就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

折り紙でこどもの日準備!鯉のぼりの箸袋やロゼットの名札

折り紙でこどもの日準備!鯉のぼりの箸袋やロゼットの名札

5月5日は「こどもの日、端午の節句」ですね。男の子の節句ということで、家族や両親、友人とパーティーをされる方も多いのではないでしょうか。お食事のテーブルを華やかにしてくれる、鯉のぼりの箸袋や箸置き、ロゼットの名札の作り方をご紹介します。折り紙で簡単に作れるので、ぜひ作ってみてくださいね。

折り紙で簡単!鯉のぼりの箸袋の折り方

材料は家にあるものでOK

【準備するもの】
・折り紙・・・1枚(今回は15cm×15cmを使用)
・目玉ボタン(無い場合はペンで描いてもOK)

「鯉のぼりの箸袋」の折り方

1.半分に折り目を付けて、中心に向かって折り目をつける(鯉のぼりの体の色を見せたい側を表にする)

2.左の4分の1折る

3.裏返して、半分に折り目を付ける

4.中央の折り目に向かって、上下を折る

5.開いて、右上を4分の1、右下を半分、ななめに折る

6.中央に向かって上下に折り、☆に下部分を入れ込む

完成です。

目玉とうろこを描いて、鯉のぼりの箸袋の出来上がりです。

布を折って鯉のぼりのランチマットの完成

鯉のぼりの箸袋と同じ折り方でランチマットを折って、鯉のぼりのランチマットを作っても可愛いです。いつものお皿の上に置くだけで一気に華やかになりますよ。

今回は手ぬぐいを折って、画用紙で目玉を付けています。例えば紙ナプキンを折ったり、マスキングテープで目玉を付けてもおしゃれです。ぜひお好みの鯉のぼりを作ってみてくださいね。いつもの食卓の特別感が増して、お子様もきっと喜んでくれるはずです。

64 件

関連記事

この記事のキーワード

ピックアップ記事



  • テニ-とテーオ
  • teniteoBRAND