就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

30代主婦のお肌の悩みはシミ!子育てママ向けの美白基礎化粧品とは

30代主婦のお肌の悩みはシミ!子育てママ向けの美白基礎化粧品とは

30代になると小じわやシミが気になるというママが多いです。特に出産後は忙し過ぎてママ自身のお肌のケアには時間をかけていられないかもしれませんよね。今回は30代ママのお肌の悩みやお肌トラブルの原因、美白美容液に必要な美容成分、また子育てママに最適な美白化粧品の選び方などをご紹介します。

お肌の曲がり角!30代ママのお肌の悩み

後回しになって適切な肌ケアができていない

20代までは皮脂のべたつきやニキビなどに悩むことが多いですが、30代になるとお肌の水分や油分が減少してきて「お肌の曲がり角」を迎えます。かさつきや小じわ、シミなどが気になるようになりますよね。

この時期に自分の肌の変化に気づかないと、小じわやシミなどに適切なケアができない場合もあります。また、これらの肌トラブルを放置し続けると、小じわはくっきりとしたシワに変化し、シミも薄くなりにくくなる可能性があります。

最近は30代で出産する場合も多いですが、出産後は赤ちゃんのお世話で自分のお肌のケアまで手が回らないことがほとんどですよね。子育てが一段落ついた後、ふと鏡を見るとお肌のトラブルが多くて驚かないように、少しずつでもケアしていけるとよいですね。

目尻にできた小じわのせいで老けて見える

30代になると目じりの小じわが気になったり、小鼻と口角あたりを繋ぐほうれい線がうっすらと出始めたりすることがあるかもしれません。これらのシワがあると年齢以上に老けて見られがちですよね。

シワは長年泣いたり笑ったりして筋肉を使った積み重ねも原因になりますが、シミの原因といわれる紫外線も原因になりますよ。紫外線は肌の弾力を作るコラーゲンやエラスチンを破壊してしまいます。

ほぼ毎日子どもと外遊びに出かけるママも多く、子どもの支度だけで精いっぱいという場合もあるかもしれませんよね。シワの悩みは30代半ばから後半にかけて多くなります。ママも日焼け止めなど紫外線対策をして、数年後のシミだけでなくシワの対策もできるとよいですね。

30代になって急に増えはじめたシミ

シミは20代でも気になるお肌のトラブルですが、30代で目立ってきたように感じる場合が多いですよね。同じような生活をしているのに、なぜ30代ではシミができやすいのでしょうか?

シミは紫外線を浴びて生成されるメラニン色素が過剰に生成されることが原因です。30代では肌の細胞が生まれ変わるターンオーバーの期間が20代より遅くなり、できたシミが色素沈着して消えにくくなる傾向があります。

特に頬や額などにシミが目立ちやすくなり、いつの間にか目立つ部分にシミができていることがあるかもしれませんね。これには妊娠などで乱れるホルモンバランスも関係しています。

シミは30代で多い肌トラブルです。日焼け止めなどの対策をこまめにできるとよいですね。

30代ママが悩むシミの原因と対策

ホルモンバランスや生活リズムの乱れも原因

シミで多いのは老人性色素斑という種類のものです。これは茶色や黒っぽい色で大きいものや小さいものの両方があり、ポツンと一つ、もしくはいくつか丸い斑点のようにできている場合が多いです。

年齢とともに濃くなるケースが多く、睡眠不足や偏った食生活が原因で肌のターンオーバー(新陳代謝)が乱れます。子育て中のママはゆっくり食事ができないことがありますし、夜泣きの時期は寝不足になりますよね。

かんぱんという両頬に広がるシミは女性ホルモンの乱れが原因だといわれ、50代後半以降は薄くなる場合があります。妊娠などでホルモンバランスが乱れやすい30~40代は「かんぱん世代」といってもよいでしょう。

紫外線に注意して、規則正しくストレスの少ない生活を心がけたいですよね。

美肌に有効な栄養素を含む食事を心がける

美肌になるためには化粧品でのケアも必要ですが、体の中から整えていくことも大切です。下記にご紹介する美肌によい栄養素は子どもにも必要ですから、ぜひ取り入れてみてくださいね。

【ビタミンC】シミを作る成分の働きを邪魔したりコラーゲンの生成をします
      例)アセロラ、イチゴ・ブロッコリー、焼きのり

【セラミド】肌を紫外線の刺激から守り、メラニンの生成を抑えます
      例)こんにゃく、大豆、小麦、ブロッコリー、牛乳

【リコピン】酸化による肌のダメージを少なくして、コラーゲンの生成を促してくれます
      例)トマト・スイカ・ニンジン

【タンパク質】新しい肌を作りターンオーバーを促します 肉・魚・大豆をバランスよく摂りましょう

肌のターンオーバーを促す質のよい睡眠を

睡眠中の成長ホルモンは成長期の子どもだけに必要なものではありません。成長ホルモンはタンパク質の合成を促したり体を修復したりして私たちの体を守っているのです。

成長ホルモンがきちんと分泌されることで新陳代謝も促進されます。肌のターンオーバーとは肌の下の基底層で新しい肌細胞が産まれてだんだん上に押し上げられ、最後に肌の表面にある角質層で垢として排出されるまでのサイクルです。

睡眠不足により新陳代謝が悪くなると肌のターンオーバーは遅くなり、シミが剥がれ落ちることなくとどまったままになり肌に定着する場合があります。特に最初の3時間をぐっすり眠れると成長ホルモンは分泌されやすいので、寝る前のスマホなどを控えるなどしてスムーズに眠れるとよいですね。

子育てママの肌ケア向け美白化粧品

美白成分や高保湿成分が含有されたもの

美白美容液に含まれるシミによいとされる成分の中には今あるシミを薄くするものと、これからシミにならないようにメラニンの生成を抑えるものがあります。30代ではすでにできたシミへのよい作用が期待できる成分と同時に、シミを予防する成分も必要ですね。

今あるシミによい成分としてはビタミンC誘導体やハイドロキノン、4MSKにリノール酸など、これからシミになるのを予防する成分はアルブチン、トラネキサム酸、エラグ酸などがあります。これらの条件をあわせ持った成分にはビタミンC誘導体がありますよ。

また、保湿力の高い成分が含まれているかどうかもチェックしましょう。水分を保っている肌はターンオーバーがしやすいのです。高保湿成分にはセラミドやヒアルロン酸などがありますよ。
26 件

ライター紹介

teniteo WEB編集部

ピックアップ記事

関連記事

  • テニ-とテーオ
  • teniteoHOME
  • teniteoSCHOOL
  • teniteoPHOTO
  • teniteoWEAR
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • teniteoBRAND
  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • ハハノワ2019
  • 月明かりの映画祭2018
  • キッズハロウィンパーティー2018
  • クリスマスプロジェクト2019
  • teniteoSNAP
  • teniteoSEMINAR
  • 2040pj
  • teniteoFC