就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

【大阪・豊中】「ただいま」と言いたくなる本屋さん「笹部書店」

【大阪・豊中】「ただいま」と言いたくなる本屋さん「笹部書店」

千里中央駅から徒歩10分。近年、地域コミュニティの減少とともに子どもが大人と触れ合う機会が少なくなってきているそうです。そこで新千里西町近隣センターの一角に佇む、地域交流を大事にされ、優しさと温かさを感じる本屋さん「笹部書店」に取材に行ってきました!

teniteo CHANNEL[テニテオ]

by teniteo

地元民から愛される「笹部書店」

「こんにちは」「おかえりなさい」という言葉でお客さんを迎え入れてくれる「笹部書店」。ご夫婦で営まれており、先代が約50年前に開業した店舗を、数年前に引き継いだのだそうです。外観は一見普通の本屋さんに見えますが、店内はキッズスペースやパンコーナー、カフェメニューなどが導入され、子どもたちや子育て世代の方に足を運んで欲しいという想いからこのような工夫をされたのだとか。

アットホームな店内!

赤を基調とした店内は本がズラリと並び、中心には子ども用と通常サイズのテーブルが置かれています。ドリンクを購入してカフェスペースとして利用することもできますよ。

落ち着きのある空間でまったりと…

朝11:00ころ、一人の女性が入ってきたかと思うと笹部さんは「りんごジュースでいい?」と声をかけ、女性がそのまま設置されたテーブルに腰掛けたのを見て、すぐに常連さんだとわかりました。当たり前のように繰り広げられる光景に思わずほっこりしました。

その後も地域の方々が続々と訪れ、一人一人と会話されて地域のつながりを感じます。

こちらはパンコーナー。人気のパン屋「SheepSheep」の焼きたてのパンを毎日取り寄せて販売しており、朝の11:00ころがパンの品揃えも豊富で人気のクリームパンがおすすめだそうです。

毎日夕方に入荷する人気の食パンは普段予約で完売になることが多いそうです。偶然にもこの日は残っていましたがそれでもすぐに完売していました。本屋さんでパンを購入している姿…なんとも不思議な光景ですね。

子どものためを思った設備

「笹部書店」では、子どもたちのことを考えてさまざまな工夫がされています。まずはこちらの本棚ですが、後ろを覗くと…

キッズスペースがあります!小さい子どもが遊べるようにおもちゃが置かれていますが、おむつ替えスペースとして利用できるので状況によって多様な使い方ができるのは、ママたちが嬉しいポイントではないでしょうか。

店内に入ってすぐ左側は駄菓子コーナーが設置されています。学校終わりの子どもたちがここで駄菓子を買っていくそうです。子どもたちの「行きつけのお店」になっているかもしれません。

月一回の読み聞かせ会

毎月最後の土曜日の14:00〜地域のボランティアの方の協力を得て、絵本の読み聞かせ会「おはなしマラソン」を開催しています。読み聞かせはコミュニケーションの一つになるといわれ、子どもの成長にもよい効果があるそうです。ママやパパ、おじいちゃんやおばあちゃんも子どもたちと一緒に参加して絵本を楽しんでみてください!

月に数回、ジェルネイルや野菜の直売などほかにもさまざまなイベントを開催しています。「本屋さん…?」と思わず聞いてしまいたくなりますね。

ママヨガに参加しよう!

二階のテナントを貸して、さまざまなレッスンが行われています。その中でも「ママヨガ」は子どもと一緒にヨガを受けることができます。ママインストラクターのEMMAさんが産後のアンバランスな体のケアのためのレッスンをしてくれます。ご自身も子育て中のママだそうなので、ママ同士で育児について理解し合えるのではないでしょうか。

小さいキッズスペースもあるので、子どもたちも楽しめますよ。

店長おすすめ!子どもに読んでほしい絵本

今回は店長の笹部さんにおすすめの絵本を選んでいただきました!「押しつけになってしまうから…」と少し悩んでいるようすでしたが、奥さんと一緒にたくさんの絵本を紹介してくれました。その中で厳選した絵本をご紹介します!

おつきさまこんばんは

「おつきさま」を題材とした絵本。場面ごとに変化する「おつきさま」の表情から気持ちを読み取るという子どもの感情表現を育むことができます。発売以来、たくさんの子どもたちに読まれてきた絵本の一つで、絵本デビューにぴったりの一冊になっています。

おべんとうばこのうた

懐かしい!と思ったママたちはきっといるはず。わらべうたとして昔から子どもたちに歌われてきた「おべんとうばこのうた」です。思わず口ずさみそうになるほど幅広い世代に馴染みのある歌ではないでしょうか。この歌が絵本として発売され、歌の中に登場する具材たちがかわいいキャラクターに変身していますよ。

ヨシタケシンスケ

こちらは奥さんおすすめのイラストレータ・ヨシタケシンスケさんの絵本。「絵がとにかくかわいい!」ということで選ばれたのだそうです。子どもの発想力というのは無限大なんだと感じ、ママたちも「あるある」と思うような親近感のある絵本ではないでしょうか。

「笹部書店」へのアクセス

交通機関をご利用される方

阪急「千里中央駅」下車後、西に徒歩10分ほどで到着します。行き方が少し複雑なので、事前にHPで調べて行かれることをおすすめします。

車でお越しになる方

道路沿いに新千里西町近隣センターの共同駐車場があり、お買い物をすると無料時間も設置されているのでお得に利用することができます。

まとめ

開業されてから現在に至るまで、地域の方々に愛され続けている「笹部書店」。笹部さんはお話してみるととても気さくで少し照れ屋さんな印象を受けました。奥さんも明るく笑顔の素敵な方で、「周りにこんな本屋さんがあったらよいのに」と思わずにはいられませんでした。 

お客さん同士がここで出会って仲良くなることもあるそうで、地域の人たちをつなげてくれる場所でもあるのかもしれません。

笹部書店ささべしょてん

大阪府豊中市新千里西町3-2-3

06-6872-9385

10:00〜20:00

0歳〜

商品により異なる

http://www.sasabe-shoten.net

ベビーカー入場可、共同駐車場有り

ライター紹介

橋本 わかな

関連記事

この記事のキーワード

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoHOME
  • teniteoWEAR
  • teniteoSHOP
  • テニ-とテーオ
  • teo's
  • ハハノワ2019
  • クリスマスプロジェクト2018
  • teniteoSNAP
  • teniteoSEMINAR
  • teniteoFC
  • 2040pj