就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

3歳児の髪の毛の上手な洗い方とは!洗髪嫌いの克服法やアイテム

3歳児の髪の毛の上手な洗い方とは!洗髪嫌いの克服法やアイテム

3歳になると体が大きくなってきて動きも活発になるので、「子どもの髪の毛を洗おうとすると動き回り、上手に洗うことができない」と困っているママは多いのではないでしょうか。ここでは、3歳の子どもの髪の毛を上手に洗うにはどうすればよいのかや、シャンプーをするときに活用できるグッズなどをご紹介します。

3歳児の髪の毛の洗い方についての悩み

未だにママの膝上で洗っているが重くて限界

赤ちゃんのときは、ママの膝の上に赤ちゃんを座らせて体や髪の毛を洗っている方が多いでしょう。子どもが小さなときは膝上に座らせると洗いやすいですが、3歳頃になると体が大きくなってくるので膝上に座らせると重くて洗うのが大変ですよね。

3歳頃になると、大人の使っているバスチェアに座ることもできます。しかし、シャンプーやシャワーが苦手な子どもは、ひとりで座ることを嫌がる子も多いでしょう。ひとりで座ることを嫌がったときは、浴室の床にママと一緒に座って洗ってみてはいかがでしょうか。

体育座りをしたママの膝の間に子どもを座らせて、後ろから髪の毛を洗うとよいですよ。バスマットを敷くと、子どもが立っても滑りにくいので安心ですね。

水が顔にかかるのを嫌がりシャワーを拒否

赤ちゃんの頃はママにされるがままだった子でも、3歳頃になると自己主張が強くなり自分の嫌なことは「イヤ」とハッキリ伝えてきますよね。小さな子どもは水が苦手な子が多く、顔に水がかかるのを嫌がることがあるでしょう。

3歳頃になると髪の毛の量が増えてくるので、大人と同じようにシャンプーをしたあとはシャワーできれいに流したいですよね。しかし、顔に水がかかるのが苦手だと、シャワーをかけようとしても暴れたり、大泣きしたりするのでママは毎日大変です。

子どもにシャワーを嫌がられると途中で流すことを諦めてしまうママもいますが、シャンプーがしっかり流しきれていないと肌荒れを起こす原因になります。毎日嫌がって大変ですが、シャンプーはきれいに洗い流しましょう。

洗髪のときに目をつぶるのを怖がる

髪の毛を洗うときはシャンプーを使うので、目をつぶっていないとシャンプーが目に入ってしまう可能性があります。しかし、シャンプー中に目をつぶるのが怖いという子どもが多く、「髪の毛を洗うから目を閉じて」とお願いしても「怖い」と言って嫌がることがあり、うまく子どもの髪の毛を洗えなくて困っているママもいるでしょう。

髪を洗うときに目をつぶるのを怖がる子どもには、なるべく目にシャンプーが入らないように洗えるよう工夫してみてはいかがでしょうか。片方の手は髪の毛をゴシゴシと洗い、もう片方の手を子どもの額のところに添えるようにすると、泡が目に入りにくいですよ。

ほかにも、「きれいに洗おう。もうすぐ終わるから大丈夫だよ」と、ママが話しかけながら洗うのもおすすめです。

3歳児が楽しく髪の毛を洗う三つのコツ

好きな歌を歌いながら洗う

髪の毛や体など、入浴中に洗うのを嫌がることは、小さな子どもによくあることですよね。嫌がっている子どもに「ママも忙しいんだから、動かないで」「すぐに終わるから言うことを聞きなさい」などと怒ってしまうと、お風呂に入ることが嫌いになる可能性があります。

お風呂に入って髪の毛を洗う時間が子どもにとって楽しいものになるように、子どもの好きな歌を歌いながら洗ってみてはいかがでしょうか。好きな歌を歌っていると子どもは楽しい気持ちになれるため、歌に合わせてゴシゴシと髪の毛を手早く洗いましょう。

浴室では声が響きやすいので、歌声が響いてより楽しく歌えそうですね。子どもがシャンプーの時間を楽しく感じられるように、ママも一緒に歌ってみてくださいね。

シャンプーでいろいろなヘアスタイルに挑戦

髪の毛を洗うときは、シャンプーをしっかり泡立たせて洗いますよね。泡立たせたシャンプーで、いろいろなヘアスタイルにチャレンジするのも面白いですよ。

たとえば、角のように髪の毛を立たせて「鬼みたいだね。強そう」と言ったり、髪の毛を耳のようにして「うさぎさんの耳みたい。かわいいね」と遊んだりなど、シャンプーでさまざまなものに変身するごっこ遊びも楽しいでしょう。子どもだけでなくママも一緒にいろいろなヘアスタイルに挑戦すると、「ママの髪の毛面白い」と子どもが喜んでくれるかもしれませんね。

ほかにも、髪の毛を七三にきっちり分けて「サラリーマン」と遊ぶ、アフロのように髪の毛を丸くまとめてみるなど、面白いヘアスタイルを見つけるのが楽しくなりますよ。

ママがシャワーで洗髪している姿を見せる

3歳頃の子どもは、ママのまねっこが大好きな子が多いですよね。ママをお手本にしてさまざまなことを学ぶことがあるので、ママが先に髪の毛を洗ってシャワーで流している姿を子どもに見せてみましょう。

ママがシャンプーで洗ってシャワーで流している姿を見ることで「シャンプーって気持ちよさそうだな」「シャワーで流すのは怖くないんだ」など、「髪の毛を洗うのが怖い」というイメージを消すことができるかもしれません。子どもに見せるときは「シャンプーで洗うと気持ちがよいな」「シャワーで流すとスッキリするよ」と、話しかけながらお手本を見せるとよいですよ。

ママが気持ちよさそうにしていると、子どもは「自分もやってみたい」と興味が湧きやすいでしょう。

3歳児が髪の毛を洗うときに役立つアイテム

顔に水がかかるのを防ぐシャンプーハット

「顔に水がかかるのが、どうしても苦手」という子どもには、シャンプーハットを活用するのもおすすめですよ。シャンプーハットを使うと、ママがゴシゴシ洗って泡が飛んでも子どもの目に入る心配も少なく済みますよね。

また、シャワーで髪の毛を流しても顔に水がかからないので、水が苦手な子でもシャンプーハットを活用することで髪の毛を洗うことを怖がらなくなるでしょう。シャンプーハットのなかには耳カバーがついているものもあるので、耳に水が入るのを防ぎたい方は耳カバーつきのものを選んでくださいね。

シャンプーハットをつけると、こめかみのあたりを上手に洗えないことが多いので、シャンプーハットを外してからこめかみのところだけしっかり流しましょう。
26 件

ライター紹介

teniteo WEB編集部

この記事のキーワード

ピックアップ記事

関連記事