就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

三姉妹の育て方は個性の見極めが肝!賢いサポートで結束力を高めて

三姉妹の育て方は個性の見極めが肝!賢いサポートで結束力を高めて

三姉妹のメリットとママが注意しておくこと

将来的には3人で遊び相談し合う仲に

子どものころはケンカが多くても、成長とともにライバル意識も落ち着いて、三姉妹の関係性は少しずつ変化していきます。大きくなると体格も似てくるので、服を貸し借りしておしゃれを楽しんだり、恋愛の話に花が咲かせたりするようになるでしょう。

このように、三姉妹は大人になるにつれて、互いの存在のありがたさを実感することが増えます。実際に、自分自身が三姉妹で育ったというママの中には「成長してからなんでも相談し合えるようになり、友だちよりも密な関係で、3人で集まるととても楽しい時間を過ごせる」という声もあります。

大人になって一緒に買い物やランチに出かけたり、恋愛や仕事の深い話ができるようになったりするのは、三姉妹だからこそのメリットではないでしょうか?

三姉妹がお互いを必要とするようにサポート

先ほどご紹介したように、三姉妹が将来的によい関係で過ごせるように、親としては子どもたちが小さいうちから、お互いを必要とする関係性を築くサポートをしたいですね。姉妹で仲良く遊んでくれると、ママは家事などに手が回りやすくなるというメリットもあります。

女の子はもともと世話好きなので、妹が産まれるとお姉ちゃんのお世話欲が高まり、小さなママとして活躍します。妹を可愛がると、それを見ているママやパパも喜ぶので、お姉ちゃん自身も満たされ、さらに意欲的になるでしょう。

成長したら、三姉妹でおつかいや留守番をする機会を作るのもよいですね。頼れるのはお互いだけという状況によって、お互いの存在がより必要なものとなり、敬う気持ちが育まれます。

一人一人の個性や性格に合わせて育てる

三姉妹を育てる上で大切なことは、一人一人の個性や性格に合わせて接することです。姉妹皆「平等」とするよりも、それぞれの持つ個性やその子自身を認めることの方が、子どもたちにとっては嬉しいことなのです。

子どもは各自、それぞれの立場ならではの悩みや葛藤を抱えていることがあります。子どもたちを一括りに見るのではなく、個人個人の気持ちに寄り添いながら各々の性格に合わせて対応するようにしてください。

そうすることで、子ども自身が「自分はママやパパから認められている」と感じられるようになり、自分以外の姉妹のことも、自然に認めることができるようになっていくでしょう。姉妹同士でお互いを認め合える関係を築けたら、素敵なことですね。

まとめ

三姉妹を育てるコツは、長女、次女、三女と、それぞれの立場が抱えている思いを受け止めることです。親が子どもたちの個性を認めることで、子どもたちもお互いを認め合えるようになります。

「三姉妹」は女の子ばかりなので、同性であるママにとっては、気持ちや考え方が理解しやすく育てやすい面もありますが、女の子は大人びているので、一筋縄にはいかない場面もあるかもしれません。

けれども、三姉妹が将来的にもよい関係でいられるように、幼いころから親が子どもたちとバランスよく向き合っていきたいですね。
28 件

関連記事

この記事のキーワード

ピックアップ記事



  • 月刊ポピー
  • テニ-とテーオ
  • teniteoBRAND