就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

マスクが無いなら自分で作る!プリーツマスクと立体マスクの作り方

マスクが無いなら自分で作る!プリーツマスクと立体マスクの作り方

新型コロナウイルスの影響で、使い捨てマスクが手に入りにくくなっていますよね。早朝からお店に並んだり、ネットで高額なマスクを買ったりしなくても、マスクは簡単に手作りできます。布マスクなら、洗って何度でも使うことができてエコ&節約にもなりますよ。初心者でも簡単に作れるので、チャレンジしてみてくださいね。

まるで市販マスク!プリーツマスクの作り方

プリーツマスクに必要な材料

働くパパやママが職場でも使いやすいように、できるだけ市販の使い捨てマスクに近づけるようなデザインを重視して紹介していきます。まずは生地選びから。

表地はそのまま見た目になるので、無地の白を選びます。生地は綿・シルク・麻などがよいでしょう。目が細かい「ブロード」と呼ばれる生地がおすすめです。また、麻が入っている素材は菌の繁殖を防ぐ効果があるといわれています。

今回は、表地に白の綿麻(綿と麻で作られている生地)、直接肌にあたる裏地には汚れの気になりにくい生成りのワッフルダブルガーゼ(ガーゼが二重になっている生地)を使用します。

【材料】…Mサイズのマスク一つ分
・表布(綿など)…縦16cm、横22cm
・裏布(ダブルガーゼ)…縦16cm、横17cm
・マスクゴム…30cm×2本
・糸

マスクのゴムは手に入りにくくなっているため、「ウーリースピンゴム」を使用します。手芸屋さんで手に入りますよ。

ハンドメイドに必要な基本の裁縫道具も準備しましょう。手芸用クリップが無ければ洗濯ばさみでも代用できます。

【基本の裁縫道具】
・裁ちバサミ
・定規
・チャコペン(鉛筆でもよい)
・クリップ(洗濯ばさみでもよい)
・マチ針
・糸切バサミ
・リッパー
・糸通し(ヘアピンやクリップなどでも代用できます)

ワイヤー入りプリーツマスクの作り方

マスクの仕上がりサイズは市販の使い捨てマスクMサイズとほぼ同じ、縦9cm、横17センチです。表地と裏地を、それぞれ下の図のように裁断していきます。

裁断できました。

表布と裏布を写真のように中表(内側に表が来るように)に重ねて、クリップやマチ針で留めます。

マスクの上と下を縫いしろ1cmで縫っていきます。

上下を縫って筒状になったらひっくりかえします。

アイロンで整えます。

ワイヤーを入れる部分を作るため、上から0.5cmのところにステッチをかけます。ワイヤーを入れない場合、ステッチを入れる必要はありません。

表に返して、幅2.2cmで織り目をつけます。

幅1cmで中に織り込みプリーツを作ります。

最初と同じように幅2.2cmで織り目をつけます。

繰り返してプリーツを3つ作ります。

裏はこんな感じです。

表に返して、マスキングテープでプリーツを固定します。テープを貼る位置は、真ん中と両端からそれぞれ4cmのところです。マチ針やクリップで留めてもよいですが、テープの方が楽ですよ。

プリーツの端から0.2cmを、テープのある所まで4cm縫います。

同じように、左右すべてのプリーツにステッチをかけます。

すべてのプリーツにステッチがかけられました。テープをはがして、出ている糸を始末します。

ワイヤーを入れる場合は、このタイミングで入れておきます。

両端を1cmの三つ折りにしてクリップで留めます。

三つ折りにした端から0.2cmを縫います。

反対側も同じように三つ折りで縫います。

プリーツマスクの完成です。

最後にゴムを通し、結び目を布の中に入れ込みます。

顔がすっぽり覆われる大きさです。

マスク素材が手に入らないときは

新型コロナウイルスの影響で、手作りマスクに必要な素材が手に入りにくくなっています。とくに無地のダブルガーゼとマスク専用ゴムは品薄状態が続いています。

肌にあたる裏地には、使わなくなった赤ちゃんの肌着やベビー用品によくあるガーゼなどが代用できますよ。柔らかくて薄いタオル地などでもよいでしょう。

ゴムは帽子用のゴムや髪用の細い丸ゴムを使う人も多いようです。もしまだ自宅に使い捨てマスクが残っていたら、ゴムとワイヤーを再利用することもできますよ。

とくにワイヤーがあると便利です。取り出したら一度消毒して、布マスクに入れ込みましょう。
120 件

関連記事

ピックアップ記事