就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

甥っ子が喜ぶ小学校の入学祝い!お祝い金の相場と人気プレゼント3選

甥っ子が喜ぶ小学校の入学祝い!お祝い金の相場と人気プレゼント3選

甥っ子が小学校に入学するのでお祝いしたいと考えるママがいるでしょう。しかし、どのようなお祝いだと喜ぶのか、物だと負担になることを考えてお金を贈る方がよいのか、その金額の相場はいくらなのかなどで悩んでしまいますね。今回はお祝い金の相場や、人気のプレゼントをご紹介しますので参考にしてくださいね。

甥に入学祝いを渡すときの時期とマナー

入学祝いを渡す時期は3月初旬~中旬が目安

一般的に入学祝いを渡す時期は、3月初旬~中旬が目安とされています。この時期が幼稚園や保育園の卒園とかさなる場合は、卒園と入学のお祝いをかねてもかまいません。また、これからの新たな生活の始まりをお祝いするという意味から、入学祝いを優先してもよいですね。

入学祝いは早めに渡す方が相手に喜ばれるケースが多いようです。なぜなら小学校では、文房具セットや学校用品など、入学前に揃えなくてはならない物が意外と多いのです。それらが入学祝いとして早めに手元にあれば、子どもの小学校入学への気持ちも高まり、喜ばれるでしょう。

入学祝いに現金を贈る場合も同様です。遅くても入学式の1週間前までに渡すように心がけましょう。

のし袋の水引は蝶結びで、金額で使い分ける

入学祝いに現金を渡す場合はのし袋に入れて渡すのがマナーです。のし袋にもいろいろな種類がありますが、用途に応じた水引を選びましょう。

水引とは、包み紙を結ぶ紐のことです。入学祝いの水引は、何度も繰り返したいお祝いのときに用いる「蝶結び」にするとよいですよ。

のし袋によっては水引が印刷されている場合がありますが、贈る金額によって使い分けましょう。一般的に1万円未満の場合は、水引が印刷されているものでもよいそうです。

のし袋の表書きは上段に「御入学祝」や「入学御祝」、下段に自分のフルネームを書きましょう。

最近はかわいいデザインののし袋が豊富です。子どもへの入学祝いなので、子どもが喜びそうなのし袋でお祝いしてもよいですね。

お金を贈るときは新札を用意する

入学祝いに限らず、お祝儀には新札を用意するのがマナーといわれています。新札を贈るということには、「新しい門出を祝う」という意味があります。さらに入学祝いの場合は、入学するということを事前に知っているケースなので「あなたのお祝いをするために前もって用意してきました」という気持ちを表現することにもなるのです。

新札とは「銀行で発行された誰にも使われていないお札」です。新しい生活の始まりを祝うために用意するもので、入学祝いのほか、結婚式のご祝儀や出産祝いなども同様です。

また新札と似ているピン札は「一度は使用しているが折り目などがついていないきれいなお札」です。見分けはつきにくいですが豆知識として持っておくとよいでしょう。

甥に入学祝いを現金で贈るときの相場と目安

甥への入学祝いの相場は5千円~1万円

甥の入学祝いに贈る物に悩んでいるママは、現金を贈ることも視野に入れてみてはいかがでしょうか。甥への入学祝いは5,000~10,000円が相場のようです。

贈る相手との親しさや、お住まいの地域や家庭によっても違いがありますが、贈る側の年齢で考えると金額の目安になりますよ。贈る側が比較的若い年齢だと5,000円、ある程度の年齢になると10,000円となるケースが多いようです。

また過去に自分の子どもに入学祝いをいただいたことがある場合は、そのときと同じ金額を渡すとよいですよ。金額が高いと相手が気を使ったり、低いと失礼になったりする可能性があります。

ほかにも甥にお祝いを渡す兄弟がいる場合は、金額を相談してもよいですね。

貰った方がお返しに気を使わない金額が妥当

入学祝いは貰った方が気を使わなくてよいような配慮も大切です。入学祝いの金額が高額だと、貰った方はお返しが必要だと感じてかえって気を使わせてしまう可能性がありますよ。

一般的にみて親戚の子どもの入学祝いの相場は3,000~10,000円のようです。贈る相手が甥の場合は、普段からどれだけ親しい付き合いがあるかどうかも金額を決める目安になるでしょう。

基本的に入学祝いは子どものお祝いをすることです。本来ならば子どもには経済力や収入がないのでお返しをしなくてもかまいません。しかし時代の流れとともにプチギフトなどが広まり、いただいたお祝いに対してお返しをすることで、お礼の気持ちを表現するケースが増えています。

商品券なら靴のギフト券や図書券も喜ばれる

現金や物を贈る以外にも、商品券を贈るというケースも喜ばれますよ。小学校で使う用具を好きな物で揃えるなど、子どもが自分で欲しい物を選ぶ楽しさを味わってくれるとよいですね。

小学校への入学を控えて子どもの靴を新調するママは多いです。子どもの靴の価格は入学祝いの相場とほぼ同じなので金額的にも安心ですよ。

靴は通学や体育の授業、外遊びなどで毎日使うこともあり傷みやすいです。さらに成長真っ只中の小学生は、身長や体重とともに足のサイズもどんどん大きくなります。靴のギフト券は、そんな子どもやママにとって喜ばれますよ。

贈り物の定番である図書券も嬉しいものです。図鑑や家庭用のドリル、絵本など好きな本を選ぶ楽しみがありますね。

男の子が貰って喜ぶプレゼント3選

防水機能付きのアナログ腕時計

家庭のルールによってさまざまですが、小学生になると友だちと近所の公園で待ち合わせをして遊んだり、家から近い場所にある習い事へ1人で行ったりする子どもが増えるようです。そうなると子どもが自分で時間を把握しなければなりません。

小学校入学を機に子どもに腕時計を持たせて、門限や帰宅時間を守る習慣をつけたいと考えるママが多いので、入学祝いに腕時計を贈ると喜ばれますよ。よく公園で遊ぶ活発な男の子には防水機能付きだと、手を洗ったり、水遊びをしたりして腕時計に多少の水がかかった場合も安心です。

また数字だけで時間を表すデジタルは、時間のイメージがわきにくいのでアナログが望ましいです。授業でもアナログの読み方を習うので慣れておくとよいですね。

ノンキャラクターの文房具セット

入学祝いの定番ともいわれる文房具セットは、いくつあっても子どもからもママからも喜ばれるものです。ノンキャラクターの文房具だと甥の好みを選びませんし、学校でキャラクターの文具が禁止されている場合でも安心です。

入学祝いとして貰ったときに足りている文房具も、毎日使っているうちに補充が必要になりますよね。さらに学校用と自宅用、習い事用などで文房具を使い分ける工夫をしている子どももいます。

文房具セットとして贈っても、必要な場面に応じて単品で使うことができるので重宝されるでしょう。インターネットでも小学1年生で使う基本的な文房具を集めたセットが、多く販売されています。なかにはサービスで名前シールなどがついてくるケースがありますよ。

学校以外でも使えるリュックなどのバッグ類

小学校の通学にはランドセルや学校指定の鞄を使うことが多いですよね。学校以外で使うリュックなどのバッグを入学祝いに贈るのはいかがでしょうか。

小学校に入学するタイミングで習い事を始めたり、お友だちと遊ぶ機会が増えたりします。入学前まではママが持っていた子どもの荷物を、子どもが自分のリュックで持ち運びする場面が出てきますよ。

また今まで使っていたリュックのサイズから、大きいサイズに買い替えるタイミングかもしれません。小学生は遠足や社会見学などの機会が増えるので、大きめのリュックがあると安心です。

リュックの中に荷物を整理しながら入れることが苦手な男の子が多いと聞きます。荷物の出し入れが簡単で収納力が高いリュックを選びましょう。

まとめ

ギフトが多様化している現代では、小学校の入学祝いのための贈り物の選択肢はたくさんありますよね。しかし相手に喜ばれる入学祝いを選ぶことに頭を悩ませるママは少なくありません。

贈る相手が甥の場合、事前に欲しい物や好きな物を聞いておいてもよいでしょう。贈り物のアイデアに迷う場合は、必要な物や好きな物を子どもが選ぶことができる現金やギフト券が喜ばれますよ。

「小学校入学おめでとう」という気持ちをこめて、素敵な入学祝いを贈りましょう。

ライター紹介

teniteo WEB編集部

関連記事

この記事のキーワード

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoHOME
  • teniteoWEAR
  • teniteoSHOP
  • テニ-とテーオ
  • teo's
  • ハハノワ2019
  • クリスマスプロジェクト2018
  • teniteoSNAP
  • teniteoSEMINAR