就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

新生児がおしゃぶりを使う効果は?デメリットを最小限に上手に使おう

新生児がおしゃぶりを使う効果は?デメリットを最小限に上手に使おう

赤ちゃんが生まれたら用意するものの中に「おしゃぶり」はあるでしょうか。ママたちの間でも賛否が分かれるおしゃぶりの使用ですが、使うことでどのような効果が期待できるのでしょうか。また、使うときに気をつけたいことやデメリットについてもご紹介します。

新生児がおしゃぶりを使う効果

新生児が安心して精神的に落ち着く

赤ちゃんは「生まれつき唇に触れたものに吸いつく」という吸てつ反射を持っています。無意識に行われるこの反射のおかげで、まだ見たり聞いたりしてものごとが判断できない赤ちゃんでも、母乳を飲んで生きていくことが可能になります。

赤ちゃんにとって「ものを吸う」ことは命をつなぐ行為そのものでもありますし、大好きなお母さんを感じ、安心感を得ることにもつながります。そのため、生後間もなくても指しゃぶりがはじまる赤ちゃんもいます。

赤ちゃんは乳首と似たような感触やサイズのものに吸いつきますが、この反射を利用して考え出されたのがおしゃぶりです。赤ちゃんはおしゃぶりを使うことでママのおっぱいを吸っている感覚を味わえ、精神的に落ち着くといわれています。

新生児が泣きやむとママのストレス軽減にも

赤ちゃんはまだ泣くことでしか自分の意思を伝えることができません。お腹が減った、おむつが濡れたといったものだけでなく不安感やさみしさ、眠りたいなどの理由からも大きな声で泣くことがあります。

赤ちゃんが泣くのは仕事ともいいますので、ある程度は仕方がありませんが、泣くたびにママは手を止める必要があり、家事などが進まなくてストレスに感じてしまうこともありますね。そこで、おしゃぶりの不安感やさみしさを紛らわす効果が活躍します。

授乳をしながら寝てしまう赤ちゃんがいるように、おしゃぶりを吸いながらすんなり寝てくれる場合があります。赤ちゃんが泣く回数が少しでも減ればママのストレスも軽減し、余裕を持った育児ができそうですね。

鼻呼吸を促す効果については反対意見も

実は鼻呼吸が苦手な赤ちゃん。口を使って呼吸をすると、口や喉の粘膜が乾燥しウイルスに感染しやすくなる、虫歯や口臭が発生しやすくなるなどのリスクがあります。

口呼吸から鼻呼吸に自然に移行するために有効だといわれるのがおしゃぶりの使用です。おしゃぶりは口を使って吸うので、鼻で呼吸することが必要になります。

海外では、鼻呼吸を定着させるために幼児期までおしゃぶりの使用を推奨している国もあるほどです。ですが、賛否両論あるのも事実で、もともと赤ちゃんは授乳のときには鼻呼吸をしているため、おしゃぶりだけが鼻呼吸を促すものではないという意見もあります。

鼻呼吸が定着するのは1歳6カ月ごろなので、それまでのおしゃぶりはよいかもしれませんね。

新生児がおしゃぶりを使えるのはいつから?

吸てつ反射が活発な新生児から使える

吸てつ反射は、赤ちゃんがお腹の中にいるころから出現し、妊娠32週ごろの胎児ではすでに完成しているといわれています。しかし、生後4カ月ごろになると徐々に吸てつ反射は弱くなり、生後6カ月ごろには消失します。

消失するといっても、母乳を飲まなくなるということではなく無意識に吸いつくことがなくなるだけですので、これまで学習した母乳の飲み方などを忘れることはありません。このころに赤ちゃんにおしゃぶりをあたえると、ペッと吐き出して嫌がる場合があります。

今までは反射的に吸いついていたものが、自分の意思で吸う、吸わないを選ぶようになってきた証です。おしゃぶりが乳首に似せて作られた感触や形をしていても、吸てつ反射がなくなった赤ちゃんには違和感を感じるものなのかもしれません。

赤ちゃんにおしゃぶりを使う場合は、吸てつ反射が活発な生後すぐから生後3カ月までの間にはじめるとすんなり受け入れてくれることが多いでしょう。ただし、吸てつ反射が盛んな時期であっても赤ちゃんの好みがありますので、おしゃぶりを嫌がる場合は無理に使用する必要はありません。

おしゃぶりは2歳までにはやめよう

赤ちゃんにおしゃぶりを使用することでママは「大きくなってもやめられなくなるのでは?」と心配になることがあります。「歯並びが悪くなる」などもよくいわれることですね。

一般的には、おしゃぶりの使用は2歳までにはやめることが推奨されています。それ以降になると、メリットよりもデメリットの方が上回ると考えられているからです。

デメリットには依存性や歯並びのことも含まれますが、おしゃぶりを赤ちゃんに与えること自体を否定するものではありません。あくまでも、2歳までにはやめた方がよいということなので、赤ちゃんが少しでも泣き止むことでママの負担が減るのであれば、おしゃぶりの利用をあきらめることはありません。

2歳ごろになると、おしゃべりもできるようになり、赤ちゃん自体が自然におしゃぶりを必要としなくなることも多くあります。おしゃぶりが手放せなかった子どもでも、突然すっぱり忘れてしまうこともあるようです。

中にはやめるのに時間がかかる子もいますが、いつかは必ず卒業できます。やめるきっかけはそれぞれなので、無理なくおしゃぶりから卒業できるように促しましょう。

新生児に合ったおしゃぶりの選び方

月齢に合った材質や形状のものを選ぼう

初めて赤ちゃんにおしゃぶりを購入する場合は、月齢に合った材質や形状のものを選びましょう。新生児用、生後6カ月まで、1歳以上などパッケージには対象月齢が記載されていますので、忘れずに確認してください。

対象年齢によるおしゃぶりの違いは乳首部分の大きさになります。大きすぎると赤ちゃんも吸いにくいのでピッタリのものを選び、成長に合わせて交換するようにしましょう。

素材は天然ゴムとシリコン製のものが主流で、天然ゴムは柔らかく赤ちゃんの口元にフィットしやすいですが劣化しやすい、シリコン製は弾力があるので吸いやすいという特徴があります。

新生児にはシリコン製で、先が丸いものよりも少しとがった形状のものが吸いやすくおすすめです。

お手入れや消毒のしやすさで選ぼう

赤ちゃんが直接口にふくむおしゃぶりは、哺乳瓶と同様に使用後には消毒等のケアをする必要があります。ケア方法は洗浄後に煮沸消毒または薬液消毒になりますので、哺乳瓶を使っている場合は同じ方法でケアできるおしゃぶりを選ぶとよいでしょう。

最近ではレンジで消毒できるケースつきのおしゃぶりもありますので、手軽で衛生的に使用できますね。

天然ゴムのおしゃぶりは使用や薬液消毒によって劣化しやすいです。もちろんシリコン製だからといって劣化しないということではありません。

乳首部分がちぎれたり、亀裂が入っていたりすると赤ちゃんが破片を飲み込んでしまうことも考えられますので、使用するごとに破損がないかママが細かくチェックするようにしましょう。

可愛さだけでなく機能性も考えて選ぼう

最近のおしゃぶりはカラフルで可愛いデザインのものがたくさんあります。パーツが気分によって交換できるものなど、どれを選ぼうか迷ってしまいそうですが、そういったデザイン性だけでなく機能性もどんどん向上しています。

赤ちゃんが寝ているときに口から外れてしまっても明かりをつけることなく探せる蓄光タイプは利用してみるととても便利ですし、外出時にはおしゃぶりホルダーが欠かせません。おしゃぶりは意外とどこに行ったか分からなくなってしまうので、なくさない対策が大切ですね。

衛生的に使用するためには、持ち運びのときに専用ケースにいれると安心です。折りたたみできるおしゃぶりならさらにコンパクトになり、お出かけ時にもかさばりませんね。

新生児に使いやすい機能性おしゃぶり

チュチュベビー「蓄光ディンスター」

ドイツの歯科医師によって開発された「出っ歯になりにくい」おしゃぶりがチュチュベビーの「蓄光ディンスター」です。おしゃぶりが与える前歯への影響は、歯が生えはじめる前から考えることが必要です。

蓄光ディンスターの乳首部分は特殊な形で前歯への圧力を減らすので、出っ歯になりにくくなっています。台座部分には可愛いイラストと、ほのかに光る蓄光加工がされているので、赤ちゃんが寝ているときにおしゃぶりが外れてしまってもママが探しやすくなりますね。

それだけでなく、おしゃぶりは大きなマザーズバッグの中で行方不明になりやすいので、光っていると探しやすいのもポイントです。衛生的に使えるキャップつきで、授乳期用と離乳期用の二つのサイズがあります。

ヌーク「ジーニアス2.0」

赤ちゃんのお世話を助けるおしゃぶりという観点からではなく、「口腔トレーニング」のためのおしゃぶりとして開発されたのがヌーク「ジーニアス2.0」です。

最新の口腔育成の研究では、おしゃぶりによる口腔トレーニングによって鼻呼吸だけでなく、発話の発達にも役立つと考えられています。おしゃぶりを使うデメリットに悩んでいたママには目から鱗ではないでしょうか。

ジーニアス2.0はヌークのおしゃぶりの最新モデルです。シリコン製で、赤ちゃんがママのおっぱいを吸うときの口の形がより精密に再現できるよう改良されています。

デザインはスタイリッシュでありながらとてもシンプル。どんな服装にも合わせやすく、2017年のキッズデザイン賞も受賞しています。

コンビ「テテオ スマイルナビ」

おしゃぶりを使っていると、乳首の中に水分やほこりが入ってなかなか取れないときがあります。消毒をしているとはいえ、衛生的とはいえませんね。

コンビ「テテオ スマイルナビ」は蓋が外れて乳首の中まで洗えるからいつでも清潔。コンビオリジナルの設計で、安心して赤ちゃんがくわえることができます。

コンビといえば、日本人の赤ちゃんを知り尽くしたベビー用品のメーカー。おしゃぶりも小児歯科専門医が監修した日本の赤ちゃんの口にフィットする独自形状でくずり泣きをストップ、赤ちゃんのスマイルを引き出します。

衛生的に持ち運べるキャップつき。マリンデザインがさわやかなブルーと、リボンをあしらったピンクのカラーが選べます。

おしゃぶりを使うメリット

お出かけや寝かしつけのぐずりの軽減に

おしゃぶりを使う最大の目的はママの負担軽減です。ぐずり泣きは赤ちゃんが眠たいときや不安やさみしさを感じたとき、またとくに理由はなくても泣いてしまうというものです。

ママが抱き上げてあやすことで泣き止むこともありますが、これだとママは赤ちゃんにつきっきりでいなくてはならないので、家事がすすまない原因にもなってしまいます。

おしゃぶりは、そんなぐずり泣きを軽減させるのに大きな効果を発揮します。外出先など大声で泣いてほしくないシーンでも大活躍し、寝かしつけでも赤ちゃんが泣かずに眠れることでママは大助かりです。

赤ちゃんに安心感を与え、落ち着かせる効果のあるおしゃぶりはママにとっても気持ちを楽にさせるアイテムになります。

消毒できるので指しゃぶりより衛生的

手や指は赤ちゃんが生まれて初めて興味をもって遊びはじめる身体の一部です。じっと自分の手をみつめ、なめたり噛んだりする赤ちゃんの姿はほほえましいですね。

しかし、そんな指を気に入って吸いはじめると「指しゃぶり」になり、なかなかやめられなくなってしまうことがあります。効果はおしゃぶりと同じようなものですが、指しゃぶりは歯並びに影響するといわれています。

また、消毒できるおしゃぶりと違って、指しゃぶりは衛生的とはいえません。ハイハイがはじまり、いろいろなものをつかむようになると手も汚くなりますね。

いつかはやめなければいけないことを考えても、身体の一部である指しゃぶりよりもおしゃぶりの方がやめやすいというメリットがあります。

乳幼児突然死症候群のリスクが減るかも

健康状態になんの問題もなく、元気に過ごしていたはずの赤ちゃんがある日、突然亡くなってしまうことがあります。生後2カ月から6カ月までの赤ちゃんに起こる可能性のある、とても恐ろしいこの現象を乳幼児突然死症候群(SIDS)といいます。

SIDSの原因ははっきりしていませんが、アメリカ小児学会が就寝時におしゃぶりを使用することがSIDSの予防になると発表したことがあります。ほかに有効な予防策がないだけに、おしゃぶりを使用するだけでリスクが減らせるならばお守りの気持ちで使ってみてもよいのではないでしょうか。

もちろん、100%の予防ができるわけではありませんので、赤ちゃんの就寝時にもこまめに様子を確認することが必要です。

新生児の心や言葉の発達のデメリット

声を出す機会が減り言葉の遅れに繋がる

寝る前やぐずり泣き以外の時間にも赤ちゃんにおしゃぶりを使っていると、口をいつもおしゃぶりでふさがれているため声を出す機会が減ってしまうリスクがあります。声を出すことは発語の練習にもなりますので、言葉の遅れに繋がることも考えられますね。

赤ちゃんは喃語から徐々に意味のある言葉を話すようになりますが、その時期や語彙の量には個人差が大きく、おしゃぶりをしているから話すのが遅い、していないから早い、ともいいきれない部分があります。ただ、四六時中おしゃぶりを使っていることは確かに赤ちゃんにとってよいこととはいえないかもしれません。

気になるようであれば、しっかりと使う時間を決めてメリハリのあるおしゃぶりの使い方を目指すようにしましょう。

ママとのコミュニケーションの機会が減る

おしゃぶりを使って赤ちゃんが大人しくしてくれると家事もはかどりますね。ですが、必要なときだけしか赤ちゃんの顔を見ない、泣かれないから気にしないという状況はママと赤ちゃんの大事なコミュケーションの時間を奪ってしまうリスクがあることを覚えておきましょう。

赤ちゃんはなんとなくさみしいときや、不安なときにママの顔を見るだけでも安心します。そのため、大きな声を出してママを呼びますが、それがときにはぐずり泣きととらえられてしまうことがあります。

そんなときにおしゃぶりを使うことは簡単ですが「ママにかまってほしい」という赤ちゃんの気持ちにこたえたことにはなりません。ママの手が空いているときは、おしゃぶりに頼らず思いっきり遊んであげましょう。

習慣化すると依存症になりやすい

おしゃぶりを使うことでママがもっとも気になるのが依存症にならないかということではないでしょうか。いつまでもやめられなかったり、おしゃぶりなしでは機嫌を損ねてしまったりするようになると将来も不安になりますね。

おしゃぶりを使うとすぐに赤ちゃんが泣き止むため、ママはすかさず赤ちゃんの口におしゃぶりを入れてしまうかもしれません。もしかしたら、洋服の襟にホルダーをつけて、赤ちゃんがいつでも自分で使えるように工夫しているかもしれません。

ですが、こうしたおしゃぶりの習慣化は、なんでもないときでもおしゃぶりが必要な精神状態をつくってしまいます。おしゃぶりをしてご機嫌で過ごしてくれればママも楽ですが、使う頻度や状況には見極めが必要です。

新生児の体の発達に影響するデメリット

母乳育児の期間が短くなる可能性がある

赤ちゃんはお腹が空いて母乳をたくさん飲みますが、ただ空腹を満たすためだけではなく、乳首を吸うことで精神的な安定も得ています。新生児はまだ吸う力が弱く、母乳を飲むにも訓練が必要ですが、この時期からおしゃぶりを使いはじめると吸う力が必要な母乳を嫌がるようになってしまいます。

哺乳瓶でミルクを与えている場合はおしゃぶりと同じ吸う力でお腹も満たされるため、ますます母乳育児がうまくいかなくなることがあります。新生児におしゃぶりを使う場合は、母乳がしっかり吸えるようになるまで待ちましょう。

使いすぎると歯並びが悪くなる

最近では歯並びに影響が少ないおしゃぶりが開発されていますが、それでもまったく影響がないとはいいきれないようです。おしゃぶりを2歳まで使っていると、噛んだときに上下の歯に隙間ができる傾向にあると証明されています。

ほかにも、出っ歯になる、噛み合わせが悪くなるなどのリスクがありますので、おしゃぶりの使用は2歳までを目安にやめるようにしたいですね。歯が生えるタイミングや生えそろう時期には個人差がありますので、子どもの様子をみておしゃぶりをやめるタイミングを決めましょう。

体調が悪いときに使うと中耳炎になるかも

乳幼児がなりやすい病気の一つが中耳炎です。耳が痛くなり、高熱が出ることでも知られていますが、一度かかるとくせになりやすいのも厄介ですね。

赤ちゃんがおしゃぶりを使うと耳の中の圧力が変わり、風邪をひいているときなどは中耳炎になるリスクが高まります。鼻が詰まっているときや鼻水が出ているときなどはとくに息苦しくなり、おしゃぶりの使用は危険です。

具合が悪いときこそ使いたくなってしまいますが、体調不良があるときはおしゃぶりの使用は控えましょう。

おしゃぶりでカンジダ感染症のリスクがある

「赤ちゃんがカンジダになる」と聞くとびっくりしてしまいますが、カンジダ真菌は誰でも身体の中に持っている菌で、抵抗力が弱くなると感染する可能性があります。新生児は抵抗力がまだ弱いので、不潔なおしゃぶりや哺乳瓶を使用することで発症します。

症状としては赤ちゃんの口の周りや舌に白いミルクかすのようなものが付着します。鵞口瘡(がこうそう)と呼ばれ、1週間ほどで治ることが多いですが、長引くようであれば病院に行く必要があります。

おしゃぶりは清潔に保ちましょう。

デメリットを最小限にして上手に使おう

使用後は消毒して衛生面に気を付けよう

赤ちゃんに触れるものはどんなものでも清潔であることが望ましいですね。とくに新生児期は抵抗力が弱いので「ちょっと神経質かな」と思うくらいでもちょうどよいことがあります。

おしゃぶりは日常で何度も使うものですし、哺乳瓶のように使用前、使用後がはっきり区別しにくいアイテムでもあります。使用後はこまめに消毒したいですが、一つのおしゃぶりを使いまわしていると消毒のタイミングが分からない場合もありますね。

レンジで手軽に消毒できるものなら手間もかかりませんし、いくつかスペアを用意しておくというのもアイデアです。夜まとめて消毒しておけば、翌日おしゃぶりを落としたり汚したりしてもサッと代わりのおしゃぶりが使えますよ。

使用時間を決めて使い方にメリハリを

おしゃぶりのメリットを最大限生かすためにも、デメリットを最小限にするためにも使用時間にメリハリをつけることが大事です。一日中赤ちゃんにおしゃぶりを使用するのが、もっとも避けなければいけない使用方法です。

使用時間は短く、使用期間も短く設定するのが上手なおしゃぶりとのつき合い方のポイントです。SIDS予防のためにおしゃぶりを使っているママは、寝ているときにもおしゃぶりを使いますが、いつまでも寝かしつけに使っているとおしゃぶりなしには眠れなくなることも考えられます。

月齢による使い分けも考えながら、徐々に使う頻度を落としていくなど、無理なくおしゃぶりを卒業できるように長期的な計画を立てることも大事です。

赤ちゃんとの触れ合いの時間を大切に

「おしゃぶりで大人しくしてくれる赤ちゃんは手がかからなくてママも嬉しい」と思ってしまいがちです。ですが、赤ちゃんは無意味に泣いているわけではなく、ママの興味を引きたい一心ということもあるのです。

おしゃぶりの使用に罪悪感を抱く必要はありませんので、おしゃぶりをしている時間であっても積極的に赤ちゃんに声をかけましょう。「おしゃぶりを使おうかな」と思ったときも、時間の許す限りはママがあやしてみてください。

おしゃぶりで泣き止まない赤ちゃんのお世話は確かに大変ですが、その分ママが時間を割いて一所懸命あやす時間が必要になってきます。おしゃぶりが使えるとママに少し余裕ができますので、その分笑顔で遊ぶ時間が増えるとよいですね。

まとめ

機能的なおしゃぶりや可愛いおしゃぶりなどたくさんの選択肢がありますが、「使う」「使わない」も大きな選択であり、自由に選ぶことのできるものです。メリットやデメリットを目にすると迷いが出てきますが、自分のよいと思った方が正しい選択です。

やめる大変さもママの頭によぎるかもしれませんが、意外と苦も無くやめられる子が多くいます。どうしてもやめるのが難しいと感じるときは専門家の助けも借りることができますので、覚えておくとよいですね。

ライター紹介

teniteo WEB編集部

関連記事

この記事のキーワード

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoHOME
  • teniteoWEAR
  • teniteoSHOP
  • テニ-とテーオ
  • teo's
  • ハハノワ2019
  • クリスマスプロジェクト2018
  • teniteoSNAP
  • teniteoSEMINAR
  • teniteoFC
  • 2040pj