就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

三姉妹の育て方は個性の見極めが肝!賢いサポートで結束力を高めて

三姉妹の育て方は個性の見極めが肝!賢いサポートで結束力を高めて

「女の子は育てやすい」なんていうフレーズはよく耳にしますが、実際はどうなのでしょうか?今回は、女の子ばかりが揃った三姉妹育児の実情について調べてみました。三姉妹ならではの悩みとともに、子どもたちが仲良く過ごしていけるような、子育てのコツなどをご紹介していきます。

三姉妹を育てるときにママが直面すること

ケンカが始まるとすさまじい

長女、次女、三女、それぞれに成長し、特に末っ子の三女にも自我が芽生え始めると、それまでトラブルがなかった姉妹関係のバランスが崩れやすくなります。それぞれの自己主張がぶつかり合えば、否が応にもケンカが始まります。

しかも、姉妹は血の繋がった同士であるため遠慮もなく、すさまじいケンカになることもよくあるでしょう。基本的には口ゲンカが多い女の子同士ですが、髪を引っ張り合ったり、叩き合ったりと激しさを増すケースもあるようです。

ケンカの原因はくだらないことでも、女の子は原因をハッキリさせたがるので、ママも仲裁に入るのが難しい場面もあります。互いに譲ることなくネチネチと争いが長引くことも、女の子特有のものなのかもしれません。

とにかく真似をすることが女の子の特徴

男の子の場合、自由に体を動かして関係性を築くのが特徴です。一方で、女の子は観察能力が長けているため、互いを観察し認めることで関係を築いていきます。好きだからこそ、相手の真似をするというのが女の子の特徴なのです。

三姉妹にとって、もっとも身近な大人の女性はママでしょう。生まれたころからママの行動をよく見ているので、ママがやっていることはなんでも真似したがります。

お姉ちゃんはママの真似をして、積極的に妹のお世話をしたがるでしょう。また、妹にとってはママだけでなく、お姉ちゃんも真似をしたくなる対象です。お世話をしたり真似をしたりすることで、姉妹は互いに影響し合って刺激を受け、様々なことを吸収していきます。

精神的な成長の早い女の子が3人いる手強さ

女の子は、男の子に比べて、一般的に精神的な成長が早いといわれています。例えば、男の子はいたずら好きで甘えん坊であるのに対して、女の子は幼いうちからお世話好きだったり、ママと離れても泣かなかったりするため、大人びている面があるでしょう。

機嫌を損ねても、男の子はおやつなどを与えるとケロッと機嫌がよくなりますが、女の子にはごまかしが利かず長く引きずりがちです。女性は、言葉によるコミュニケーションが好きなため、まだ言葉をきちんと話せない子どもであっても、会話をしっかりとする必要があるのです。

子育てする上で「まだ子どもだから分からないだろう」と、適当なごまかしが通じない女の子が3人もいるというのは、なかなか手強いかもしれません。

三姉妹それぞれの育て方でママが悩むところ

長女に我慢や責任を負わせ過ぎているかも

小さなうちからことあるごとに「お姉ちゃんなんだから」と言われがちな長女は、責任感が強く、自然と我慢強くなる傾向にあります。

姉妹で遊ぶときは、自分のやりたい遊びよりも妹に合わせることが多かったり、自分のことよりも妹の面倒を見ながら遊んだりすることがよくあるでしょう。そのため、自分が我慢をすれば丸く収まると思っていることも多いです。

このように、我慢や責任を負わせ過ぎている長女に対しては、我慢せずに自分の気持ちもちゃんと言うように促しましょう。親に対しても、甘えたい気持ちを我慢する場面が多いので、あまり長女としての役割を押しつけないよう、たまには長女の甘えをしっかりと受け止めるようにしたいですね。

間にはさまれた次女への接し方が分からない

「お姉ちゃんだから」と厳しく育てられる長女、一番年下で可愛がられる三女、その間にはさまれた次女は何かと後回しになりやすいです。長女と三女に比べて、どうしても目が届かなくなりがちな次女は「自分は放っておかれている」と、寂しい気持ちを抱えていることもあります。

子どもは、親に叱られたり褒められたりすることで、自分の個性を抑制したり協調したりすることを学びます。しかし、次女はその機会が少なく、個性のコントロールがうまくいかずに、我が強く感じられる面もあり、接し方に悩んでいるママも多いようです。

そんな次女に対しては、親の愛情を感じられるように、ママが意識的に注目するのがコツです。「少しやり過ぎかな?」と思うくらいで丁度よいでしょう。

末っ子の三女はつい甘やかしてしまいがち

三姉妹の末っ子の場合、親の方が最後の子育てを楽しみたくて、なかなか子離れできないケースがあります。そのため、つい甘やかしてしまいがちで、末っ子は甘えん坊になることが多いです。

さらに、お姉ちゃんたちからも可愛がられるので「三女が一番愛情を受けて育っている」と言っても過言ではないかもしれません。「なんでもやってもらうことが当たり前」という感覚を、身につけてしまう心配があります。

三女の自立心を養うべく、自分でできることは自分でするよう促したり、なんでもチャレンジするように促したりしましょう。自分の意見を持って「やりたい」と思うことに挑戦し達成感を味わうことが、子どもの自立心を育てることに繋がります。

三姉妹のメリットとママが注意しておくこと

将来的には3人で遊び相談し合う仲に

子どものころはケンカが多くても、成長とともにライバル意識も落ち着いて、三姉妹の関係性は少しずつ変化していきます。大きくなると体格も似てくるので、服を貸し借りしておしゃれを楽しんだり、恋愛の話に花が咲かせたりするようになるでしょう。

このように、三姉妹は大人になるにつれて、互いの存在のありがたさを実感することが増えます。実際に、自分自身が三姉妹で育ったというママの中には「成長してからなんでも相談し合えるようになり、友だちよりも密な関係で、3人で集まるととても楽しい時間を過ごせる」という声もあります。

大人になって一緒に買い物やランチに出かけたり、恋愛や仕事の深い話ができるようになったりするのは、三姉妹だからこそのメリットではないでしょうか?
26 件

ライター紹介

teniteo WEB編集部

この記事のキーワード

ピックアップ記事

関連記事

  • テニ-とテーオ
  • teniteoHOME
  • teniteoSCHOOL
  • teniteoPHOTO
  • teniteoWEAR
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • teniteoBRAND
  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • ハハノワ2019
  • 月明かりの映画祭2018
  • キッズハロウィンパーティー2018
  • クリスマスプロジェクト2019
  • teniteoSNAP
  • teniteoSEMINAR
  • 2040pj
  • teniteoFC