就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

ベビースイミングのときのおむつは?心配を解決できるアイテム

ベビースイミングのときのおむつは?心配を解決できるアイテム

ベビースイミングは、赤ちゃんから始められる習い事としてママたちにも人気があります。しかし、始めるにあたり心配なのがおむつについてではないでしょうか。そこで、ベビースイミングで使えるおむつや、あると便利なものをまとめてみました。楽しく通えるよう、この記事を参考にしてみてくださいね。

そろそろベビースイミングを始めよう

6カ月から通えるところが多い

ベビースイミングは、赤ちゃんがママやパパと一緒にプールに入り、軽く運動をしたり水に慣れる練習をしたりします。ママやパパがコーチから動きの指示を受け、赤ちゃんと一緒に体を動かすので、親子のスキンシップにもなりますね。

年齢制限はスクールによっても変わってきますが、一般的には生後6カ月以降を対象としているスクールが多いようです。早いところでは生後4カ月から通えるところもあるようなので、スクールを探す際は確認しておきましょう。

いずれにしても、ベビースイミングを行うには赤ちゃんの首がすわっていることが望ましいです。また、お座りができるようになると、ママやパパが赤ちゃんの着替えをしやすくなるでしょう。赤ちゃんの成長に合わせて開始時期を考えるとよいですね。

おむつが外れていなくても入れる

公共のプールなどでは、おむつが外れていない子は入ることができない場合が多いので、残念に感じているママもいるかもしれませんね。しかし、ほとんどのベビースイミングスクールでは0歳台の赤ちゃんを対象にしており、おむつが外れていなくても入れるということは前提となっているでしょう。

おむつをしたまま参加する子は、おむつの上から水着を着てベビースイミングを受講するのが一般的です。また、参加する赤ちゃんの年齢はだいたい揃えられていることが多いので、おむつが外れていないことはそれほど気にならないでしょう。

ただし、おむつに関する規定はスクールによっても異なる部分があるので、事前に確認しておくことが大切です。

おむつから漏れてしまわないか心配

おむつをしたまま参加できるといっても、水中で動いたときにおしっこやうんちが漏れてしまわないか心配になりますよね。実際には、プールに入ると水圧が発生するので、水中でおしっこやうんちをする赤ちゃんは少ないようです。

ですが、赤ちゃんによって個人差はつきものなので、中にはスイミングの途中でうんちをしてしまう子もいるでしょう。そのようなときに漏れるか漏れないかはおむつの性能によって変わってくるので、おむつを選ぶ際は漏れ防止機能をチェックしておくと安心ですね。

また、ベビースイミングに参加する日は朝から赤ちゃんの体調が万全であることを確認しましょう。少しでもお腹の調子が悪いときは、お休みをする判断が大切です。

ゆっくり英語を馴染ませる「スカイガーデンプリスクール」の園生活

PR

小学校の英語教育が始まるとともに、子どもに小さな頃から英語を習わせたいと、習い事や園を考える方も多いと思います。今回、英語中心の園生活を通じて、子どもが英語を身につけることができる「インターナショナルプリスクール」の一つを取材してきました。

ベビースイミングで使えるおむつのタイプ

洗濯不要で楽ちんな「紙おむつ」

夏になると、ドラッグストアなどに赤ちゃん用の水遊びおむつが販売されているのを見たことがあるママも多いのではないでしょうか。普段の生活で使う紙おむつは、吸水ポリマーが吸うことでおしっこが漏れないようになっていますが、水遊び用は吸水されないため、おむつが膨らんで重くなるということもありません。

紙おむつのメリットは、1回ごとに使い捨てなので洗濯をする手間が省けることです。忙しいママにとっては嬉しいポイントですね。また、販売しているところも多いので、必要になればすぐに手に入る点もメリットといえるでしょう。

ただし、使い捨てであるため、頻繁に使う場合はそれだけ購入する量が増え、経済的な負担となる場合があります。

何度も使えて節約の「布おむつ」

布タイプのおむつは、洗って何度も使える点がメリットといえるでしょう。ベビースイミングは定期的に通うことが予想されるので、洗う手間はありますがコストを考えると布おむつのほうが経済的でおすすめです。

ただし、普段紙おむつをはいている赤ちゃんは、布おむつのはき心地に違和感を覚えて嫌がる場合もあるので、一番は赤ちゃんの好みに合わせて選ぶとよいでしょう。

また、布おむつは水着のような素材でできているので伸びがよく、水中でも体を動かしやすいというメリットがあります。優しい素材から作られていて、赤ちゃんにとって快適なものを選びたいですね。うんちやおしっこの漏れ防止機能があるかということにも注目して選んでみましょう。

保温機能をあわせ持つ「スイムパンツ」

意外と知られていないのが、スイムパンツです。スイムパンツは、おむつ機能がついた水着のことで、商品によってほかにも色々な機能がついたものがあります。水着なので動きやすく、布おむつのように洗って何度でも使えるので経済的で便利なアイテムですね。

このおむつ機能には、吸収層のあるものとないものがありますが、どちらもサイドのギャザーなどで漏れにくい構造になっていることが多いので安心してはけるでしょう。

おむつ以外の部分は、ウエットスーツ素材などで作られているため、保温機能も期待できます。温水であっても体の冷えやすい赤ちゃんにとっては心強いですね。また、UVカット機能のついたものを選べば、家族でレジャーに行くときも活躍するでしょう。

ベビースイミングの準備をして始めよう

持ち物は何を準備するのか確認する

ベビースイミングに通うことが決まると、事前に持ち物の連絡があります。一つ一つ確認しながら準備を進めていきましょう。特に、ベビー水着とスイムキャップは、忘れると参加できないこともあるので注意が必要です。

赤ちゃんが着る水着は、動いてもお腹が出ない上下繋がったタイプがおすすめです。前開きが可能なものを選べば、赤ちゃんの着替えが楽になりママやパパも助かりますね。ただし、水着やスイムキャップはスクールで指定されている場合もあるので、確認してみましょう。

ほかにも、おむつを使用するときは、スイミング後にはき替える通常のおむつが必要になります。また、プールでは体力を使うので、おにぎりなどの軽食があると便利でしょう。
26 件

ライター紹介

teniteo WEB編集部

この記事のキーワード

ピックアップ記事

関連記事

  • テニ-とテーオ
  • teniteoHOME
  • teniteoSCHOOL
  • teniteoPHOTO
  • teniteoWEAR
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • teniteoBRAND
  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • ハハノワ2019
  • 月明かりの映画祭2018
  • キッズハロウィンパーティー2018
  • クリスマスプロジェクト2019
  • teniteoSNAP
  • teniteoSEMINAR
  • 2040pj
  • teniteoFC