就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

添い乳は片方だけでもよいの?添い乳のメリットやデメリットとは

添い乳は片方だけでもよいの?添い乳のメリットやデメリットとは

授乳のときのスタイルはやりやすいものが一番ですが、同時にママの体の負担が少ない姿勢を選びたいですね。添い乳はママが楽な姿勢で授乳できることで人気ですが、横になる方向によってはやりにくいこともあります。添い乳するときの姿勢が分からないママや、添い乳をしようか迷っているママに役立つ情報をお届けします。

まずは添い乳の基本について知ろう

添い乳はどうやってするの?

添い乳は、普段は座って行う授乳を横になったままの姿勢でできるので、ママに負担が少ない楽な授乳スタイルと考えられています。ただ、間違った姿勢で行うと腕がしびれてしまったり、腰や肩が痛くなってしまったりすることがあります。

ポイントは、ママが下になる方の腕を軽く曲げて枕の下に入れるか頭を支えるように肘を立てることです。まっすぐ腕を伸ばしてしまうと、しびれる原因になりますので注意しましょう。

赤ちゃんはママの体に添わせるように平行に寝かせます。頭だけ横向きにすると苦しいので、体ごとママの方に向けるようにクッションなどで背中を支えます。

また、赤ちゃんがあごを引いた姿勢になると呼吸ができなくなりますので、胸の大きなママはとくに注意してくださいね。

添い乳はいつからできる?

添い乳はいくつか注意点を守れば、生まれてすぐの赤ちゃんも始めることができる授乳スタイルです。出産直後であっても、ママが横向きの姿勢になれるようであればすぐに始めることができますよ。

産院でもすすめられることがあり、体を動かすのがつらい産後や夜中の授乳も、いちいち起き上がらなくてよいため楽ですね。ただ、赤ちゃんは自分で横向きの姿勢を維持することができませんので、体が不自然にねじれていないか、息苦しそうではないかなど注意しましょう。

また、添い乳はママがついウトウトしてしまい、疲れているとそのまま眠ってしまうことも考えられます。ママが赤ちゃんに覆いかぶさってしまうと窒息の恐れがありますので、十分注意が必要です。

添い乳は片方だけではなく両方バランスよく

誰でも横向きになるときに、右側を下にするか左側を下にするかで好みが分かれるものです。添い乳は下側になった乳房で授乳をする方がやりやすいため、好みの向きがあるといつも同じ乳房だけで授乳していたということがあります。

ママの体質にもよりますが、いつも同じ乳房や同じ方向、同じ角度からの授乳が続くと、乳腺に飲みきれなかった母乳が残ってしまい乳腺炎になりやすくなります。左右バランスよく授乳することが理想ですが、どうしても体の向きを変えにくい場合は、ママが少し体を傾けて上側の乳房から授乳をすることも可能です。

赤ちゃんの方にも好みの向きがある場合がありますので、添い乳のポーズやポジションの工夫をしながらやりやすい方法を探しましょう。

添い乳をすることのメリットとは

寝かしつけが楽になりやすい

添い乳をしてみると今までの寝かしつけが嘘のように、赤ちゃんがスムーズに眠りにつけることはママにとって魅力的です。赤ちゃんは授乳しているときが一番リラックスでき、まさに夢見心地の表情を浮かべ実際に寝てしまうことも多くあります。

赤ちゃんの寝かしつけはお世話の中でも手を焼くものです。抱っこでの授乳後赤ちゃんがうとうとしていたとしても布団に下ろした途端に目がぱっちりしてしまい、また一からやり直しなんてことも日常茶飯事。

一方の添い乳では、赤ちゃんの姿勢を変えることなくママがそっと離れるだけで寝かしつけが完了します。寝ぐずりが激しい赤ちゃんも授乳することで落ち着くことがあるので、ママの寝かしつけの負担が大きく軽減します。

ママもリラックスし体を休めることができる

夜中の授乳が続く毎日で、ママは睡眠不足に陥りがちです。15分でもよいので横になりたいときがありますね。

添い乳はママが横になれるというだけでなく、赤ちゃんを抱っこしたり支えたりということも少なくて済むため、足腰や腕の負担も軽減することができます。また、添い乳をすることで、夜中は赤ちゃんの目が覚めきる前に授乳でき、授乳後はそのまま眠りにつけるので夜泣きに悩まされることも少なくなるでしょう。

添い乳中も赤ちゃんの安全に気を配ることは必要ですが、添い乳の時間を赤ちゃんとゆったり過ごすリラックスタイムにすることができます。眠気が強い場合は少し眠ってしまっても構いませんが、赤ちゃんの存在を忘れないように十分注意してくださいね。

赤ちゃんが安心感をえやすい

赤ちゃんにとって、ママが特別な存在であるのは確かなことです。とくに赤ちゃんが生まれてからは、授乳をすることで赤ちゃんとママの絆を強めていきます。

授乳は肌と肌の触れ合いであり、赤ちゃんもママもお互いの体温を受け取り満ち足りた気持ちになります。これは添い乳に限ったことではありませんが、授乳などで赤ちゃんが幸福感、安心感をえられることで情緒が安定し、脳の発達も促されるといわれています。

赤ちゃんが心から安心するためには、ママもリラックスしていることがポイントです。ママの鼓動や呼吸、表情など赤ちゃんはちゃんと感じ取っています。

こうして考えると授乳をとおして、ママと赤ちゃん双方が安心感を与え合っているのかもしれませんね。

添い乳をすることのデメリットとは

眠りが浅くなることがある

添い乳をすることをためらうママの中には、デメリットが気になるという人も多いはずです。添い乳のデメリットとしてよくいわれているのが赤ちゃんの眠りが浅くなるというものです。

寝かしつけとして優秀な添い乳ですが、赤ちゃんがたっぷりと母乳を飲んでから眠る場合と違い、少し飲んだだけで寝てしまうことがあるため夜中に何度も目が覚める可能性があります。起きても添い乳でまたすぐに寝てしまうため、睡眠が小刻みになり常にママの乳首を探すようになります。

当然ママも赤ちゃんが乳首を求めて夜中にもぞもぞしますので、気になってぐっすりできません。布団に入っている時間が長いにもかかわらず、ママは朝になってもぐっすり眠ったような感じがしないかもしれませんね。

そのまま寝てしまうことで窒息の危険がある

これまで何度も注意としてお伝えしてきましたが、ママが添い乳をしたまま眠ってしまうことで赤ちゃんに窒息のリスクがあることを覚えておきましょう。とくに新生児のころはママも疲労がたまっていて、寝るつもりがなくてもいつの間にか熟睡してしまうことがあります。

新生児は小さく自分で身動きができませんので、ママが覆いかぶさるだけでなく、乳房が鼻をふさいでしまうだけでも危険です。また、添い乳のあとにはそのまま寝てほしい気持ちからゲップをさせることを怠ってしまうことが多々あります。

それでも問題ない場合が多いですが、母乳の吐き戻しがあると喉や鼻に詰まらせ窒息の危険があります。母乳の出がよいママや、吐き戻ししやすい赤ちゃんの場合は注意しましょう。

添い乳をやめるタイミングがつかみにくい

母乳育児をしているママにとって、いつ卒乳するかは大きな問題です。添い乳を日常的にしていると、赤ちゃんの頭の中には「授乳=睡眠」という公式ができあがっているため、授乳のときに眠くなり、授乳がないと眠れなくなっています。

この公式を覆すのはとても大変なので、添い乳を始めたはよいけれど、やめられるのか悩んでしまうママもいます。ただ、添い乳自体はママが抱き上げて授乳することを徹底すればやめられます。

しかし、大きくなってきた赤ちゃんを夜中に毎度も抱き上げるのでは、負担も大きくあまり現実的ではありませんね。まずは思いきって卒乳を考えるか、添い乳に代わる入眠儀式を取り入れるなど無理のない方法で眠れるように工夫しましょう。

まとめ

添い乳は片方だけで行うと乳腺炎になりやすいなどリスクはありますが、どちらにしてもママが楽で安心できる授乳方法であると感じられれば実践してみる価値はあります。添い乳はやめにくい、卒乳が遅くなるなどといわれることもありますが、ママの気持ちや体の負担が大きすぎないならばあまり問題ではありません。

赤ちゃんが大きくなれば、いつかは母乳も添い乳も卒業する日がきます。今は、この瞬間を大事に親子の絆を深めると思って添い乳の時間を楽しんでみてはいかがでしょうか。

ライター紹介

teniteo WEB編集部

関連記事

この記事のキーワード

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoHOME
  • teniteoWEAR
  • teniteoSHOP
  • テニ-とテーオ
  • teo's
  • ハハノワ2019
  • クリスマスプロジェクト2018
  • teniteoSNAP
  • teniteoSEMINAR
  • teniteoFC
  • 2040pj