就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

添い乳は片方だけでもよいの?添い乳のメリットやデメリットとは

添い乳は片方だけでもよいの?添い乳のメリットやデメリットとは

添い乳をすることのデメリットとは

眠りが浅くなることがある

添い乳をすることをためらうママの中には、デメリットが気になるという人も多いはずです。添い乳のデメリットとしてよくいわれているのが赤ちゃんの眠りが浅くなるというものです。

寝かしつけとして優秀な添い乳ですが、赤ちゃんがたっぷりと母乳を飲んでから眠る場合と違い、少し飲んだだけで寝てしまうことがあるため夜中に何度も目が覚める可能性があります。起きても添い乳でまたすぐに寝てしまうため、睡眠が小刻みになり常にママの乳首を探すようになります。

当然ママも赤ちゃんが乳首を求めて夜中にもぞもぞしますので、気になってぐっすりできません。布団に入っている時間が長いにもかかわらず、ママは朝になってもぐっすり眠ったような感じがしないかもしれませんね。

そのまま寝てしまうことで窒息の危険がある

これまで何度も注意としてお伝えしてきましたが、ママが添い乳をしたまま眠ってしまうことで赤ちゃんに窒息のリスクがあることを覚えておきましょう。とくに新生児のころはママも疲労がたまっていて、寝るつもりがなくてもいつの間にか熟睡してしまうことがあります。

新生児は小さく自分で身動きができませんので、ママが覆いかぶさるだけでなく、乳房が鼻をふさいでしまうだけでも危険です。また、添い乳のあとにはそのまま寝てほしい気持ちからゲップをさせることを怠ってしまうことが多々あります。

それでも問題ない場合が多いですが、母乳の吐き戻しがあると喉や鼻に詰まらせ窒息の危険があります。母乳の出がよいママや、吐き戻ししやすい赤ちゃんの場合は注意しましょう。

添い乳をやめるタイミングがつかみにくい

母乳育児をしているママにとって、いつ卒乳するかは大きな問題です。添い乳を日常的にしていると、赤ちゃんの頭の中には「授乳=睡眠」という公式ができあがっているため、授乳のときに眠くなり、授乳がないと眠れなくなっています。

この公式を覆すのはとても大変なので、添い乳を始めたはよいけれど、やめられるのか悩んでしまうママもいます。ただ、添い乳自体はママが抱き上げて授乳することを徹底すればやめられます。

しかし、大きくなってきた赤ちゃんを夜中に毎度も抱き上げるのでは、負担も大きくあまり現実的ではありませんね。まずは思いきって卒乳を考えるか、添い乳に代わる入眠儀式を取り入れるなど無理のない方法で眠れるように工夫しましょう。

まとめ

添い乳は片方だけで行うと乳腺炎になりやすいなどリスクはありますが、どちらにしてもママが楽で安心できる授乳方法であると感じられれば実践してみる価値はあります。添い乳はやめにくい、卒乳が遅くなるなどといわれることもありますが、ママの気持ちや体の負担が大きすぎないならばあまり問題ではありません。

赤ちゃんが大きくなれば、いつかは母乳も添い乳も卒業する日がきます。今は、この瞬間を大事に親子の絆を深めると思って添い乳の時間を楽しんでみてはいかがでしょうか。
28 件

関連記事

この記事のキーワード

ピックアップ記事

  • テニ-とテーオ
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版