就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

赤ちゃんができたときに読む本!胎教や2人目出産など人気の本とは

赤ちゃんができたときに読む本!胎教や2人目出産など人気の本とは

赤ちゃんができたときに読む本を幅広い角度からセレクトしてみました。妊娠中に胎教によいといわれている本、赤ちゃんの反応がよいと評判の絵本のほか、お家でできる子どもの病気のケアについての本、2人目の出産を控えたママが参考になりそうな出産後の上の子の育児のポイントなどが書かれた本を紹介します。

赤ちゃんに読み聞かせたい絵本3選

リズミカルに読める「だるまさんシリーズ」

だるまさんシリーズは赤ちゃんや幼児に大人気のベストセラー絵本です。「だるまさんが」「だるまさんの」「だるまさんと」という題名の3冊がシリーズになっています。特にストーリーがあるわけではなく、誰でも楽しめるシンプルで面白い絵本です。

ページをめくるたび、リズムに合わせてだるまさんがとるおもしろい動きに、キャッキャッと笑いだす赤ちゃんが多いようです。笑う子どもを見るとパパやママも嬉しくなって笑顔になりますよね。そんなパパやママの姿を見て赤ちゃんがもっと笑うというような、笑いの連鎖が起きる本です。

だるまさんの絵もかわいらしく、どこかほのぼのとした表情で描かれていることも人気の理由の一つではないでしょうか。

スキンシップがとれる「くっついた」

きんぎょやさるなどの生き物が次々にくっつく絵本です。最後にはママと子どもがくっついて、さらにパパもくっつくというページで終了します。

絵本を読みながら「ママと◯◯ちゃんのほっぺがくっついた」などと言いながら、赤ちゃんのほっぺにパパやママのほっぺをくっつけてスキンシップをとってみてくださいね。

レビューには「何回も読み聞かせているうちに、赤ちゃんの方からもペタッとほっぺをくっつけてくれるようになった」「赤ちゃんとどう接したらよいか分からなかった上の子が、この絵本を読むようになって、赤ちゃんのほっぺに自分のほっぺをくっつけるなどして、赤ちゃんと関われるようになりました」などというママの声がありました。

子育てママ必見!育児相談もできる「ベビータッチ&ママストレッチ」

PR

子育て中のママは、独身時代や出産前とは生活が激変しますよね。社会とのつながりが減り、子育ての悩みを一人で抱え込んでいる人も多いのではないでしょうか?そんな時に悩みを聞いてもらえたり、リフレッシュできる場があるとうれしいですよね。今回は「保険LICO(ライコ)」が定期的に開催している「ベビータッチ&ママストレッチ」セミナーをご紹介します。

しかけ絵本「とびだす!うごく!どうぶつ」

かわいらしく描かれたゾウ、キリン、コアラなどの動物たちが動いたり飛び出したりするしかけ絵本です。手のひらサイズの小さな絵本にも関わらず、ママもあっと驚くくらいダイナミックなしかけが隠されています。

電車の中や病院の待ち時間など、子どもが飽きてしまうことがありますよね。小さい絵本なので、持ち歩いても負担になりません。いざというときに備えて持ち歩いているママも多いようです。

子どもは飛び出す部分に興味を示すことでしょう。手で掴んだり、舐めてみたりするためすぐにボロボロになってしまったというママの声が多いようです。絵本を大切にしたいママは絵本を読んでいる間は目を離さないようにするとよいかもしれませんね。

2人目出産で読みたい人気の本3選

1人目とは違う!「2人目育児安心BOOK」

2人目の出産は1人目を出産したときとは状況が違います。「出産後、母体が回復するまでの間の上の子のお世話はどうしたらよいの?」「今までは家の中で中心的存在だった上の子が、下の子の誕生後の環境に適応できるか心配」など2人目の出産を控え不安を感じることもありますよね。

そんな不安を解消してくれるのが「2人目育児安心BOOK」です。2人目の出産や育児に関すること、2人目がいてこそできる節約術、忙しくなることで増えるママのストレスの緩和方法、先輩ママの体験談なども豊富に盛り込まれています。

上の子と下の子の年齢差は家庭によって様々ですよね。その年齢差別に気をつけることや育児のポイントが書かれているのも嬉しい点ではないでしょうか。

上の子のために「子どもが育つ魔法の言葉」

この本は日本はもちろん、世界中でベストセラーになった育児書です。子育て中はどんなママでも育児に自信が持てないことや、不安を感じることがあるのではないでしょうか。

子育ての不安を解消するような言葉とともに、自分の育児を振り返り改善するためのきっかけを与えてくれる本だと思います。

親の本来の姿や行動が子どもの人格形成に強い影響力を持っているということが書かれており、具体的にどのように行動すればよいのかも書かれています。例えば『認めてあげれば、子どもは、自分が好きになる』『見つめてあげれば、子どもは、頑張り屋になる』などの言葉は、すぐに実践することができるのではないでしょうか。

子育て以外にも、周りの人とどう接するかを知るためにもよい本です。

病気対応の必読本「0~6才病気とホームケア」

35 件

関連記事

ライター紹介

teniteo WEB編集部

この記事のキーワード

ピックアップ記事