就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

1歳児の公園での遊び方を知ろう!外遊びのメリットや注意点

1歳児の公園での遊び方を知ろう!外遊びのメリットや注意点

1歳になると1人歩きが安定してくるだけでなく、体力がついてくるため「公園で子どもと一緒に遊びたい」というパパやママは多いのではないでしょうか。ここでは、外遊びは子どもにどのようなメリットがあるのかや、1歳児が楽しめる公園での遊び方などをご紹介します。

1歳児が公園で外遊びをするメリット

体力が向上して疲れにくくなる

1歳になるとできるようになることが増えていくため、赤ちゃんの頃に比べると運動量が増えて体力がついていきますよね。公園に行くと走ったり、遊具で遊んだりなど、体全体を使うので体力がさらに向上していくでしょう。

体力が向上すると、疲れにくくなるといわれています。1歳前半の頃は公園で30分くらい遊んだだけで疲れて「抱っこ」といっていた子でも、公園遊びを続けると1~2時間くらい走り回って楽しめるくらい体力がつく子もいますよ。

体力がつくと抵抗力が自然と強くなるので風邪を引きにくくなったり、体調を崩しても回復が早かったりします。お家遊びでは体を十分に動かすことが難しいため、お天気のよい日は子どもと公園に行き体を動かしましょう。

友だちができコミュニケーション能力がつく

お家にいるとパパやママなど、大人と遊ぶことがほとんどですよね。公園に行くと同じ年齢くらいの子どもが遊んでいることが多く、友だちとのふれあいでコミュニケーション能力が育まれていきますよ。

1歳頃の年齢は、まだ友だちと一緒に遊ぶことは難しいかもしれません。しかし、友だちがやっていることに興味を持ち、友だちと同じ行動をする、友だちのほうに行きたいという子もいるでしょう。

子ども同士のふれあいからしか学べないこともあるので、同じような年齢の子が公園にいたときはママから「お友だちは楽しそうに遊んでいるね」「お友だちがすべり台しているよ。一緒にすべってみる?」など、一緒に遊べるように声かけするのもよいかもしれませんね。

砂場遊びなどで五感が刺激され脳が育つ

公園に行くと砂場がある、葉っぱや小枝が落ちている、お花が咲いているなど、さまざまな自然とふれることができますよね。自然とふれることで五感が刺激されるため、感性や表現力が豊かになり、脳の発達を促す効果があるといわれています。

外遊びをしたときは遊具で遊ぶだけでなく、砂や石などの自然とふれる体験をたくさんしましょう。ママが「お花がきれいに咲いているね。どんな香りがするかな?」とニオイを嗅いでみたり、「砂場で遊ぼう」と誘ってみたりして、五感を刺激する遊びを積極的に取り入れるとよいですよ。

感性や表現力の豊かさは、幼児期に発達するといわれています。1歳児は吸収力も高いため、自然体験でさまざまなことを学ぶでしょう。

1歳児の公園遊びのポイントや注意点

公園が混雑しない午前中に公園へ行こう!

子どもと一緒に公園に行ったときに、「子どもがたくさんいて思いっきり遊べなかった」「小学生の子どもが多く、楽しむことができなかった」などの経験をした方もいるでしょう。1歳の頃は1人歩きが安定していても、まだまだ体が発達途中でママが付き添わないと危ないことも多く、混雑している時間だと十分に遊べないことがあるかもしれません。

ゆっくり子どもと公園遊びを楽しむために、公園には比較的人が少ない午前中に行くとよいでしょう。平日の午前中はとくに、幼稚園や小学校などに行っている子がいないため空いていることが多いですよ。

午前中に公園でたくさん体を動かすと自由に遊べるだけでなく、運動で内臓が活発に動きお腹が減るため、お昼ご飯もしっかり食べることができそうですね。

子どもから目を離さずそばにいよう

1歳頃の子どもはまだまだ体が成長途中なので、公園で遊んでいるときにケガをすることがあります。とくに遊具で遊んでいるときや、人がたくさんいる時間帯などは、目を離さずそばで見守るようにしましょう。

たとえば、ブランコやすべり台などでも、ケガをする可能性がありますよね。1歳頃の年齢は握力が弱いため、ブランコに1人で座ることができても後ろに転倒することも考えられます。すべり台は階段を踏み外したり、スピードが出すぎて体が投げ出されたりすることがあるので、パパやママが近くにいると安全を確保できますよね。

また、人が多い時間帯の公園もトラブルが起きることがあります。ほかの友だちとぶつかってケガをしないように注意しましょう。

砂場では衛生面のトラブルに注意を

先ほどご紹介したように、砂場遊びは五感を刺激するため子どもにおすすめの外遊びです。しかし、公園によっては砂場に猫や犬などの排泄物が落ちていることがあるので、子どもが遊ぶ前にパパやママがしっかり確認しましょう。

猫や犬が入れないように砂場の周りに柵がある公園だと安心ですが、柵がないところだと排泄物が落ちていることも少なくありません。1歳頃だと排泄物とは気づかずに触ってしまう可能性があるため、衛生面が心配です。

ほかにも、砂場にお菓子の食べかすやゴミ、ペットボトルなどが落ちていることもあります。砂は直接手で触って遊ぶので、なるべくきれいな公園を選びたいですね。砂場で遊んだあとはしっかり手洗いをしましょう。

1歳児ができる公園での遊び方を知ろう

すべり台は1人で登ってすべれる

「1歳の子どもと公園に行っても、どのような遊びをすればよいか分からない」というパパやママもいるでしょう。子どもができることが分からないと、挑戦してケガをする可能性があるので心配になりますよね。

1歳の頃は、すべり台に1人で登ってすべれるようになる時期です。最初はすべり台の階段を1人で行くのを怖がる子もいるかもしれないので、パパやママが後ろから支えるように一緒に登るとよいでしょう。

何回か一緒にすべっているうちに子どもが慣れてくるので、「1人ですべってみる?」「ママが見ているからすべってみよう」などと、子どもが挑戦しやすいように声掛けするとよいかもしれませんね。ミニサイズのすべり台だと、小さな子どもでも1人で遊べるでしょう。

シャボン玉で子どももママも楽しく遊ぶ!

公園遊びは砂場や遊具で遊ぶ以外にも、さまざまな遊び方を楽しめます。1歳頃の子どもは、公園でママとシャボン玉で一緒に遊ぶのもおすすめですよ。

1歳頃はシャボン玉を作るのが難しいかもしれませんが、ママがシャボン玉を飛ばすと喜ぶ子が多いです。風に吹かれて飛んでいくシャボン玉を見るだけでも十分楽しめますし、シャボン玉を手でパチンと割って遊ぶのも楽しいですよね。

遊具でアクティブに遊ぶのが苦手というママでも、シャボン玉だと運動量が少ないため遊びやすいでしょう。小さなシャボン玉や大きいものなど、いろいろなサイズのシャボン玉を作ると面白いだけでなく、ものの大きさを学べますね。ママも子どもの頃に戻ったように、夢中になって遊べますよ。

砂遊びセットを使って砂場遊び

小さな子どもは、砂遊びが好きな子は多いでしょう。手で砂をつかんで遊ぶのもよいですが、砂遊びセットがあると、さらに公園での砂遊びが楽しくなるでしょう。

砂遊びセットは、スコップやジョウロ、バケツ、器など、さまざまなものがセットになっているおもちゃです。人気キャラクターのものや、砂を載せて遊べるトラックがついているものなど、種類が多いため選ぶのも楽しいですよ。

最近では、100円均一でも砂遊びができるおもちゃを売っているお店があります。砂遊びセットは一度買うと長い間遊べるので、1セットあると遊び方が工夫できてよいかもしれませんね。おもちゃがあると、パパやママも一緒に砂遊びをして盛り上がりそうですね。

まとめ

公園遊びは子どもの体力がつくだけでなく、想像力や感性が豊かになるなど、子どもの心の成長にも効果があるといわれています。また、公園に行くと同じくらいの子どもがたくさんいるため、子ども同士で交流することでコミュニケーション力をつけることもできてよいですよね。

公園に行ったときは、なるべく子どもの自由に遊ばせることが大切です。しかし、1歳頃は体や経験が未熟でケガをすることがあるので、パパやママが近くで見守るようにして、一緒に楽しみましょう。

ライター紹介

teniteo WEB編集部

関連記事

この記事のキーワード

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoHOME
  • teniteoWEAR
  • teniteoSHOP
  • テニ-とテーオ
  • teo's
  • ハハノワ2019
  • クリスマスプロジェクト2018
  • teniteoSNAP
  • teniteoSEMINAR
  • teniteoFC
  • 2040pj