就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

子育て世代にぴったりな基礎化粧品を選び!時短でお肌が潤うアイテム

子育て世代にぴったりな基礎化粧品を選び!時短でお肌が潤うアイテム

子育てしていると子どもに時間がかかるため自分のことは後回しになってしまいますよね。きれいでいたいけれど、子どもより自分の美容を優先することはできないと思っているママたちへ、簡単だけれども効果のある、そしてコスパのよい基礎化粧品があることをご存知ですか?子育て世代にぴったりな化粧品をご紹介しますね。

子育て世代におすすめな基礎化粧品とは

忙しい子育て世代には時短アイテムがよい

出産を経たママたちは産前と出産後でご自身の体調の変化を感じている方も多いのではないでしょうか。そして、子育てに追われて自分の時間を持つことができなくなり、今まで味わったことのないストレスを感じることで、肌のトラブルを抱える方も多いと聞きます。

肌荒れ防止には、洗顔と基礎化粧品だけで十分です。もちろん時間に余裕があれば、特別なお手入れをすればするだけの効果が得られるかもしれません。しかし、忙しいママには時間がありません。朝晩3分の洗顔、2分の化粧水と乳液。これだけでよいのです。

また、とにかく時間のない方には、オールインワンタイプのものが便利です。

気を付けたいのは乾燥です。保湿効果の高いものを選びましょう。

基礎化粧品を一つにしたオールインワンゲル

オールインワンゲルは忙しいママたちの味方です。時短でコスパもよく、またテクスチャーが好きという方も多いようです。

種類も豊富で、エイジングケア、美白ケア、乾燥肌ケア、敏感肌ケアといった具合に、自分自身に合ったものを選ぶことができます。

しかし、デメリットもあります。化粧水は乾いた肌に水分を与え、美容液は足りない栄養分を補い、そして乳液はそれらを逃がさないようにするものと、アイテムごとに役割分担があります。オールインワンゲルは一気に肌に入っていくため、それらの効果を最大限に発揮させることは難しいのです。

ご自身の肌の状態、ライフスタイルに合わせて上手に取り入れていけば、オールインワンゲルのよさを生かせるのではないでしょうか。

子育て中ママの基礎化粧品体験談


オールインワンゲルは重たいと感じる方が多いようです。そこでべたつかない、肌が重いと感じないと2つの条件をクリアしたオールインワンゲルの「フィトリフト」(1週間体験談)をご紹介します。

1日目  使用感は始めスーッと滑り、しばらくするとしっとり
2日目  肌が潤っている
3日目  毛穴が小さくなり、メイクすると毛穴が隠れる
4日目  3日目と変化なし
5日目  毛穴はより小さくなっているが、吹き出物ができた
6日目  昨日と変化なく、まずまずの状態をキープしている
7日目  吹き出物はなくなり、赤みもなく一安心

2週間目 10日目あたりからは「毛穴が目立たない」「きめが整ってきた」「お化粧のノリがよい」など、明らかな効果を実感できたそうです。

子育て世代も納得の基礎化粧品3選

ベタつかない「ハトムギ保湿ジェル」

べたつかずにしっとりと潤う、ジェルタイプのオールインワンです。テクスチャーはぷるぷるで、肌に乗せた瞬間、素早く浸透していきます。油分に頼るタイプのものではなく、水分で長時間潤いを保ちます。

子どもと一緒のお風呂上がりにパパっと塗り広げ、服を着せ、その間にお肌に浸透させるというやり方をされてきたママの話ですと、お風呂上がりで浸透力が上がっているためかもしれないが、肌の調子が安定してきたとのことです。

また、さらっとした仕上がりなのでお化粧前のブースター代わりに使っているという方もいらっしゃいます。お化粧の持ちがよくなった気がするとのことでした。

大容量なのに低価格、そして子どもにも使える魅力的なジェルです。

洗顔と化粧水が1本「洗い流し不要の洗顔うるおい水」

「洗い流し不要の洗顔うるおい水」という、洗顔と化粧水が一つになったものはご存じでしょうか?顔を洗う作業は、蛇口をひねる、顔を洗う、顔を拭くといった具合にいくつかの工程を経なければなりません。

こちらの商品は顔を洗う必要がありません。ふき取り化粧水のような感じで「洗い流し不要の洗顔うるおい水」をコットンに含ませて、顔を拭くだけです。それだけで洗顔+保湿が終了です。

洗わないとお肌の状態は大丈夫なのかと心配になりますが、成分に入っている米胚芽油が、汚れや古い角質をしっかりと吸着して肌を洗浄するので問題ありません。

またミネラル豊富な温泉水が肌の内側を潤し、トウキエキスでくすみ予防と美白促進してくれます。

高い保湿力「アクアフォースシリーズ」

オルビスから出ている「アクアフォース」シリーズは、肌に水分を長時間ため込むという発想のもとに作られた化粧品です。さっぱりタイプとしっとりタイプの二つから選ぶことができます。ここではしっとりタイプを試した方の口コミを紹介します。

化粧水は「しっとりするのにべたつかない」「肌が潤ってもちもちになる」「毛穴が目立たなくなる」などの感想がありましたが、「テクスチャーがさっぱりしすぎ」「深刻な乾燥肌には効果が弱い」という口コミも多いようです。

保湿液は「保湿力がよい」「肌なじみがよい」「肌がしっとりする」など保湿力や使用感を高評価する方と、100%オイルカットなので「使用感があっさりしていて物足りない」と感じる方もいるようです。

子育て世代に人気のスキンケアアイテム

ミスト化粧水は親子で使える

子どもと一緒にお風呂に入り、出たら着替えさせ、髪の毛を乾かして…とやっているうちに顔がカピカピに乾いてしまった、なんていうママも多いのではないでしょうか。子どもを放置してまで自分の美容を優先できない、というママには「ミスト化粧水」はとても便利です。

子どものお風呂上がりの保湿をするついでに、自分の顔にもシューッと一拭きしてあげるだけでよいのです。これで乾燥を防いでくれます。また、ブースターの効果もありますので、あとから重ねる乳液や美容液、クリームの浸透率をあげてくれます。

特におすすめなのは、新生児から使える「ラロッシュポゼのターマルウォーター」です。皮膚科医が採用するフランスの敏感肌用スキンメーカーですので、安心して使うことができますね。

保湿しつつ日焼け予防もできるBBクリーム

しっかりメイクをしなくても!というママに、簡単だけどきれいな肌になれて、さらにはコスパがよいBBクリームやCCクリームを紹介します。 
 
「SUGAOAirFitCCクリームスムース」は、日焼け止め+化粧下地+ファンデーション+仕上げパウダーの4役をこなしてくれるCCクリームです。カバー力は低めですが、軽い仕上がりです。

「ちふれ化粧品BBクリーム」は、美容液+乳液+保湿クリーム+日焼け止め+化粧下地+ファンデーションの6役をこなしてくるBBクリームです。塗りやすく、程よいカバー力があります。

「セザンヌBBクリーム」は、美容液+乳液+日焼け止め+化粧下地+ファンデーションの5役をこなしてくれるBBクリームです。しっかりカバーしてくれます。

家事や育児をしながらシートマスクで保湿

子育てが忙しくてもお肌のケアはきちんとしたいと、そんなママの願いを叶えてくれるのが、シートマスクです。お風呂上がりの清潔で毛穴が開いた状態の時がおすすめの時間帯です。吹き出物や肌のトラブルを抱えているときに使用すると、悪化させてしまうこともありますので、そういったときは使用しないようにしましょう。

シートマスクは使用頻度と使用時間を守ることが大切です。毎日使えるものや、週1回のスペシャルケア用に作られているものなど、様々です。使用時間が過ぎ、もったいないからと乾ききるまで肌につけておくのはNGです。しみ込んだ肌の水分まで逆にシートに吸い取られ、乾燥してしまいます。使い終わってもマスクが潤っているときは、首や腕などほかの部位に使うとよいでしょう。

まとめ


子育て中のママはとにかく忙しいので、なかなか自分の美容にまで手が回りません。でも自分自身のためにも、家族のためにもきれいでいたいですよね。

ママになると母性ホルモンが体中から湧き出て、内面の女性らしさがにじみ出てきます。それに加えて外見をきれいに見せることができれば、出産前よりも美しさがアップすること間違いないでしょう。

ひと手間かけてあげることで(とはいっても時短グッズで)、昨日よりもきれいになりましょう。

ライター紹介

teniteo WEB編集部

関連記事

この記事のキーワード

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoHOME
  • teniteoWEAR
  • teniteoSHOP
  • テニ-とテーオ
  • teo's
  • ハハノワ2019
  • クリスマスプロジェクト2018
  • teniteoSNAP
  • teniteoSEMINAR