就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

赤ちゃんの髪の毛を使って筆を作ろう!時期や対応店と段取りについて

赤ちゃんの髪の毛を使って筆を作ろう!時期や対応店と段取りについて

生まれたばかりの赤ちゃんの髪の毛は、ふわふわですよね。できれば、そんな髪の毛を記念に残しておきたいとパパやママなら思うでしょう。しかし、ただ切って置いておくだけではもったいないですね。そこで、この特別な髪の毛を記念の形にして残す方法をご紹介します。

赤ちゃんの髪を使って作る筆について

一生に一度しか作れない赤ちゃん筆

昔から髪と神をかけて、髪には神が宿るとされてきました。このように髪には神秘的なものという意識が昔からあるのでしょう。海外では、愛する人の髪を持ち歩いたり、写真立てに入れたりすることもあるそうですよ。

「胎毛」という言葉をご存知でしょうか?胎毛とは、ママのお腹のなかにいるとき(妊娠5カ月ごろ)から生え始める毛のことで、あとから生えてくる毛とは違い、繊細で柔らかい毛なのです。どちらかというと、産毛ですね。

生まれてから一度も切ったことのない胎毛を使って作るのが「赤ちゃん筆」です。ほかにも「誕生筆」「初髪筆」などと呼ばれることもありますよ。

この一生に一度しか作れない筆には「頭脳明晰」「文字の上達」「健康な成長」などの想いが込められています。

赤ちゃん筆はどこで注文できるのかを知ろう

それでは、赤ちゃん筆はどのようにして作ればよいのでしょうか?一生でたった一度しかチャンスがないなら、失敗はしたくないものですね。

赤ちゃん筆を作ってくれる、または仲介してくれるお店としては、筆を製作している会社や赤ちゃん筆を専門に作っている会社、書道具店、美容院などがあげられます。

「そんなことを言っても、知っているお店がない」というママには、ネットで探す方法が近道でしょう。赤ちゃん筆を作っている会社や仲介してくれるお店のHP、赤ちゃん筆を取り扱っている美容院を案内してくれるHPなどがありますよ。

自分で切って送るタイプ、美容院で切ってから送るタイプ、美容院が送ってくれるタイプなど様々ですから、自分に合ったものを選びましょう。

お店は作りたい筆や予算によって選ぼう

赤ちゃん筆も様々で、お店により見た目や材質、サイズ、料金が違ってくるものです。料金は5,000円台~300,000円超えのものまでありますが、売れ筋は、8,000~13,000円くらいでしょう。

筆だけでなく、それを保管しておく箱にまでこだわったものはやはり高いですね。輪島塗、額縁入り、桐箱、蒔絵などがあり、輪島塗はとくに高額になるでしょう。

筆と箱のセット以外にも、記念写真や手形も入るものもあります。また、サイズは大筆と呼ばれるものから手のひらサイズまでありますよ。

軸も毛筆の軸から、おしゃれなものまで様々です。筆といわれると、書道の筆を思い出しますが、なかには絵筆の形や紅筆などもありますので、好みのものを選んでみてはいかがでしょうか。

毎日の子育てに役立つ情報やお悩み・疑問について動画で楽しく解説♪

PR

親子教室ベビーパーク公式YouTubeチャンネル「べビパちゃんねる」を開設しました♪ 毎日の子育てに役立つ情報やお悩み・疑問について楽しく解説しています。かわいいベビぱっ子の「ほっこり動画」もお見逃しなく!

赤ちゃん筆が作りたい!ママがやるべきこと

時期よりも5cm程の髪の長さが必要

赤ちゃん筆を作るときに悩むのが、タイミングですよね。これに決まりはなく、好みの問題になります。新生児のころからの細い髪の毛で小さな筆が欲しいなら、6カ月~1歳までのものを使うこともありますし、太くて長い筆がよいと思うパパとママなら、3~4歳まで伸ばし続ける場合もありますよ。

一般的には、1歳過ぎくらいに作るパパとママが多いでようです。しかし、これも個人差です。必要なのは髪の毛の長さですから、髪の毛の伸びが早い子どもと遅い子どもでは、おのずと時期が変わってくるでしょう。

必要な量と長さは、束ねたときにパパの親指くらいの太さで長さが5~7cm程度です。これくらいの胎毛を用意できそうなら、赤ちゃん筆を作ることができますよ。

自宅か美容院でカットし、専門メーカーへ

胎毛をカットする方法は二通りあります。まずは自宅でパパやママが指定どおりにカットして、業者へ郵送する方法、もう一つは美容院でカットしてもらう方法です。

パパやママが自宅でカットして郵送する場合は、筆づくりをお願いする業者の指定に沿って送るようにしましょう。業者により、長さや量、送る方法などが違っていますので、注意が必要です。

美容院でカットするときは、赤ちゃんの扱いに慣れた美容師や赤ちゃん筆のカットに慣れている美容師がいるところを選びましょう。ただでさえ初めてのカットですから、赤ちゃんには恐怖心があり大暴れすることもあり得ます。慣れていない美容師では、カットができなかったり、長さや量を間違ってしまったりすることもあるようですよ。

提携している美容院だと相談もできて安心

インターネットでの申し込みの場合、多くがパパとママがカットしたものを自分で郵送するシステムですが、なかには美容院と提携している業者もあります。自分でカットするのは不安という場合は、ホームページなどで住んでいる場所の近くに提携している美容院があるかを確認してみましょう。

また近くに赤ちゃん筆の店がある場合、カットスタジオを併設しているところもありますよ。逆に赤ちゃん筆ののぼりや看板を掲げている美容院が近くにあることもありますので、そこに相談してみるのもよいですね。

提携の美容院では、カットした胎毛を業者に送るところまでしてくれる場合もあります。すべて美容院がしてくれるのか、郵送はパパやママがしなければならないのかきちんと確認しておきましょう。

安心して申し込める赤ちゃん筆専門店3選

全国から依頼できる【赤ちゃん筆センター】

「赤ちゃん筆センター」は、愛知県にある赤ちゃん筆製作専門の会社です。ここでは、毛筆などに使う筆を作っていないため、動物の毛が混入する心配がないのは安心材料ですね。

商品の種類は多く、様々なものが取り揃えてあります。シンプルな桐箱のもの、手形もついているもの、アルバムがセットになったもの、スワロフスキーの誕生カラーを埋め込めるものなどです。五月人形や市松人形が筆を持ち、ガラスケースに入っているものはインテリアとしても使うことができるでしょう。

総合カタログを手に入れる方法は二種類あります。無料の資料請求とPDF版を閲覧または印刷する方法です。種類が多過ぎてどれにしようか迷うかもしれませんが、見ていると楽しくなってきますよ。
26 件

関連記事

ピックアップ記事

  • テニ-とテーオ
  • teniteoBRAND
  • フリーペーパーテニテオ愛知版