就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

人生設計の基本公式の使い方!ポイントを知ってお金の不安をなくそう

人生設計の基本公式の使い方!ポイントを知ってお金の不安をなくそう

将来のためにお金を貯めておかなければならないということはよく分かっているのですが「まだいいかな」「次の機会に検討しよう」などと、ついつい先送りにしてしまいがちです。でもどんなに自分の気持ちをごまかしても、現実は迫ってきますね。ここでは、お金の不安をなくすための、人生設計の基本公式について紹介します。

お金の不安を解決!人生設計の基本公式とは

将来お金で困らない貯蓄額の計算方法

これから、育児、入学、進学、就職とお金がかかり続けるのは間違いありません。老後の心配もありますよね。考えないようにしていたい気持ちも分かりますが、いずれ避けては通れなくなります。

そんな将来のために、今のうちから少しずつ貯蓄をしておきたいものですが、今後、どれくらい貯金していけばよいのかなんて、よく分からないですよね。未来のことですから、予想などできないような気がします。しかし、なんと、将来お金で困らないための「人生設計の基本公式」なるものが存在するのだそうですよ。

考えたのは経済評論家の山崎 元さんです。手取りの年収や現役年数、年金予定額、老後年数などを入力すると、今ためておいた方がよい月々の貯蓄金額が、ぴたりと出ます。これは参考になりそうです。

運用よりも計画的な貯蓄が安心につながる

今後のために早い時期から資産運用を考えるという方法もあります。しかし、資産が大きく増やせそうなものはそれなりにリスクが高く、安全なものはあまり収益がなかったりして、素人にはなかなか難しいものですよね。焦って取り返しのつかないことになったら大変です。

結局最も安心なのは計画的な貯蓄です。前に取り上げた「人生設計の基本公式」に当てはめて、必要な貯蓄額を計算し、コツコツと貯めていった方がよさそうです。堅実な一歩が、安全な一歩なのですね。

もし、運よくよい投資先が見つかって、投資をしてみようということになったら、将来の生活費はしっかりと貯蓄で確保し、投資するお金は別途準備して運用するという方法がよいかもしれません。貯蓄と投資を別々に考えるということですね。

基本公式で毎月いくら貯めればよいか明確に

以上のことを考えると、できるだけ早い時期に、人生設計の基本公式を使って、毎月いくら貯めればよいかを明確にしておいた方がよさそうです。早ければ早いほど、必要な月々の貯蓄額が低くなります。

30年先、40年先というのは、なかなかイメージできません。先々のお金のことを考えると不安になることも多いですが、月々の必要な貯蓄額がはっきりしていれば、残りの金額を家族の楽しみごとに使えたりしますので、逆に、安心してお金が使えるようになるかもしれませんよ。

人生設計の基本公式は、家計の収入が増えたり、家の頭金を払ったり、引っ越ししたりなど、大きなライフイベントごとに計算しなおす必要があります。まだまだ先のことだと思わないで、ぜひ、コツコツと貯蓄を続けてゆきましょう。

実際に計算してみて必要な貯蓄額を知ろう

必要貯蓄率の計算式を使って計算

では一つ例を挙げて、必要な貯蓄額を計算してみましょう。ちなみに公式はかなり複雑で、言葉で書くと下のようになります。

必要貯蓄率=(老後生活率×手取り年収-年金額-現在資産額/老後年数)/(現役年数/老後年数+老後生活率)×手取り年収

頭の痛くなった方はごめんなさい。実際は、この後紹介する自動計算サイトを使った方が早いので、興味のない方は飛ばして下さい。

例えば「55歳で手取り年収600万円、これまで貯めた貯金が1,500万円、64歳まで働いて65歳から年金200万円がもらえ、85歳まで生きるとすると、今、月に10万円ほど貯金しないといけない」といった風の計算ができます。細かい設定もできるので、できるだけ正確な金額を知りたい人にも参考になります。

簡単に計算できるサイトを利用して計算

計算式が少々複雑なので、公式に当てはめて実際に計算してみたい人は自動計算してくれるサイトを使いましょう。数字を入力するだけで必要な貯蓄金額が分かります。(https://www.officebenefit.com/calculate/

必要になるデータは「手取り年収」「老後生活比率(退職後、在職時代に使っていたお金の何割ぐらいが必要か)」「現在資産額(貯蓄や有価証券など)」「年金額(年額)」「現役年数(今後の在職予定年数)」「老後年数(もちろん予定)」です。

正確に入力した方が詳しく分かりますが、よく分からないところは、だいたいで計算できます。一つ一つの用語も丁寧に教えてくれるので、試しに使ってみるとよいかもしれませんね。無料で何度でも使えます。

基本公式の活用法を学べる本が参考になる

この「人生設計の基本公式」を考案した山崎 元さんは、公式を作るにあたって参考にした考え方を、本にまとめておられます。「人生にお金はいくら必要か」という単行本で、岩城みずほさんとの共著になっています。東洋経済新報社から出版されていますよ。

山崎 元さんの考え方を詳しく知りたい人は、この本に目を通してみると、中に分かりやすく解説してあります。公式の意味、根拠になる理論、そして公式の活用法を学べますよ。数式に詳しくなくても、理解しやすい内容です。

アマゾンのレビューを見てみますと「20代、30代のモデルケースのサンプルが参考になった」といった声や「素人老人にも分かりやすい」「初心者向けの本」「疑心暗鬼が払拭される」といった好評のコメントが並んでいます。

人生設計の基本公式を利用するポイント

実現可能額になるまで数値を変えて計算する

「人生設計の基本公式」を計算してみると、月々の貯蓄額が予想以上に大きいと感じる人が出てくるかもしれません。でも暗く落ち込むことはありませんよ。実現可能になるまで、数値を変えて計算することができます。

どういうことかといいますと、収入自体は急に増えることはないかもしれませんが、支出を減らすことができるということです。この公式の優れているところは、どの支出を減らせばよいかということが明確に分かるという点です。支出を計画的に減らすことで、月々の貯蓄金額を抑えることができるようになるのです。

たとえば、今の手取り収入の2割以上を貯蓄しなければならないという結果が出たとしても「予定していたこの支出を控える」というふうに対策方法がはっきり分かるということです。

未来をイメージして強い意志をもとう

あなたがこれからやるべきことは、とにかくお金を貯めることです。月々のお給料の中から貯蓄をするということは、目の前のお金を、子どもや家族、そして自分の未来のために投資するということです。

それは、欲しいものを手に入れたいという目先の欲望を振り払い、遠い将来の幸せを選択をしたということです。ちょっとかっこよくて、誇らしいではありませんか。

今後も、限られた所得の中で、消費と貯蓄のバランスを取っていく必要があります。それは決して楽な道のりではないかもしれません。

でも、子どもが大きくなり、仕事を退職したとき、我慢した分の見返りをまとめて受け取ることができるのです。あなたにはどんな未来が見えますか?幸せな未来をイメージして、今こそ強い意志をもちましょう。

必要貯蓄額以外のお金は自由に使ってOK

「人生設計の基本公式」を知ってしまうと厳しい現実にさらされます。こんなに貯めておく必要があるのかと、最初は気が遠くなります。しかしよく考えてみると、かえって気が楽になることもあるのです。

山崎 元さんは「必要貯蓄額が確保できるなら、めんどうくさいことは、なにも考えなくて大丈夫です」といっています。確かにそうですよね。将来困らない貯蓄額が分かると「お金が足りなくなったらどうしよう」「老後どんな暮らしをすることになるのだろう」といった不安から、一気に開放されます。

それに、支出を抑えることで、お金にゆとりができたり、月々の貯蓄額を減らすことができたりするかもしれません。「必要貯蓄額以外のお金は自由に使ってOK」なのですから、我慢する楽しみもありますね。

まとめ

お金のことはシビアなので、なかなか突っ込んで考えることはできません。現実逃避といわれればそのとおりなのですが、毎日の生活に関わることなので、認めたくない面もありますよね。

ここで取り上げました「人生設計の基本公式」は諸刃の剣です。確かに役に立つのですが、結果次第ではがっくり落ち込んでしまいます。知りたくなかったというママもいるかもしれませんね。

なんだか健康診断の結果を聞くときの心境に似ています。たとえ結果がよくなかったとしても、早期治療で回復できるという点もよく似ていますね。根っこは同じなのかもしれません。

関連記事

この記事のキーワード

ライター紹介

teniteo WEB編集部

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoWEAR
  • テニ-とテーオ
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • ハロウィン2018
  • クリスマスプロジェクト2018