を持ちましょう。

赤ちゃんやママに大切な栄養素「葉酸」

妊娠中は、赤ちゃんのためにも栄養のあるものを食べたいですね。とくに、「葉酸」の含まれる食べ物は、赤ちゃんの脳の形成にもよい効果を発揮するのだとか。葉酸は、熱に弱いためなるべく新鮮なものを加熱せず取るのがよいでしょう。

葉酸は、菜の花や芽キャベツ、アスパラ、ぜんまい、わらびなど春の食べ物や、水菜やアボガド、納豆など一年を通じてスーパーなどで簡単に手に入る食材にも含まれています。いちごやマンゴーのようなフルーツにも葉酸が含まれているため、食欲のないときでも手軽に食べることができてよいですね。

妊娠中や授乳中は、ママの食生活が赤ちゃんの栄養となるため、好き嫌いせずいろいろなものをバランスよく食べることが大切です。

ママはストレスをためずに過ごすこと

妊娠中のママの生活が赤ちゃんの脳に影響を与えるともいわれています。赤ちゃんの脳を正しく育てるためには、ママが規則正しい生活リズムで過ごすこと。深夜までテレビを見たりスマホをしたりせず、暗くなれば眠り、朝は太陽の光で目覚めるのがよいでしょう。

そもそも人間は夜行性ではありません。そのため、夜はよい睡眠をとり、朝すっきりと目覚めるようにすれば脳の働きもよくなるでしょう。おなかの赤ちゃんに、「夜だから寝ようね」「朝だよ、おはよう」と声をかけるとよいですね。ママの声を聞くと赤ちゃんも安心するはずです。

つわりで体調が悪く生活リズムが整わない場合は、安定する妊娠中期からはじめても大丈夫です。無理のないように、リズムを整えましょう。

乳児の脳や心を育てる遊びのアイデア

頭の位置を変えて、視覚遊びをしょう

生まれたばかりの赤ちゃんは、授乳タイムやおむつが濡れて気持ち悪いときは、泣いて知らせてくれますが、それ以外はお昼寝で静かな時間も多いものです。赤ちゃんがおとなしいと、そのまま寝かせていることも多くなってしまいますね。

赤ちゃんの脳を活性化させるために、たまには頭の向きを変えてみるとよいですよ。窓から差し込む光が、右から左へ変わるだけでも脳や視覚が鍛えられ発達していくものです。赤ちゃんのベッドを同じ方向から覗き込んでいるママは、覗き込む方向を変えてみるのも、赤ちゃんの脳によい刺激になります。

退院後、赤ちゃんとの生活に慣れてきたら、ときどき赤ちゃんの頭の位置を変えて、左右均等に光が当たるようにしましょう。

リラックス効果がある!ベビーマッサージ

赤ちゃんの心の安定は脳の発達にもよい効果を発揮します。リラックス効果のあるベビーマッサージは赤ちゃんとのスキンシップにもなるのでおすすめです。

大人もマッサージをしてもらうと心地よく感じたり疲れがとれたりしますよね。赤ちゃんも大好きなママにマッサージをしてもらうと、安心してぐっすり眠れたり、気持ちが安定したりするのです。

しかし、力任せに赤ちゃんの体をマッサージするのはよくありません。自治体などでベビーマッサージの講習会があれば、参加してみてくださいね。ベビーマッサージは、入浴前などに専用のオイルをつけて、赤ちゃんの手足や体をやさしくマッサージするのですが、赤ちゃんの気持ちよさそうな、かわいい表情にママも癒されるでしょう。

抱っこ以外のスキンシップ遊びを紹介

赤ちゃんとの愛情を深めるために、スキンシップは積極的にしたいものですが、赤ちゃんを抱っこばかりしていると、肩こりや腰痛の原因にもなってしまいます。抱っこ以外で赤ちゃんが喜ぶスキンシップの方法を紹介しますので、参考にしてくださいね。

首がすわっていない赤ちゃんは、寝かせたままのスキンシップが安心です。赤ちゃんが退屈そうにしていたら、コチョコチョと体をくすぐってみるのもよいでしょう。赤ちゃんは皮膚がやわらかいので、やさしくくすぐってくださいね。ニコニコの笑顔になることでしょう。

お風呂に入る前や着替えのとき、顔や体にママのほっぺをつけるのも楽しいスキンシップのやり方です。ママの温かさが感じられるので、赤ちゃんもうれしいでしょう。

脳や心を育てる!おもちゃの選び方

ねんね期のおもちゃ選び

ねんね期は、視力がまだはっきりしていないため、赤ちゃんには周りのものやママの顔もぼんやりと見えているといわれています。成長するにつれ、興味があるものをじーっと見つめたり、手を伸ばそうとするようになるでしょう。

部屋のインテリアを気にして、ナチュラル系や目立たない色のおもちゃを選ぶママも多いかもしれませんね。しかしはっきりとした色のおもちゃのほうが、赤ちゃんには見えやすく、好奇心や脳を刺激するので、色鮮やかな原色のおもちゃを選んだほうがよいといえるでしょう。

とくに赤色は、赤ちゃんが生まれて最初に認識できる色だといわれています。ねんね期のおもちゃ選びに迷ったら、赤色の入っているおもちゃを選んでみるのもよいですね。

ハイハイ、つかまり立ち期のおもちゃ選び

赤ちゃんがハイハイやつかまり立ちをはじめたら、目を離せないので大変ですが、表情が豊かで反応も楽しくなってきますね。

このころの赤ちゃんは、なんでも口に入れたがることが多くなります。興味があるものを、口に入れて確かめようとしたり、ちょうど歯が生えてくる時期なのでむずがゆくておもちゃを口にいれたりするでしょう。

そのため、口に入れても飲み込めない大きさで、ひっぱったり落としたりしても壊れないものが安心です。好奇心が旺盛な時期なので、鏡がついていたり、音が鳴る仕組みになっていたりすると、おもしろがって繰り返し遊ぶでしょう。

いろいろな遊び方ができるおもちゃは、考える力が身につき、脳の発達を促してくれるのでおすすめです。

たっち、あんよ期のおもちゃ選び

たっち、あんよ期はまわりもよく見えるようになり、興味のあるところへ自分で行けるようになってきますね。手先も器用になり、おもちゃを持ちかえたり、ほかの人に渡したりするのも上手になってくるでしょう。

たっち、あんよ期のおもちゃは、動きのあるものを選ぶと喜ぶでしょう。やわらかいボールを投げたり追いかけたりして遊ぶのも大好きです。また、積み木なども脳によい刺激を与えてくれるおもちゃです。赤ちゃんが自分で積み重ねることは難しくても、ママが積み重ねたものを崩して遊ぶでしょう。

積み木で作ったものを「壊す」ことに抵抗を感じるママもいるかもしれませんが、赤ちゃんは積み木の「変化」を楽しんでいるだけなので気にしなくても大丈夫です。

まとめ

赤ちゃんの脳や心によい子育てをして、成長を促したいと思うパパやママも多いでしょう。赤ちゃんの脳は妊娠中からできていくため、タバコや飲酒は控えるように心がけましょう。また、脳の成長には、栄養素の「葉酸」をバランスよくとることも大切です。

ねんね期の赤ちゃんは、ときどき頭の位置を変えて寝かせると脳によい刺激になります。また、色彩のはっきりしたおもちゃで遊ぶのも脳育に効果的です。月齢の発達に応じたおもちゃを選んで、赤ちゃんの反応を楽しみ、親子の絆を深めましょう!

関連記事

この記事のキーワード

ライター紹介

teniteo WEB編集部

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoWEAR
  • テニ-とテーオ
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • ハロウィン2018