就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

赤ちゃんができたときに読む本!胎教や2人目出産など人気の本とは

赤ちゃんができたときに読む本!胎教や2人目出産など人気の本とは

0〜6歳の子どもがかかりやすい病気の症状や、ホームケアの方法などがオールカラーで分かりやすく書かれています。病気についてだけではなく、身長や体重、歯並び、視力、アレルギーなど、子ども時代に「大丈夫かな?」とパパやママが知りたくなるポイントについての説明もついています。

子どもが小さいと「夜中に熱がでた」「急に身体に発疹が現れた」などということがよく起こります。この本があればいざというときに慌てないですむかもしれませんね。また、1日に何種類も接種することがある予防接種に不安になるママも多いようです。そんなママの不安を解消してくれる本でもあります。

レビューを見てみると、赤ちゃんが生まれる前にこの本を読んでおいたというママも多いようです。

2人目だからこそ!胎教によい本

子どもは宝物「かみさまからのおくりもの」

おなかの赤ちゃんに本の読み聞かせをすることは、赤ちゃんの脳や感受性の発達を促したり、ママがリラックスできたりするといわれています。

「かみさまからのおくりもの」は、すべての赤ちゃんの個性は神さまからの贈り物で、赤ちゃんの個性は天使によって届けられるというような内容です。神さまより授かったプレゼントにより、よく笑う子どもになったり、力持ちの子どもになったり、歌が好きな子どもになったりします。

この本を読むことで、人間ひとりひとりの存在が大切な存在なんだと思えますし、子どもがどんな個性を持って生まれてくるのか、より楽しみになることでしょう。上の子にも「あなたも宝物なんだよ」と読み聞かせたくなる絵本です。

上の子の読み聞かせにも「おへそのあな」

赤ちゃんがママのおへその穴から外の世界を覗いたり、音を聞いたりしているという内容の絵本です。ママのお腹の中では逆さまになっている赤ちゃん。そのため赤ちゃんから見た世界として絵本も逆さまに描かれています。

お兄ちゃんが生まれてくる赤ちゃんのためにロボットを作ったり、お姉ちゃんが「赤ちゃんに見せたい」とお花の世話をしたりしている様子を赤ちゃんが見ているページもあるので、上の子がいるママは一緒に読んでみてはいかがでしょうか。上の子もきっと赤ちゃんが生まれてくるのが楽しみになることでしょう。

レビューの評価も高く「読んでいて感動する」「なんともいえない気持ちになった」など感動して泣いてしまうママも少なくないようです。

愛情表現が苦手なママ「あなたがだいすき」

愛情表現が苦手なママにおすすめしたいのが「あなたがだいすき」です。お腹の中の赤ちゃんにはもちろん、上の子にもママの気持ちを伝えるのにピッタリの絵本だと思います。

「わざわざ口に出して言わなくても、ママが子どもを愛しているのは当たり前。子どもも分かっているはず」などと思っているママも、ときには口に出して「だいすきだよ」と言ってみてはいかがでしょうか。きっと子どもだけではなく、ママも温かい気持ちになると思いますよ。

絵本の中は「わたしはあなたがだいすきです」「いつでもあなたをまもってあげる」などストレートな言葉で溢れています。「あなた」という言葉を子どもの名前に置き換えて読むのがポイントです。

まとめ

赤ちゃんができたときにおすすめの本、赤ちゃんと一緒に読みたい本などを紹介しました。「読んでみたい!」と思う本は見つかりましたか?

「赤ちゃんが生まれたらこんな絵本を読みたい」「一緒に◯◯したい」などというワクワクした気持ちとともに、出産や育児に不安を感じることもあると思います。本を読んで解決できる不安は解消しておきたいですね。

絵本を読むことはママのリラックスにもつながります。胎教によい絵本を読むなどしてゆったりとした気持ちで出産を迎えられるとよいですね。
35 件

関連記事

この記事のキーワード

ピックアップ記事



  • テニ-とテーオ
  • teniteoBRAND