就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

夏生まれの赤ちゃんの出産祝い!贈って喜ばれる物と避けた方がよい物

夏生まれの赤ちゃんの出産祝い!贈って喜ばれる物と避けた方がよい物

出産祝いにはママと赤ちゃんが喜んで使ってくれるものを贈りたいですね。夏生まれの赤ちゃんにはどんなものが喜ばれ、反対にどんなものを避けるべきなのでしょうか?今回は暑い季節に生まれる赤ちゃんにおすすめのプレゼントや、現金で贈る場合などの注意点についてお伝えいたします。

夏生まれの赤ちゃんに喜ばれる出産祝いの品

汗疹を防ぐひんやりグッズ

赤ちゃんは体温調節機能が未熟です。汗をかくことで体の熱を冷まそうとするため、まだ寝返りやお座りができないうちは背中が汗疹(あせも)になりやすいです。そこで夏生まれの赤ちゃんには、汗疹を予防するためのグッズを贈ってはいかがでしょうか。

「ひんやり触感の敷パッド」は、触れるとひんやりと感じる夏にぴったりの寝具です。快適な睡眠を助けることができますね。

お出かけにはチャイルドシート用の「冷触感パッド」はいかがでしょうか。熱のこもりやすいチャイルドシートにセットして、背中を中心にひんやりと快適にしてくれます。汗を吸う素材を使用したもの、洗濯が簡単なもの、ベビーカーにも使用できるものなど、商品により色々特徴があるようです。

何枚あっても嬉しい!おしゃれなスタイ

よだれをよく出したり、ミルクや母乳をよく吐いたりする赤ちゃんは、1日何回もスタイを取り換える必要がありますね。そのためスタイはプレゼントとして喜ばれます。

目につく場所に装着するスタイは、赤ちゃんのおしゃれのポイントにもなります。デザインが豊富なので、夏生まれの赤ちゃんにピッタリなものも選びやすいです。ひまわりや花火などがプリントされたものやマリンカラーのものなどは、夏らしくてよいですね。

デザインだけでなく肌触りもスタイ選びの重要な要素です。デリケートな赤ちゃんの肌にはコットン素材が人気で、ダブルガーゼやパイル生地がよく使われるようです。無農薬栽培のコットンを材料にした、オーガニックコットンのスタイもよいですね。

1歳くらいから着られる80cmの服

ベビー服もママがもらって嬉しい出産祝いのプレゼントです。ただし贈るなら1歳くらいから着られる、80cmサイズがおすすめです。

すぐに着られる新生児用でなく、80cmのベビー服をおすすめするのには理由があります。80cmのサイズを着られる1歳ごろは赤ちゃんの活動が活発になって、お出かけの機会も増えてくるころです。お出かけをするとなると、やはり赤ちゃんにかわいい洋服を着せてあげたくなるでしょうからプレゼントすると喜ばれますよ。

おすすめはTシャツです。1歳を迎える夏ごろ、赤ちゃんは汗びっしょりになって遊ぶ機会も増えていきます。汗をよく吸い取るコットン素材のTシャツが何枚もあると助かりますね。肌寒いときはベストなどを重ね着できて、使い勝手もよいですよ。

夏生まれの赤ちゃんに避けたい出産祝いの品

着る機会が少ない新生児サイズの服

新生児のベビー服は50cmサイズです。このサイズを着る時期は本当に短くて、生後3カ月ごろにはもう60cmのベビー服にサイズアップする赤ちゃんがほとんどです。着る機会があまりに少ない服は、プレゼントには向きません。

また新生児の時期はお出かけする機会が少ないです。家で過ごすことが多いため、夏生まれなら服を着ずに肌着1枚で過ごすこともあります。夏生まれの赤ちゃんにすぐ着てもらえる衣類を贈りたいなら、ベビー服よりも汗を吸い取ってくれる肌着の方が喜ばれるようです。

生後半年を過ぎると70cm、1歳を過ぎると80cmとサイズアップします。贈るなら1歳を過ぎた、外出が増えてオシャレを楽しめるようになってからのベビー服が喜ばれますよ。

夏に出番のないポンチョやおくるみ

マントのようにさっと羽織れるポンチョや、赤ちゃんを包むおくるみは、使い勝手がよさそうで出産祝いによく用いられます。でも夏生まれの赤ちゃんには「あまり出番がなかった」というママの体験談もあるようです。

防寒具であるポンチョの出番は冬ですね。夏生まれの赤ちゃんは成長して、お出かけが多くなってくるころです。そのころの赤ちゃんにはベストやカーディガンの方が便利だった、という意見がありました。

おくるみは赤ちゃんにしっかり巻き付けて使用します。しかし夏におくるみで赤ちゃんを巻くと、暑がってかえって暴れてしまうこともあるようです。またおくるみはそれ以外の用途で使いづらく「バスタオルの方が応用がきいてよかった」という意見もありました。

赤ちゃんの体温調節を妨げる靴下やミトン

赤ちゃんは「暑い」と感じたとき、手のひらや足の裏から熱を放出して体温を調節します。寝るときも手足から熱を放出させることで体の奥などを冷やし、眠りにつくことができるのです。

靴下やミトンを着用すると、赤ちゃんは熱をうまく放出することができなくなります。これは体にとってよくありません。特に夏は暑くて熱がこもりがちになるので、起きていても寝ていても靴下やミトンは履かせない方がよいといわれています。

小さい靴下やミトンは見ているだけでかわいくて、ついプレゼントとして贈りたくなりますね。寒い季節であれば状況により必要になる靴下やミトンですが、夏生まれの赤ちゃんにはどちらも使う機会がないため、ほかのプレゼントを探す方がよいようです。

出産祝いを現金や商品券で贈るときのマナー

出産祝いに現金や商品券を贈るときの相場

出産祝いでは使い勝手のよい「現金」も、もらって嬉しいプレゼントです。しかしデリケートなプレゼントでもあるので、マナーをしっかり心得てから贈ってください。

まず大切なのが相場です。少なすぎても失礼ですし、多すぎるとかえって相手に気づかいを与えてしまいます。相手との関係や地域の習慣などを考えて贈りましょう。

一般的な相場をご紹介します。
・両親やきょうだい 10,000円以上
・親戚 5,000 ~10,000円
・友だち 3,000~10,000円
・職場関係 3,000~ 5,000円
・グループ(連盟)全員で 10,000~30,000円

付き合いの深さや長さで、自分が贈りたい金額を決めてくださいね。
26 件

ライター紹介

teniteo WEB編集部

ピックアップ記事

関連記事

  • テニ-とテーオ
  • teniteoHOME
  • teniteoSCHOOL
  • teniteoPHOTO
  • teniteoWEAR
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • teniteoBRAND
  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • ハハノワ2019
  • 月明かりの映画祭2018
  • キッズハロウィンパーティー2018
  • クリスマスプロジェクト2019
  • teniteoSNAP
  • teniteoSEMINAR
  • 2040pj
  • teniteoFC