就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

赤ちゃんの冬グッズ特集!赤ちゃんと一緒にママも防寒対策しよう

赤ちゃんの冬グッズ特集!赤ちゃんと一緒にママも防寒対策しよう

これからの寒い冬に赤ちゃんも何か対策が必要になりますよね。寒いからといって家の中に引きこもることもなかなかできません。かといって、外出して風邪をひかせてはいけないと心配になることもあるかもしれません。どんなものを揃えたらよいのか悩みますよね。今回は、赤ちゃんとママの防寒対策をいくつかご紹介します。

ママにおすすめしたい寒い冬の防寒対策

ママコートで赤ちゃんと暖まろう

寒い日が続く冬のお出かけのとき、いつも抱っこ紐だけれどもアウターをどうすればよいのか悩む人もいるのではないでしょうか。

とにかく軽い素材にこだわるならポリエステル中綿キルティングのコート。ダッカーが取り外せるタイプなら抱っこの時期を過ぎても普通のコートとして使えます。ダッカーがなく、身幅が大きいタイプは抱っこでもおんぶでも使えます。様々な種類がありますが、何を重視するかによっても違います。

ママコートを選ぶコツとしては、用途に合わせて選ぶことです。抱っこのみなのか、おんぶもするのかといったところも加味して選ぶのがよいでしょう。また、素材にも着目してほしく、保温重視なのか、軽い素材重視なのかでも選ぶ幅が広がりますよね。

ベビーカーには手袋必須!

ベビーカーを押すママの手が冷たくなりますよね。あかぎれ、しもやけなどになったら、日頃の生活の負担がさらに増してしまいます。やはり、手袋は必須アイテムといえるのではないでしょうか。

一番のおすすめは、スマホも操作できる手袋です。手袋を外さなくてもスマホ操作ができるのは嬉しいですね。常に何かを持っているママの手にもおすすめのアイテムです。

また、ベビーカーに直接付けるハンドマフというタイプのものもあります。ハンドマフは、ベビーカーの手持ち部分に取り付けます。はずすときは手を抜くだけです。手袋のように着脱をする手間がありません。またベビーカーに取り付けたままにできるので、手袋を忘れたり、落としたりして無くしてしまうことも防げます。

赤ちゃんとペアルックで楽しく防寒しよう

あっという間に過ぎてしまう赤ちゃんの時期に、ママと赤ちゃんでペアルックのコーデはとても微笑ましく思えます。寒い冬だからこそ2人で楽しくペアルックコーデを楽しんでくださいね。

そんなママと赤ちゃんの冬のペアルックのポイントをご紹介します。

一番手軽なのは、ニット帽子をペアにすることです。かぶると防寒対策はもちろん、コーデのアクセントとして使えます。そして、デニムのアウターは、動きやすく子育て中のママには使い勝手が抜群のアイテムです。男の子でも女の子でも似合うので、冬のペアルックのコーデ初心者にはおすすめです。

また、人気が高いMA-1もお揃いにするのも可愛いです。ぜひ、赤ちゃんとペアルックの冬の防寒を楽しみましょう。

赤ちゃんにおすすめしたい寒い冬の防寒対策

足先まで防寒してくれるカバーオール

室内をはじめ、外出用としても幅広く防寒対策として使えるのが、カバーオールです。首がすわっていない赤ちゃんも着られますので、脱着しやすい前開きのものを。さらに寒い時期はお腹の冷えも一番気になるところですので、すっぽりと覆うことができるカバーオールをおすすめします。

手足まで覆うことができるものもあり、手足が冷たくなるのを防いでしもやけの予防にもなりますので便利です。

生地も様々ありますが、ボア素材など暖かい素材を使用したカバーオールだと、アウターとしても使うことができます。

赤ちゃんは体温調節が上手にできません。ですので足先まで包むことができるカバーオールを着ての防寒対策はおすすめです。

乾燥対策も!保湿性のある肌着

寒くなってくると、乾燥もすると思います。特にデリケートな赤ちゃんは外気からの刺激を受けやすく、肌荒れしやすくなります。保湿剤を塗るのも大事ですが、肌着選びも重要です。

赤ちゃんはまだ体温調節がうまくできません。気温や天候に合わせて重ね着させることで寒さから赤ちゃんを守ることができます。中でもコンビ肌着と半年ぐらいから使用するボディースーツがおすすめです。股の部分がスナップボタンなどで留められるようになっていて長い肌着なので、冬の寒い時期に適しています。

保温性と吸汗性に優れているスムースやパイル生地を選ぶと暖かいですが、通気性が悪くなってしまうので、蒸れ防止のために、通気性がよく肌に優しい綿やガーゼの肌着を重ねてもよいかもしれません。

汗対策に通気性のよい帽子

帽子は冬の必需品です。おしゃれの意味もありますが、冬は防寒を第一に考えた帽子選びをおすすめします。

ですが、住んでいる地域によって冬の寒さは違うでしょう。その土地の気候に応じた防寒の帽子を選んであげるのがよいでしょう。冷たい外気に接する冬にはかぶると温かくて気持ちよく、夏には暑くて帽子を嫌がった赤ちゃんも、もしかしたら好んでかぶってくれるかもしれません。嫌がるときは暑がっている可能性もあります。

赤ちゃんの反応を見て、嫌がるようであればもう少し生地の薄いものを選んでみてください。

人気なのは、やはりニットの帽子です。可愛いものもたくさんありますので、子どもに合った帽子を選んでくださいね。親子でお揃いのものを選ぶのも楽しいです。

ベビーカーでお出かけならこれがおすすめ

寝袋みたいに暖かいフットマフ

冬の寒い中、ベビーカーでお散歩するのに必需品であるフットマフ。

赤ちゃんが冬でも暖かく、快適に外出できるように一つ持っているだけで安心なアイテムです。フットマフには、種類がいくつかあり、取り付けできるものとできないものもあるようなので、購入前に確認してくださいね。

フットマフの生地の素材や厚さも、商品によってそれぞれです。好みや使用する環境、お手入れの手軽さなどを考えて選ばれるとよいでしょう。

さらに、抱っこ紐を使用したときにも使えるようなものもあるようです。ただ、専用のものよりも暖かみを逃してしまうこともあるようですが、コストパフォーマンスを考えると兼用でもよいかもしれません。デザインや素材など自分の好みで選ばれてもよいでしょう。

雨除けだけではない大活躍のレインカバー

赤ちゃんとの雨の日など天候が悪い日の外出は大変です。健診など別の日にできない用もあるもあるでしょう。やむを得ず外出する際の負担を少しでも減らしてくれるレインカバーは必需品です。雨除けだけではなく防寒対策にもなるので、一つあると重宝します。

冬場はカバーオールやマフ、帽子でどれだけ防寒対策をしても、強い北風にさらされると心配ですよね。そこで、レインカバーを使って風よけをすれば冷たい外気からも守ってあげられます。冬の寒さ対策に大活躍するはずです。

選び方としては、ベビーカーに合ったものを選ぶことはもちろんですが、通気性がよく蒸れないものや、赤ちゃんが不安になることもあるので、視界を遮らないものをおすすめします。

ブランケットで保温性を高めよう

ベビーカー用で一番手軽に防寒対策ができるものはブランケットです。クリップを使ってサッとベビーカーに付けることができるので、体温調節が苦手な赤ちゃんに代わって、かけたりめくったりしてあげてくださいね。お出かけのときだけではなく、お昼寝したときや車内で寝てしまったときなどとあらゆる場面でも使用できますので、一枚あるとよいでしょう。

素材もたくさんあり、保温性の高いダウン系の素材は特におすすめです。軽い素材なのに暖かく保温性が高いとなると使い勝手は抜群です。

また定番のフリース素材やボア素材も使いやすいので一枚あるとおすすめです。ただ、あまり長いものですと車輪に巻き込まれたりする危険もあるので、長すぎないものを選ぶのもポイントです。

まとめ

寒い冬。体温調節の難しい赤ちゃんにとってママが寒さ対策をしてあげることは大事なことです。寒さ対策がうまくできず、風邪などをひかせてしまうなんてことも。風邪をひいて具合の悪そうな赤ちゃんの姿を見るのは辛いですよね。

防寒対策グッズは、様々な種類があり何を選べばよいのか迷うこともありますよね。素材で選ぶのか機能で選ぶのかは人それぞれです。ここに紹介したものはほんの一部です。これ以外にもたくさんありますので、ぜひともこちらを参考にしつつ、ママと赤ちゃんに合ったものを選んで、快適な冬を過ごしてくださいね。

関連記事

この記事のキーワード

ライター紹介

teniteo WEB編集部

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoWEAR
  • テニ-とテーオ
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • ハロウィン2018
  • クリスマスプロジェクト2018