就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

【東京・品川】毎日行われる四つのショーは必見「しながわ水族館」

【東京・品川】毎日行われる四つのショーは必見「しながわ水族館」

水族館といえばイルカショーやアシカショーなどのショーが楽しみの一つですよね。大人になっても始まる前はワクワクします。「しながわ水族館」では毎日4種類ものショーが開催されているんです。何回かに分けて遊びに行っても楽しめるのですが、今回は平日1日で一気に四つのショーを見ることのできるプランを紹介します。

teniteo CHANNEL[テニテオ]

by teniteo

イルカの看板が目印です

大森海岸駅から歩いて10分

「しながわ水族館」は京浜急行「大森海岸駅」から徒歩10分ほどのところにあります。改札を出て左手に見える大きな歩道橋を渡り、第一京浜(国道15号)沿いをまっすぐ歩くと右手にイルカの看板(上の写真)が見えてきます。案内の看板にしたがってお進みください。

入口に着いたら発券機があるのでそこでチケットを買いましょう。大人(高校生以上)1,350円、中学生・小学生600円、幼児(4歳以上)が300円です。

ベビーカー置き場とコインロッカーを活用しよう

水族館入口の前にはコインロッカーとベビーカー置き場があります。館内はベビーカーOKですが、必要ない場合はこちらに預けることができます。コインロッカーもあって便利ですね。

館内に入るとまず目に飛び込むのがこの大きな木。ここは「東京湾に注ぐ川」というエリア。「木は森をつくり、森は川をつくり、川は豊かな海をつくる」ということから入口すぐ、観覧通路中央に置いているのだとか。

自然の力が伝わってきますね。ここから始まる様々な海の生きものたちとの出会いにワクワクしてきました。

毎日開催!四つのショーを観に行こう

「しながわ水族館」ではイルカショー、アシカショー、アザラシショー、水中ショーの4種類のショーが毎日行われています。

今回は1日で四つのショーを見ることのできるプランを合わせて紹介します。平日が空いていて子どもと行きやすいので、平日バージョンです。休日はショーの開催時間が変わりますのでホームページを参考にしてくださいね。

11:00 見ごたえ抜群の「イルカショー」

最初に見るのは定番の「イルカショー」です。ダイナミックなパフォーマンスは見ごたえ抜群!参加型のショーで大人も子どもも楽しめます。

一番最初に「イルカショー」を見てテンションも急上昇です。

こちらは所要時間は15分ほどです。ほかにも平日13時30分、15時30分から。休日は10時45分から、13時30分から、15時30分からの回もあります。

11:30 アザラシを360度から観察

「アザラシショー」は珍しいですよね。いつもはおっとりしているイメージのアザラシですが、ショーではパワフルな動きを見せてくれます。

ショーの行われる「アザラシ館」ではアザラシが泳ぐ様子を360度見渡すことができます。頭上を泳ぐ姿を見ることができる水族は多いですが、足元を泳ぐ姿を見ることはなかなかないですよね。水の上に立っているような不思議な感覚です。

「アザラシショー」はほかにも平日16時から。休日は11時15分、16時からの回もあります。

お昼休憩!ほかにも必見のエリアを紹介

ここから次のショーまで時間があるのでお昼ご飯を食べて、ほかのエリアも見てみましょう。

ちょっと怖いかも!世界の大河に住む魚やサメ

地下一階「海底フロア」には世界の大きな川に暮らす大型の魚の泳いでいる水槽があります。このエリアは薄暗くなっていて子どもにとっては少し怖いかもしれません。薄暗い水槽の中からヌッと大きな魚が出てきてびっくりしてしまうかも。

また水槽前には「木の精霊」なるものがいて、目の前のボタンを押すと水槽の中の魚のことや熱帯雨林のことについてお話ししてくれます。

二匹のサメには凄みがある

「シャークホール」というエリアでは、サメの歯や剥製などが展示してあります。

また、水槽を泳ぐ二匹のシロワニの姿はどことなく凄みがあって思わず息を飲んでしまいます。ちなみに「ワニ」はサメの別称で、昔サメはワニと呼ばれていたのだとか。

そしてまた次のショーへ

そろそろ次のショーを見に行きましょう!

13:00 魚とダイバーが舞う「水中ショー」

次に見せていただいたのは「トンネル水槽」で行われる「水中ショー」です。この「トンネル水槽」には約60種類900点の生きものがいるんですよ。魚やエイ、ウミガメなどが優雅に泳いでいます。

「水中ショー」ではダイバーがエイに餌付けをしていました。

餌を持ってくるとエイは勢いよく集まりますが、食事を終えるとそそくさと離れてしまいます。そんな姿も気ままで可愛らしいです。

「水中ショー」はほかにも平日14時、15時から。休日は11時からの回もあります。

「トンネル水槽」で気分は海中散歩

次のショーまでまた少し時間が空くので、「トンネル水槽」を楽しみましょう。

「トンネル水槽」は海中を歩いている気分が味わえます。

頭上を泳ぐ生き物たちの姿は圧巻です。エイは下から見るとすごく可愛い顔をしているんですね。

14:30 ユーモラスな「アシカショー」

「アシカショー」は屋外にある「イルカ・アシカスタジアム」で行われます。アシカとの距離は少し遠いのですが、目の前がイルカの水槽になっているのでアシカショーだけれどイルカも泳いでいます。ちょっと不思議な感覚だけどどちらも見られるので一石二鳥。

「アシカショー」ではアシカの生態についてお姉さんが教えてくれたり、アシカがあらゆる技に挑戦します。

とっても運動神経がいいんですね。ボール投げや逆立ち、輪投げなどすべての技に成功していました。この日観に来ていた子どもたちも大喜びです。

「アシカショー」は平日は14時30分からのみです。休日は11時45分からの回もあります。

「しながわ水族館」へのアクセス

交通機関を利用される方

京浜急行「大森海岸駅」下車 徒歩約8分、JR京浜東北線「大森駅」下車、北口改札より徒歩約15分です。第一京浜(国道15号)沿いをまっすぐ歩くと右手に見えてきます。

また、JR京浜東北線・東急大井町線「大井町駅」より無料送迎バスが出ていますのでそちらもご利用ください。約15分ほどで到着します。バスのダイヤはホームページからご確認ください。

車でお越しになる方

都心・品川方面より一般道からお越しの場合、第一京浜(国道15号)を川崎方面に進み「平和島口」の交差点を左折してください。前方の陸橋は昇らずに左側の側道へ行き、つきあたりの海岸通りを左折します。本線を走り、勝平橋(ゆるやかなのぼり坂)を渡り橋を渡りきるとすぐ左手が駐車場入口です。

駐車場は20分100円でご利用できます。

まとめ

ここまで「しながわ水族館」の目玉でもある四つのショーを主にご紹介しました。すべてのショーを見て、ゆっくりまわっても半日くらいです。このくらいなら子どもも疲れず遊べそうですね。

また、4種類のショーはどれも所要時間は10分ほど。小さな子どもも飽きずに見ることができます。

提案したプラン以外にも様々な楽しみ方があるので、ぜひ自分や子どもにあった計画を立ててみてくださいね。

しながわ水族館(しながわすいぞくかん)

東京都品川区勝島3-2-1

03-3762-3433

10:00~17:00(入館は16:30まで)

1月1日、毎週火曜日(春休み・GW・夏休み・冬休みは営業)

0歳以上

大人(高校生以上)1,350円、中学生・小学生600円、幼児(4歳以上)300円、シルバー(65歳以上)1,200円、品川区民、在勤・通学者割引あり(身分証等提示必要)

https://www.aquarium.gr.jp/

ベビーカー入場可、おむつ交換台有、有料駐車場有、授乳室有(ご利用はスタッフにお声掛けください)

60 件

ライター紹介

金子 寧々

関連記事

この記事のキーワード

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoHOME
  • teniteoWEAR
  • teniteoSHOP
  • テニ-とテーオ
  • teo's
  • ハハノワ2019
  • クリスマスプロジェクト2018
  • teniteoSNAP
  • teniteoSEMINAR
  • teniteoFC
  • 2040pj