就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

赤ちゃんに暖かい冬ズボンを選ぼう!着せ方の注意点と快適ズボン3選

赤ちゃんに暖かい冬ズボンを選ぼう!着せ方の注意点と快適ズボン3選

冬は寒いため、ママも暖パンを履く機会が増えますよね。赤ちゃんにも暖かいズボンを履かせたいと思うかもしれません。ただ、赤ちゃんに履かせるズボンは、暖かければよいというわけではありません。赤ちゃんのズボン選びをする際の注意点や、押さえておきたいポイント、おすすめのズボンを3種類ご紹介します。

室温や気温に合わせた冬ズボンの選び方

暖かい室内は綿素材の厚すぎないもの

寒い冬の時期に、赤ちゃんが風邪をひいてしまってはかわいそうと、ママはどうしても暖かな服を着せてあげたくなりますよね。最近では子ども用の暖パンなどもあり、赤ちゃんのズボンにも裏起毛のものや、フリース素材のものなども見かけます。暖かく過ごせそうと思いますが、赤ちゃんはとっても汗かきで、防寒のためと厚着をさせすぎると、たくさん汗をかいて、かえって冷えてしまうかもしれません。

ボア素材やフリースも化学繊維でできているものも多いため、赤ちゃんのお肌には刺激になってしまう可能性もあります。

暖かい室内では汗も吸い取ってくれる綿素材のもので、赤ちゃんの動きを妨げない、厚すぎない生地のズボンの方が、快適に過ごせそうですね。

外出時の防寒には裏ボアやナイロン素材を

外出時は小さな赤ちゃんを冷たい空気から守ってあげるために、しっかりとした防寒対策が必要になります。お住まいの地域にもよりますが、寒さが厳しい地域の場合には、保温と防風を兼ねて、裏ボア素材のズボンや、ナイロン素材のズボンを履かせてあげるとよいですね。

外出時に履く防寒用のズボンは、1枚だけでも十分に暖かですが、室内で過ごすときに履いている綿素材のズボンの上に重ね履きをさせてもよいですね。その場合には、いつも履くズボンよりも、ワンサイズ大きめの防寒用ズボンを用意しておくと赤ちゃんの動きを妨げません。

防寒用のズボンはどうしても化学繊維を使った素材の物も多いので、綿素材のズボンと重ね履きをすればお肌にも刺激が少なくてよいですよね。

はいはい期は厚くて硬い生地は避けて

ねんねの時期やお座りができるようになるころまでは、赤ちゃんの動きはまだ少ないため服の生地の厚さによる問題はそれほどありません。はいはいが始まる時期になると、コーデュロイやデニムといった厚くて硬い生地のズボンはできるだけ避けた方がよいですね。

はいはいを始めたばかりの頃は、赤ちゃんもまだ上手に動けません。さらにズボンの生地が厚かったり、硬かったりすると、ますます動きにくくなってしまいますよね。

赤ちゃんがはいはい期に入ったら、動きを妨げないように、柔らかで薄手のズボンを用意してあげたほうが、赤ちゃんも動きやすくてよいですよ。はいはいからつかまり立ち、やがてはたっち、あんよと成長する赤ちゃんを包んであげる服を選んでくださいね。

冬にズボンを着るときの注意点とは

ズボンの下にタイツは履かない

ママは寒い時期に、ズボンの下にタイツを履いたり、ストッキングを履いたりすることがありますよね。同じように赤ちゃんにもタイツを履かせれば、温かく過ごせるのではないかと思うママも多いのではないでしょうか。

暑くなれば自分でタイツやストッキングを脱げるママとは違い、赤ちゃんは暑くても自分で脱ぐことができません。さらに、タイツは足全体を覆ってしまうため、余分な熱を逃すこともできず、ますます赤ちゃんは暑くなってしまいます。

また、タイツを履かせていると、おむつ替えをするのも大変ですので、冬でも赤ちゃんにはズボンの下にタイツを履かせない方がよいといえます。赤ちゃんの場合は、冬用のズボンを履かせてあげれば、ほかに履かせる必要はありません。

足首の防寒にレッグウォーマーを使って

赤ちゃんの防寒対策として便利なアイテムの一つがレッグウォーマーです。足首の表面には太い血管が通っているので、足首を温めてあげることが防寒対策となります。さらに、レッグウォーマーは脱ぎ着もしやすいため、赤ちゃんが暑そうだなと感じればすぐに脱がせてあげられますし、寒いときにもさっと履かせてあげることもできますね。

外出時にはレッグウォーマーと靴下で防寒対策をして、室内にいるときは靴下を脱がせてあげれば、足先から余計な熱を逃がせるため、赤ちゃんの体温が過度に上がってしまうことを防げます。

レッグウォーマーにはかわいらしいデザインのものも多いので、赤ちゃんの洋服のコーディネートのポイントにしてもよいですね。

厚着にならないように様子を見て調節を

寒い時期には、ママはどうしても赤ちゃんに暖かく過ごしてもらいたいため、服をたくさん着せたり、厚地の服を着せたりしたくなりますよね。ですが、あまりにも赤ちゃんに対して過保護にならないように気をつけることも大切です。

昔に比べると、赤ちゃんがすぐに風邪をひいてしまったり、アレルギーの発症率が高くなっているのは、赤ちゃんに対してママやパパが過干渉になってしまっていることも原因の一つといわれています。

赤ちゃんは、寒さに触れることで体温調節機能も発達させてゆくのです。寒いからとあまりにも厚着をさせてしまうことは避け、赤ちゃんの様子を見ながらママやパパがこまめに服の調整をするようにしてあげるとよいですね。

寒い冬も快適に過ごせる暖かなズボン3選

ふんわり起毛生地のスウェード裏毛パンツ

ママの暖パンでも見られる裏毛パンツは、保温性が高い生地でできています。表面がスウェード調であれば、見た目でも暖かな雰囲気となりますよね。

スウェード裏毛パンツは生地自体にも厚みがあり、伸縮性に優れた素材も多いですよね。はいはい期の赤ちゃんの膝を優しく守り、さらに動きも邪魔をしないという特徴があります。

起毛生地のパンツはシルエットもコロンとしているものが多く、お尻などにイラストや刺繍などが施されているものもみられます。おむつを履いているまるい赤ちゃんのお尻を、かわいらしく見せてくれるのではないでしょうか。

裾にも工夫を凝らしたズボンもみられます。風が入りにくいような物もあり、寒い冬のお散歩も、暖かくおしゃれを楽しめますよ。

パイル起毛のボーダー柄ブーツカットパンツ

スウェットなどで見られるパイル起毛の生地は、表面は滑らかなニットとなっているため伸縮性に富み、裏面はタオルのようなループ状になっています。ループ状に毛羽立たせることで、空気をたっぷりと溜め込み、保温性が高くなりとても暖かですよ。

おむつおしりをすっぽり包み込み、ひざもぐーんと伸びて赤ちゃんの動きを妨げずに暖かさを確保できるパンツとなります。パイル生地は吸水性にも優れているため、赤ちゃんが汗をかいても蒸れにくい点も嬉しいですよね。

定番のボーダー柄は色合いによってカジュアルな普段着にも、おしゃれなお出かけ着にもできます。男の子でも女の子でも着やすい点が嬉しいですね。ブーツカットの裾はすっきりとしたシルエットで履いた姿がとてもキレイに見えますよ。

暖かい中綿入りのニットキルトパンツ

ニット素材は非常に伸縮性に富みますので、動きを妨げにくいですよね。表生地と裏生地の間に綿を入れたキルト生地は、厚みがあり丈夫です。保育園などで着る服としてもおすすめです。たくさん汚してきても洗濯しやすく、キルトパンツであれば冬でも乾きやすいのでヘビロテできますよ。

厚手とはいってもニット生地は柔らかな素材でもあるので、はいはいを始めたばかりの赤ちゃんでも動きやすいです。裾の部分がリブ編みなどになっているものを選べば、裾から冷たい空気が入りにくいですし、あんよを始めた赤ちゃんも裾を踏んで転んでしまうことを防げるのではないでしょうか。おむつをしている赤ちゃんなら、お尻の部分が別布になったモンキーパンツタイプのものもおすすめです。

まとめ

冬は寒いからとどうしても赤ちゃんには厚手のズボンや、タイツなどを履かせがちですが、赤ちゃんにとっては暑すぎたり、動きにくくなったりとよくない影響がでてきてしまいます。

室内で過ごすときは綿素材であまり厚みがなく、動きやすい柔らかい生地のズボンを選んであげるようにします。一方で外出するときには、風を通しにくいナイロン生地や、裏地にボア素材になった暖かなズボンを選ぶことがよさそうです。

レッグウォーマーなども上手に使いながら、暖かさの調整ができる服装をさせてあげるとよいですね。

ライター紹介

teniteo WEB編集部

関連記事

この記事のキーワード

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoHOME
  • teniteoWEAR
  • テニ-とテーオ
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • ハハノワ2019
  • クリスマスプロジェクト2018