就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

夫婦2人で熊本旅行を楽しみたい!デート気分で巡れるスポットを紹介

夫婦2人で熊本旅行を楽しみたい!デート気分で巡れるスポットを紹介

子育て中のママでも、「たまにはパパと2人で旅行をしたい」と思っている方は多いのではないでしょうか。恋人同士だったころのように、夫婦で旅行をして思いっきり楽しみたいですよね。ここでは、熊本旅行を楽しみたい方に、夫婦におすすめのスポットをご紹介します。

夫婦で旅行に行くメリットとデメリット

夫婦の愛や絆が深まる

海外では子どもがいる家庭でも、祖父母などに子どもを預けてバカンスを楽しむことがあるようです。しかし、日本では子どもが生まれると「できるだけ親と過ごすことが大切」と考えられているため、夫婦で旅行しにくい雰囲気があるかもしれませんね。

パパやママは普段は子ども中心の生活を送っているので、夫婦だけで旅行ができると愛や絆が深まるでしょう。夫婦2人きりだと恋人気分を味わえて、パパに甘えたりスキンシップをたくさん取ったりと、お互いの気持ちを確かめ合う時間が持ててよいですよ。

旅行中は育児や家事をお休みしてゆったり過ごせるので、パパやママも疲れやストレスを解消できるでしょう。お互いに感謝の気持ちを伝え合って愛を育んでくださいね。

自分たちの行きたいところに行ける

子どもと一緒の場合はテーマパークや動物園、アスレチック、プールなど、子どもが楽しめるスポットに行く方がほとんどなので、パパやママの行きたいスポットに行くのが難しいときも多いでしょう。しかし、夫婦だけで行く場合は自分の行きたいところに行けるので、パパやママのリフレッシュになってよいですよ。

子どもがいると夫婦だけで旅行をするチャンスはなかなかないので、旅行をすると決まったら色々とプランを立てたいですよね。夫婦2人きりのときだからこそ行けるスポットを探して、普段はできない体験をしましょう。

たとえば、温泉にゆっくり漬かる、小さな子どもは参加できないアクティビティ体験、食べ歩きなど、旅行前からウキウキしそうですね。

子どもを預けて行くのは心配だし寂しい

夫婦だけで旅行をするのはメリットも多いですが、子どもを預けることにデメリットを感じているママたちもいるでしょう。旅行となると数日子どもを祖父母などにお願いしなくてはならないため「寂しくならないかな?」「体調を崩したらどうしよう?」など、色々と心配になってしまいますよね。

また、子どもの心配だけでなく、旅行をするママのほうが寂しさを感じる方も多いです。「生まれてから子どもと離れたことがほとんどないから、離れるのが寂しい」「心配や寂しさから旅行を楽しめるか不安」などと、行く前から悲しい気持ちになるママもいるでしょう。

夫婦の旅行は楽しまないと意味がないので、子どもを信じて思いっきり楽しむことが大切ですよ。

夫婦で行きたい熊本の絶景スポット

水のカーテンに癒される「鍋ケ滝」

夫婦で熊本に旅行をすると決まったら、旅行中の観光プランを立てたいですよね。子どもがいるときれいな景色をゆっくりと見ることも少ないので、熊本に行った際は絶景スポット巡りをしてみてはいかがでしょうか。

熊本といえば阿蘇山が有名ですが、その近くにある「鍋ヶ滝」は水がカーテンのように落ちていく幻想的な景色を見ることができます。滝の落差は10mと低めですが幅は20mあるので、緑の中にポツンとある滝を見ていると癒やされますよ。

こちらの滝口の下は空洞なので、内側を歩くことも可能です。内側から見る水のカーテンも美しいのでチェックしたいですね。また、毎年4月の初めごろの1週間限定でライトアップのイベントもあるので、ライトアップに合わせて旅行をするのもおすすめです。

美しい草原が広がる「草千里ケ浜」

仕事や育児、家事に追われていると疲れやストレスが溜まるので、夫婦2人きりの旅行は自然をたっぷり感じて心身ともに癒やされたいと感じているママも多いでしょう。「草千里ケ浜」は大草原で、中央には大きな池があったり、放牧された馬がいたりと普段は目にしないような自然あふれる光景を目にできますよ。

こちらの草原では4~11月に行くと、乗馬体験をすることも可能です。引き馬に乗って大草原や噴煙を上げる中岳、草を食べて自由に過ごす馬などを見ていると、時間を忘れて心が癒やされそうですね。

こちらは標高1,100mの高地に位置しているため、夏場でも比較的涼しく過ごしやすいですよ。周辺にはご当地グルメを味わえるレストランなども多いので、1日中楽しめるでしょう。

歴史を感じるレトロな景観「三角西港」

子どもが小さなときは歴史などにまだ興味がないので、世界遺産などのスポットには連れて行きづらいですよね。夫婦2人だと時間を忘れてゆっくりと歴史に浸れるので、歴史好きの方は「三角西港」に行ってみてはいかがでしょうか。

「三角西港」は熊本県の三角町にあり、明治時代に造られた姿のまま残っています。レトロな景観はどこか可愛らしい雰囲気があり、明治ロマンを感じることのできる洋館や趣がある港など、タイムスリップしたような感覚を楽しむことができますよ。

こちらは写真映えすること間違いなしの景観で、ドラマのロケ地として使われたこともあるようです。2015年には世界文化遺産にもなっているので、夫婦でお散歩デートをするのもよいですね。

子連れではできない体験をしよう

31 件

関連記事

この記事のキーワード

ピックアップ記事

  • テニ-とテーオ
  • teniteoBRAND
  • フリーペーパーテニテオ愛知版