就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

先輩ママたちの子どものイヤイヤ期体験談!ぐずる子どもへの対処法

先輩ママたちの子どものイヤイヤ期体験談!ぐずる子どもへの対処法

天使のようにかわいい我が子が悪魔にみえてしまうイヤイヤ期。ほとんどのママが苦労をするイヤイヤ期を上手に乗り越えるために、先輩ママの体験談や対処法をまとめました。ぜひ、参考にしてイヤイヤも自我が芽生えた成長の証だとよろこび、楽しく過ごしましょう。

【ママの体験談】イヤイヤ期で苦労した話

幼稚園の送り迎えでのイヤイヤ

  • 体験者:H.Sさん(30代前半)専業主婦
  • 子ども:5歳(男の子)
幼稚園の年中さんになった息子。年少の一年間は毎日、幼稚園の下駄箱で泣いて、イヤイヤとわめき散らしていました。息子が泣きわめくと担任の先生が駆けつけて、無理矢理抱っこして連れて行くというのが、日課になっていました。

優しくしたり、厳しくしたり、パパにお願いしたり、試行錯誤しながらの毎日でしたが、全く改善されず、先生に申し訳ない気持ちや恥ずかしい気持ち、悲しい気持ちやらで私自身も泣きあかしました。

そして、意を決して息子に言い聞かせ、自転車通園からバス通園に変えました。すると、バス停で泣きわめくと思いきや、すんなりと乗り込みした。ただ、甘えたかったのでしょうか。今思い出しても大変でした。

■編集部コメント

朝の幼稚園でのイヤイヤですね。1年間、さぞかし大変だったことでしょう。でも、その1年間で思う存分、自己主張したからこそ、自転車からバスに変わったタイミングですんなりイヤイヤをやめることができたのかもしれませんね。

スーパーでもどこでもほふく前進

  • 体験者:M.Yさん(30代前半)専業主婦
  • 子ども:2歳(女の子)
元々大人しい娘なのですが、スーパーやトイザらスなどどこでも気に入らないことがあるとほふく前進を繰り広げてました。常にお前は自衛隊かっ!と突っ込みをいれたくなるほどでした。

大抵のイヤイヤ期の子は、泣きわめくとかイヤだイヤだと騒ぎながら抵抗するのでしょうが、うちの子は無表情でほふく前進です。抵抗なのか、反抗なのか?さっぱりわからないですが、何を言ってもやめない。何度となく立たせては這いつくばっての繰り返しで日々の買い物をしなくてはいけませんでした。

いつもスーパーでゲンナリとしていました。そして、洋服はモップのごとく汚れ、周りには変な目で見られといいこと無し、でも、今では一人前のお姉ちゃんです。

■編集部コメント

無表情でほふく前進って、かわいすぎます!もともと大人しいということなので、泣きわめくよりも、自己主張の手段としてえらびやすかったのでしょうか。女の子なのにお洋服が汚れてしまうし、ママはせつないですね。

朝の準備が進まずにイライラ

  • 体験者:K.Kさん(30代前半)パート・アルバイト
  • 子ども:2歳(男の子)
保育園に通っていてバスが決まった時間に来るのでその時間までに準備を済ませておかないといけないのですが、ご飯食べようと言っても着替えさせようとしてもイヤ!イヤ!でなかなか準備が先に進まずに手を焼いていました。

せっかく栄養を考えた朝ごはんを用意していても違うおかずじゃないとイヤ!などと言い出して、私がそのことに対して怒ったらイヤ!イヤ!が更にひどくなってしまうといった状態でした。

洋服もなかなか着替えてくれなくて、私が手伝って着替えさせようとすれば全力で拒否してきます。おとなしくしてくれていれば着替えなんてほんの少しで終わるのに何分も着替えに格闘することもありました。この時期の朝のこの時間帯はもう魔の時間帯でした。

■編集部コメント

朝のおでかけ前は、ママも大忙しです。そんなときに限って、まるで、わざと邪魔をしてるのではないかと思ってしまうこともありますよ。「ママ、もっとゆっくりぼくを見て。」というメッセージかもしれません。

【ママの体験談】対応に困るイヤイヤ期

ダンゴムシになる我が子

  • 体験者:K.Kさん(30代前半)専業主婦
  • 子ども:2歳(女の子)
1歳後半からイヤイヤの片鱗はありましたが、全貌を表したのは2歳に入ってからでした。上の子4歳(女の子)がちょうど幼稚園に入園した頃です。その幼稚園は、毎日車で送り迎えが必要で、どうしても上の子に合わせた生活をしなければいけませんでした。

やりたくない事にはてこでも動かず、無理やりすれば泣き叫ぶを繰り返していました。送り迎えに出掛けるときはダンゴムシのように丸くなりお出かけ拒否、幼稚園に着いてもしゃがみ込んで動かなくなることは常でした。もう、家に置いて行ってしまおうかと何度も思いました。

動かなくなると話もしなくなるので、行動を見てなるべく気持ちをくんであげることに気を付けていました。未だにダンゴムシを見ると、娘のイヤイヤを思い出します。

■編集部コメント

お姉ちゃんが主役に思えてしまったのでしょうか。ダンゴムシになって存在アピールしていたのかもしれませんね。ママが行動から気持ちをくんでくれて、とてもうれしかったと思います。

何するのにもイヤと言って困りました

  • 体験者:H.Tさん(30代前半)専業主婦
  • 子ども:2歳(女の子)
うちの子はイヤイヤ期があまりなかったとは思いますが、眠い時にイヤイヤモードになりやすかったです。一番困った時は、寝かしつけの時でした。

うちの子は、横になりながら抱っこしてないと寝てくれないのですが、その日は、泣きながら「おっきくなっちゃった」とばかり言って、抱っこもさせてくれず、足をバタバタ。

寝てる位置が悪いのかな?と思い、布団の真ん中あたりにずらすと泣きながら「ちがうー」。じゃあ、小さくしたらいいのかな?と思い、ギュッと体を丸めてみましたが、「ちがうー」と、さっぱり分からずなだめてましたが、しばらく泣き続け疲れ果てて寝ました。

またこれがきたらどうしようかと思いましたが、幸い酷かったのはこの日だけで済みました。

■編集部コメント

普段、目立ったイヤイヤがない場合は、突発的なできごとに焦ってしまいます。眠いのにうまく眠れないのは、大人でもつらいので、自分でもどうしていいかわからなかったのでしょうね。

ご飯がうまく食べられずにイヤイヤ

  • 体験者:K.Rさん(30代後半)自営業
  • 子ども:2歳(男の子)
ご飯を食べるとき、フォークを使ってうまく食べられなかったり器からこぼしてしまったら、すぐ機嫌を損ねていました。「新しいやつとかえて!」と言って、全くご飯を食べなくなります。

私の分を分けてあげると食べ出しますが、またこぼして食べなくなります。こぼしたものはイヤ、食べさせるのもイヤ、イヤイヤ言って泣き出していました。

私としては、一生懸命作ったものを食べてほしいのでしばらく息子をなだめて待ちますが、どうにもいきません。毎回こんなだと私もイライラしてきて「食べないのならママが食べちゃうよ」と言ったら、泣き出してしまいました。

そんなときに、主人がご飯をフォークにのせて、「はい、フォーク電車が◯◯君のお口トンネルに入りまーす!」と言ってあげたら機嫌を直して食べてくれたのが、助かりました。

■編集部コメント

はっきりと自我ができてのイヤイヤですね。自分でやりたいのにできない、失敗してくやしいしはずかしい気持ちを、パパが見事に切り替えてくれて素晴らしいです。

イヤイヤでぐずってしまう子どもへの対応

子どもの話をよく聞いてみる

イヤイヤ期は、「自我の芽生え」とともにやってきます。でも、まだまだ甘えたいし、かまってほしいという葛藤をうまく表現できず、イヤイヤが発動します。うまく伝えられない子どもの気持ちを理解すべく、話をよく聞いてください。

まずは、イヤという感情に共感してみましょう。自分のイヤだという気持ちがママに伝わったと感じたら、どうしてイヤなのか、本当はどうしたいのかを伝えやすくなります。子どものイヤイヤポイントがわからないと対処のしようもないので、できるだけ、子どもが話したくなるように持っていきたいですね。

自我が芽生え、自分を一人前に扱ってほしいので、ママがちゃんと話を聞いてくれると思えば、気持ちが落ち着きます。

他のことに注意をひかせる

いくら話をしても、どうにも落ち着かないときもあります。とくに、2歳くらいまでは子ども自身も何が気に入らないのかわからなくなっているのかもしれません。そんなときは、今のイヤイヤな気分を忘れてもらいましょう。

イヤイヤが発動したこととは、まったく関係のない楽しそうな話をすると、あっさりその話にのってくることもあります。もしくは、体験談でのパパのように、「ごはんを食べさせてもらう」という行動を「電車がトンネルに入る」という楽しいことにすり替えてしまうというのもいいですね。

子どもがイヤイヤしていると、ママもイライラしてしまいますが、そんなときこそママがニコニコしていると、子どももつられてニコニコしてくれます。

子どもへの説明を丁寧にする

自我が芽生えて、「イヤ!」と自己主張をはじめたイヤイヤ期は、一人前にあつかってほしい気持ちが大きいです。どうせわからないからと、「とにかくダメなものはダメ!」と説明を省いてしまうと、イヤイヤはさらに勢いを増してしまいます。ひとつずつ、丁寧に説明してあげましょう。

たとえば、

「フォークで遊んだら、◯◯君がお怪我しちゃうかもしれないね。◯◯君が痛いのは、ママもかなしいからやめようね。」

「ママもずっとここで遊んでいたいけど、そろそろ帰らないとパパが帰ってきたとき◯◯君がいなくて淋しいってかなしくなっちゃうから、おうちでパパと遊ぼうか。」

のように、子どもを主役にして説明してあげるとわかりやすいですね。

まとめ

イヤイヤ期は、自我の芽生えで成長の証…そうはいっても、子どもと一緒に泣いてしまうこともあると思います。先輩ママも、落ち込んだり悩んだりしながら乗り越えました。

ただ、イヤイヤ期の子どももママが大好きだということは間違いありません。うまく伝えられない子どもの葛藤をできるだけ受け止めたいですね。対処法に決まりはないので、ママもどうしていいかわからなくなったときは、ぎゅっと抱きしめてあげてください。

根気よくママの愛情を伝えてつづけていれば、やがてイヤイヤ期も良い思い出に変わります。

関連記事

この記事のキーワード

ライター紹介

teniteo WEB編集部

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoWEAR
  • テニ-とテーオ
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • ハロウィン2018