就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

妊婦健診にはどんなコーデで行く?マタニティウェアの選び方や注意点

妊婦健診にはどんなコーデで行く?マタニティウェアの選び方や注意点

初めての妊娠の場合、健診のときは何を着て行くとよいのか迷うママも多いのではないでしょうか。今回は、それぞれの妊娠時期の健診に適した服装やアイテムをご紹介します。また、妊婦健診のときのマタニティコーデを組む際に注意するとよい点や、マタニティウェアの選び方などについて考えてみましょう。

マタニティの健診コーデは内容で決めよう

経腟エコー検査の場合

妊娠初期に行われるエコーは経膣エコーといい、下着を脱いで内診台に座り、開脚した状態で行います。とくに、初めて内診台に座るママは恥ずかしいと感じることがあるかもしれません。ふんわりしたスカートやワンピース、丈の長いトップスは下半身を露出し過ぎることがなく、恥ずかしさが軽減するでしょう。

パンツスタイルでも、ママが恥ずかしくないように下半身を隠すためのバスタオルを貸してくれる産院も多いので安心してくださいね。

たとえば、上下がつながっているサロペットのようなパンツスタイルは、脱ぎ着に時間が掛かるので避ける方が無難です。同じ理由で、タイツやストッキングもこの時期の健診では避けるママが多いですよ。

経腹エコー検査の場合

経腹エコーの時期は産院によって差がありますが、妊娠中期から行われることがほとんどです。経腹エコーでは、お腹に機械をあてて赤ちゃんの様子を観察します。

経膣エコーのように下着を脱ぐ必要がなく、診察台に横になってお腹を出して行います。お腹をすぐに出せるトップスとボトムスの組み合わせが便利です。

この時期になると、ある程度お腹が大きくなっているので、マタニティパンツやマタニティスカートを準備しておくとお腹の締めつけもなく快適ですよ。

経膣エコーのときに便利だったワンピースは、経腹エコーではお腹を出すために下からめくることになるので避けるとがよいでしょう。ワンピースを着たいときは、マタニティレギンスなどを履いて下着が見えないようにしましょう。

NST検査(ノンストレステスト)の場合

妊娠34~38週ごろに、赤ちゃんの心拍をモニタリングして胎盤機能を確認するために行われるのが、NST検査(ノンストレステスト)です。この検査の間は、ベッドに横になり上半身を軽く起こした姿勢でお腹に赤ちゃんの心拍を図る機械などをつけたまま20~40分安静にします。

お腹を出す検査になるので、トップスとボトムスや、ワンピースにレギンスなどの上下セパレートのコーデがよいでしょう。検査の間は体を動かすことができないので、リラックスできて締めつけの少ない洋服を選ぶことを心掛けましょう。

安静にして行う検査なので、時期によっては冷房などで体が冷えるかもしれません。レッグウォーマーやひざ掛けを準備してもよいですね。

アイテム別マタニティの健診コーデ

妊娠初期はワンピースが定番

妊娠初期には主に経膣エコーが行われるため、下着を脱いでさっと検査できるスカートで健診に行くとよいですよ。お腹や体を締めつけることなく着れるスカートや、すとんと着ることのできるワンピースが妊娠初期には適しているでしょう。

ママの体質などにもよりますが、妊娠初期にはつわりがつきものです。体を締めつける下着や洋服を身につけていると、それだけでつわりが酷くなってしまうこともあります。ゆったり着ることができるワンピースなら、体の締めつけも軽減されて少しでもリラックスできるのではないでしょうか。

最近は、マタニティウエアとしても普段着としても使うことができるオシャレなワンピースがありますので探してみてもよいですね。

トップスはゆったりしたデザインで

妊婦健診では、基本的に毎回、血圧測定と体重測定を行うという病院が多いです。さらに、健診の際は、出産までに何回か採血を行います。

そういった検査の際には、腕をめくったり、さっと脱いだりするのが必要なこともあります。あまりにぴったりしたトップスだと、動きにくかったり時間が掛かってしまったりするので、ゆったりとしたトップスが妊婦健診には便利です。

お腹が大きくなってくると、お腹の部分で布がとられて服がめくれあがってしまうことが多くあります。トップスは少しゆとりのあるものを選ぶようにすると、お腹で多少めくれてしまっても安心ですよ。

パパのニットやシャツなどを借りてゆったりと着るのも、この時期ならではのオシャレで素敵ですね。

脱ぎ着をしやすいボトムスを選ぼう

妊婦健診の際のボトムスは、スカートが便利というママもいます。エコーの際も下着を脱いだりお腹を出したりという動作がしやすく、スムーズに検査を受けることができます。

締めつけがきついものは辛くなりやすいので、ウエストがゴムだったり、マタニティ仕様になっていたりするものを選ぶと楽に着ることができるでしょう。

マタニティウエアは着ることのできる期間が限られているからと、できるだけ買わずにすませたいママも多いですよね。しかし、マタニティパンツかスカート、どちらか一つでも準備しておくと、お腹が大きくなってきたときに役に立つでしょう。

スカートを履くときは、足元からの冷えを防止するためにもレギンスや靴下を合わせるようにするとよいですよ。

マタニティの健診コーデの注意点とは?

靴は履きやすく、脱ぎやすい物を

妊婦健診では、毎回体重計に乗ったりベッドに寝たりして、靴を脱ぎ履きする機会があります。その際、ブーツなどの脱ぎ履きの難しい靴では、時間が掛かってしまいます。

さっと脱いでさっと履くことのできるスリッポンや、バレエシューズ、スニーカーなどが妊婦健診では便利です。妊娠中はどうしても足が浮腫みやすいので、こういった靴だと締めつけられず快適ですよ。

妊娠週数が進んでお腹が大きくなってくると、足元が見えにくく、バランスを崩してしまうこともあります。ヒールの高い靴を履く際は気をつけましょう。

ヒールに慣れているママの中には、ぺたんこの靴の方が歩いていて疲れてしまうということもあります。その際は、3cmくらいまでのヒールを履くとよいですよ。
34 件

ライター紹介

teniteo WEB編集部

ピックアップ記事

関連記事