就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

4歳児のわがままに対処するには?心が発達してきた証と捉えよう

4歳児のわがままに対処するには?心が発達してきた証と捉えよう

4歳になると、幼稚園や保育園に通っている子どもがほとんどですね。赤ちゃんのころと違い、お友だちや先生との出会いで世界も広がり、自己主張などもはっきりしてきて、ときにはわがままなことを言うことも増えてくるでしょう。そこで、わがままなことを言ったり、したりしたときの対処法をご紹介します。

4歳児が起こすわがままの特徴と原因とは

こだわりが強くてなんでも自分でやりたがる

イヤイヤ期が終わりホッとしたのもつかの間、4歳になると言葉でも態度でも自分の要求を表現できるようになりますね。日常生活の面においても、今までママにやってもらったり、手伝ってもらったりしていたことが自分でできるようになります。お着替え、食事、遊びなど全般にわたります。

できることも増えてきますから、したいことがあると自分でやりたくなるものです。個人差はありますが、自分がこだわっている部分はダメだと言われても引かないこともあるでしょう。

この服でないと嫌、髪型はこれとおしゃれにこだわる、雨が降っているのに傘を差したくない、このお菓子でないと食べないなどその子によりポイントは違いますが、ママには分からないこだわりが出てくるのもこのころです。

癇癪を起こしたり感情的になったりする

自分の要求が通らないと癇癪(かんしゃく)を起こす子もいますね。自宅内ならまだよいですが、これをスーパーなど公共の場でされてしまうとママも困ってしまいます。

イヤイヤ期のころも癇癪を起こしていましたが、身体が大きくなり言葉も出てくるようになってからの癇癪は力が強くなった分、抑えるのも大変ですね。気に入らないからと足をドタバタさせて歩いてみたり、ドアをすごい勢いで閉めてみたり、大声で怒鳴ったり、号泣したりと個人差があるでしょう。

また、叩く・蹴るなどの乱暴や座り込んで動かないなど実力行使に出る場合もあります。子どもの癇癪は、体調や機嫌などが大きく関係しており、同じことでも空腹、疲れなどによって感情をコントロールできなくなるのですよ。

わがままな行動が多い原因は「4歳の壁」

4歳になるとできることが増え、相手の言葉を理解する力もついてきますね。そのため、子ども本人もママもできると思いがちですが、できることにムラがある、それが4歳の壁と呼ばれるものです。

子どもは「やりたい、できる」と思いやろうとします。ところが、思いとは裏腹にできないことも出てきて、現実とのギャップに戸惑い、イライラしたりストレスがたまったりして癇癪やわがままにつながります。

一方、ママもイヤイヤ期と違いできることが増え、言葉も通じるようになったことから分かってくれると思いがちですね。しかし、まだ脳が発達段階のため、安定してきちんと理解してくれるわけではありません。そのため、ママも「どうしてできないの」という気持ちが起こることがあるのです。

わがままは子どもの心が発達してきた証

今はそういう時期だと受け入れよう

「なぜこんなにわがままを言うの?」と疑問に思うママもいますよね。「4歳でこれなら中学・高校の反抗期になったら手に負えないのでは」と不安になるママもいるでしょう。

それまでは意味が分からなくてもママの言うことをまっすぐな目で聞いていた我が子が、きつい言葉で返してきたり、聞いていないような態度を見せたりしたら心配になるでしょう。

言葉が出なくて手が出てしまったころとは違い、4歳の反抗はやりたいことをさせてもらえない、うまくできないなどの感情を上手にコントロールできずに起こります。

しかし、これも成長過程の一つで、従順に従うだけでなく脳が発達し感情も育ってきた証拠です。ただし、まだ発達の途中ですから、抑制力は不十分だと理解し、受け入れてあげましょう。

まだ成長の過程であることを理解しよう

4歳はまだ身体や脳、すべてにおいて成長過程にあることはママも理解しているでしょう。しかし、我が子が今までと違う様子を見せたら心配になりますね。子どもの態度にママも不安になりますが、子ども自身もコントロールできないことに困惑しています。

3歳くらいまでは、子どもが感情だけで動いても周りが「まだ小さいから」と受け入れていましたね。4歳くらいになるとママも「これくらいはできるはず」と思ったり、「まだ無理ね」と思ったりするでしょう。しかし、子ども本人は色々できるようになったため「できる」と思うものです。

ところが、子どもは思っているよりできないこともあり、イライラし感情抑制できなくなることもあります。ママはこれも成長過程だと理解し、対処しましょう。

ママの育児観を見直してみよう

自分のことしか考えられなかった子が徐々に、周りのことも考えて行動し始めるのが4歳あたりです。そうなるとママも、成長したのねと嬉しく思うでしょう。そして、3歳までより手を離すことも増えるかもしれませんね。

しかし、まだ成長途中のため、思考や認識も行ったり来たりしている状態です。その状態に心が追いつかず、処理できない子どもも多くいます。そのため、わがままを言ったり乱暴になったり、甘えてきたりするのでしょう。

三つ子の魂百までのことわざがあるとおり、3歳までのしつけや教育は大切と思っているママも多いでしょう。すると、4歳で少しママの気持ちも緩むところがあるかもしれません。しかし、まだ自分を制御できず悩み、甘えたい年ごろだということを認識しておきましょう。

4歳児のわがままで気をつけたい注意点

ママの気分で頭ごなしに叱らないこと

子どもがしていることを止めたら暴れ出した、ママの注意に対して乱暴な言葉で言い返してきたなどが続くとママもイライラすることがありますね。そんなとき、諭すより大きな声で怒ってしまうことはないでしょうか?

ママも人間ですから、体調が悪かったり、何度も同じことを注意したり、話してもまったく聞いてくれなかったりすれば腹も立ちますよね。そんなときは、感情にまかせて叱ってしまいがちです。

しかし、興奮した子どもにママまで感情にまかせて興奮しては逆効果です。まず深呼吸して、ママが冷静になるようにしてみましょう。

そして、根気よく理由を聞いてあげるようにします。子どもの興奮がなかなか収まらず、話してくれないかもしれませんが、ここはママの頑張りどきですね。

質問攻撃でも面倒くさがらないこと

さまざまなことに興味が出てくると「どうして?」「なんで?」と聞いてくる子どもも多いでしょう。余裕があるときは答えられても、忙しいときに聞いてこられると「今忙しいから、またあとでね」と後回しにしてしまいがちになるものですね。

すぐに答えてあげることは、子どもを受け入れていることを示す一番よい方法です。ただ、分かっていても毎回そういうわけにもいきませんね。

忙しいときは、「どうしてだと思う?」と聞いて自分で考えさせる時間を作ることで相手をする時間を先延ばしにする方法があります。この時間は、子ども自身も考える力をつけるための時間となるでしょう。

どんなに忙しくても面倒くさがらず、短い言葉でよいので対応し、無視だけはしないようにしましょう。

つい出てしまうNGワードに気をつけること

文章は先によいことを書いて、あとに悪いことを書くとマイナスイメージになると聞いたことはないでしょうか?

「上手な字だけど小さいね」と「小さいけど上手な字だね」と同じことを言っても人には前者がマイナス、後者がプラスの印象になるそうです。このように子どもも、先に言われたことよりあとに言われたことの方が印象に残るため、あとによいことをもっていくようにしましょう。

そこで気をつけるのは、マイナスなことで終わるのではなく、プラスの言葉で締めくくるということです。「そんなにのんびりしていたら幼稚園バスに乗り遅れるよ」ではなく、「早く準備できたら残りの時間はテレビを見てもいいよ」などです。

嬉しいことが待っていれば、子どもも頑張ろうという気持ちになりますよね。

まとめ

4歳は、子どもにとってもママにとっても難しい年代でしょう。イヤイヤ期ほど大変なことが知られていないため、ママもイヤイヤ期が終わるとホッとして気が抜けてしまうこともあるかもしれません。

そのため、わがままが増えたり、乱暴になったり、反動で甘えることが多くなったりするとママも困惑することが増え「うちの子大丈夫かしら?」と心配になるかもしれませんね。

しかし、ママだけでなく、子ども自身も脳や身体の発育に心が追いつかず戸惑いのなかにいることを忘れないようにして、温かく見守るようにしましょう。

ライター紹介

teniteo WEB編集部

関連記事

この記事のキーワード

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoHOME
  • teniteoWEAR
  • teniteoSHOP
  • テニ-とテーオ
  • teo's
  • ハハノワ2019
  • クリスマスプロジェクト2018
  • teniteoSNAP
  • teniteoSEMINAR