就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

メルカリで売れるコツ!ポイントをおさえて上手に整理整頓しよう

メルカリで売れるコツ!ポイントをおさえて上手に整理整頓しよう

着れなくなった子ども服や、家の中にある使わない物をメルカリを使って売っているママが増えています。しかし「出品したのになかなか売れない」と悩むママも多いようです。ここではメルカリで商品を売るためのコツやポイントを詳しく紹介したいと思います。メルカリでどんどん売ってお金とスペースを手に入れましょう!

基本をおさえて、多くの人に見てもらおう

タイトルに簡潔な情報を入れる

突然ですが、今あなたは子どもが着れなくなったセーターをメルカリで出品しようとしています。あなただったらどんなタイトルをつけますか?

「セーター」
「セーター 80サイズ」
「GAP セーター 80サイズ」
「【美品】GAPセーター 80サイズ」

今例にあげたタイトルを見ただけでもずいぶん印象が異なりますよね。セーターだけではピンとこなくても、ブランド名や美品という商品の状態を知って惹かれる人もいることでしょう。このように、タイトルにはしっかりと商品の情報を入れることが大切なのです。

タイトルを見やすくインパクトがあるものにするためにも、美品という文字を【】でくくったり、限定商品、コラボ商品など、商品をアピールする簡潔な文句を入れるとよいでしょう。

写真は目に留まりやすくきれいなものにする

商品の顔となる写真は、時間をかけてでもきれいな写真を撮るように努力しましょう。メルカリの商品画面を見ているとわかると思いますが、同じ商品でも写真が違うだけでずいぶん違った印象になりますよね。

どんな商品でも背景には気を使いましょう。可愛らしいベビー用品やおしゃれな服も畳が背景では商品のよさが半減してしまいます。下に布を敷いたり、フローリングの上で撮影すると商品が際立ちますよ。

長袖のシャツなどの服はハンガーにかけて撮影する人も多いと思いますが、ハンガーにかけるとシワがよってしまったり、だらっとなってしまったりすることがあります。そのような場合は床に広げてみましょう。最後に撮った写真を確認し、暗い場合は修正機能をつかって写真を明るくしてくださいね。

購入しやすい値段を設定する

メルカリで商品を出品する際、値段設定で迷ってしまうママも多いと思います。あまり高い値段を設定しても売れ残ってしまう場合があるので、購入しやすい値段設定で出品しましょう。

購入しやすい値段を設定するポイントは、メルカリの検索画面で、自分が出品する商品と似ているもので、SOLDになっている商品を中心に検索してみることです。ときには同じ商品が出品されていることもあり、その場合はどんな状態の商品がいくらで売られているか知ることもできます。ほかの人が設定している値段を参考にして値段をつけるよといでしょう。

また、メルカリの出品画面には、売れやすい価格帯がざっくりとですが表示されます。めんどくさい方はこの売れやすい価格帯を参考にしてもよいかもしれませんね。

ターゲットを意識した出品を心がけよう

売れやすいカテゴリを見極める

メルカリではタイミングも重要ですが、売れやすい商品とそうではない商品があります。売れやすいカテゴリは子ども服、デジカメ、appleの商品、名作ゲーム、人気ブランドの商品、人気のアニメキャラクターの商品などです。

売れ筋の商品を出品する際は、タイトルに必要な情報が入っているか、ブランド名を選択してあるかなど記入もれがないようにチェックしましょう。

また、カテゴリ選択は柔軟に対応するとよいようです。例えば、先日友人のママが早稲田大学の大隈講堂に使われていたタイルを出品し、カテゴリは「その他」に設定しました。「その他」では人の目につきにくかったせいか売れなかったのですが、カテゴリを「インテリア」に変更したらすぐに売れたそうですよ。

ターゲットが利用する時間帯を考える

まず始めに、あなたが売ろうとしている商品はどんな人が必要としているものか考えてみてください。そして、そのターゲットがメルカリを利用しそうな時間帯に出品するようにしましょう。

例えば子ども服を出品する場合、ターゲットは主婦です。主婦がメルカリを見る時間帯はいつでしょうか。個人差はありますが、主婦が洗濯や掃除を済ませて自分の時間ができるのは9時〜夕方までの時間と、子どもが寝てからの20時以降が多いと思います。この時間帯を狙って子ども服を出品すればより多くの主婦の目にとまることでしょう。

社会人のユーザーをターゲットにする場合は、通勤中の時間帯や夜19時以降を狙って出品するとよいようです。社会人、主婦ともに、20時以降が狙い目ですね。

狙い目は何曜日かを考える

先に結論をいってしまうと、実はメルカリには売れやすい曜日というのは存在しないようです。先程もお話しましたが、商品のターゲット層の人たちが、平日にメルカリを見ているのか、または休日に見ているのかをまず考えてみましょう。

以前に発表されたデータによると、ヤフオクの場合は、日曜日の落札率が1番高かったようです。日曜日の夜は家でゆっくりとネットを見て過ごす人が多いのがわかりますよね。

しかし、ターゲットが主婦の場合、日曜日の夜が一番狙い目とは限りません。ターゲットによっては曜日よりも時間帯を重視して出品したほうがよいときもあります。また、給料日前は金欠で買うのをためらう人もいるようですので、気を付けましょうね。

なかなか売れない場合にやってみよう

出品物を時間限定で値下げしてみる

「期間限定」「限定◯個」など限定という文字がつくだけで、ついカートに入れてしまうことがありますよね。その心理作戦はメルカリでも有効です。

メルカリを利用していると、メルカリネームの隣に(◯月◯日まで限定セール中)などと表示されていたり、商品名の横に(土日限定値下げ中)などと表示されていたりすることがあります。セール中だとわかるとほかの商品もちょっとのぞいてみたくなるものです。

値下げしても、ほかのユーザーに知ってもらえなければ意味がありません。特に「いいね」に登録されている商品の場合は、チャンスです。「期間限定セール中です」などと自分でコメントを残して、「いいね」してくれているユーザーに伝える努力をしましょう。

写真や内容を編集してみる

なかなか売れない場合「値下げしようかな」という気持ちになりますよね。しかし、値下げをする前に、写真や文章などをもう一度見直してみましょう。その際は以下のようなポイントをチェックしてみてください。

・タイトルにセールスポイントが含まれているか
・型番など必要な情報が抜けていないか
・文面がターゲットにあっているか
・写真に商品全体が写っているか
・写真が明るすぎたり、暗すぎたりして見にくくないか
・ターゲットが知りたい情報をきちんと写真に撮れているか

そのほかにも、お互いの住所を知られることなく受け渡しができる「メルカリ便」を好むユーザーもいます。配送方法がメルカリ便になっていない場合は、メルカリ便に変更できないかもう一度考えてみましょう。

再出品して新たにユーザーにみてもらう

出品したばかりの商品はユーザーの目にとまりやすく、「いいね」もよくつきます。しかし、時間が経つにつれて、目にとまる確率も低くなり、商品が埋もれてしまうこともあります。特に出品数の多いカテゴリの場合、出品からわずか半日でもずっと後ろの方にならないと表示されなくなってしまいます。

そんなときは再出品して新たなユーザーにみてもらいましょう。メルカリの場合、再出品する場合はヤフオクのような自動再出品機能がありません。そのため、1度商品を削除してから最初からすべて入力しなおす必要があります。

注意点は頻繁に再出品を繰りかえしているとペナルティの対象となるようです。また、最初に出品していたときについた「いいね」やコメントも消えてしまいますので注意しましょう。

まとめ

メルカリでうまく売るためのポイントなどを紹介しましたが、いかがでしたでしょうか。

子どもが小さいと服もすぐ着れなくなってしまいます。サイズアウトした服やもらったけど出番がなかったものなど不用品はできれば溜めこみたくないですよね。

メルカリを上手に使って取引すれば、中古買取店で買いとってもらうよりも利益を多く得ることができるうえ、自宅の整理整頓にも繋がります。ポイントをおさえ、ほかのユーザーの方々と気持ちのよい取引ができるとよいですね。

関連記事

この記事のキーワード

ライター紹介

teniteo WEB編集部

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoWEAR
  • テニ-とテーオ
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • ハロウィン2018
  • クリスマスプロジェクト2018