就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

フルタイムの仕事をしながら赤ちゃんを育てる!準備しておくことは?

フルタイムの仕事をしながら赤ちゃんを育てる!準備しておくことは?

赤ちゃんを育てながらの産後の職場復帰は、授乳のことや病気になったときのことなど、ママにとって不安を感じることが多いですよね。ここでは、フルタイムの仕事復帰を控えているママの不安が少しでも減るように、準備しておくことや赤ちゃんとの接し方などをご紹介します。

フルタイムの仕事を復帰する前に

初めての保育園で必ず通る「慣らし保育」

出産してからもフルタイムでの仕事復帰をすることが決まっていると、仕事復帰をする前に保育園入園の申込みをしますよね。「保育園も決まったし、4月からフルタイムで仕事を頑張るぞ」と気合いを入れているママも多いのではないでしょうか。

しかし、認可保育園に通い始めるときは、「慣らし保育」というものがあることを知っておきましょう。「慣らし保育」とは入園後1~2週間の間、赤ちゃんを保育園に少しずつ慣れさせていくために、時短で赤ちゃんを預けるというものです。

慣らし保育の期間は通う保育園によってさまざまなので、通い始める前に確認しておくと安心ですよ。ほとんどの保育園で「慣らし保育」があるので、最初からフルタイム勤務で復帰しないように注意が必要ですね。

病気になったらどうする?病児保育の登録を

赤ちゃんを保育園に預けて仕事復帰するのは、ママにとって大変なことも多いですよね。特に、赤ちゃんは抵抗力も弱く頻繁に熱を出すので、「仕事復帰したのに、半月も出勤できなかった」というママも珍しくありません。

「赤ちゃんが体調不良のときはずっと側にいてあげたいけど、仕事を頻繁に休んでいるので職場に迷惑をかけて申し訳ない」と、育児と仕事の両立に悩んでいるママはたくさんいます。育児と仕事をうまく両立していくために、病児保育の登録を検討してみてもよいかもしれませんね。

病児保育はあらかじめ登録が必要です。「病気のときに赤ちゃんを預けるなんて不安」という方でも、病児保育の場合は医療スタッフが常に赤ちゃんの様子をチェックしているので、安心ですよ。

粉ミルクや哺乳瓶の練習も

「職場復帰するまでの間、完全母乳で赤ちゃんを育てていた」というママもいますよね。赤ちゃんを保育園に預ける場合は、保育園に預けている間は授乳できないので、入園前に粉ミルクや哺乳瓶の練習をしておきましょう。

完全母乳で育った赤ちゃんは、粉ミルクの味に慣れていません。ですから、保育園に預けるときに急に粉ミルクに変えてしまうと、ミルクを嫌がって飲まないので、お腹が空いて大泣きする可能性が高いです。

また、粉ミルクの味だけではなく哺乳瓶で飲むことにも慣れていないので、うまく哺乳瓶でミルクを飲めなかったり、乳首を嫌がったりすることもあります。少しずつ粉ミルクの味や、哺乳瓶に慣れさせていってあげることが大切ですよ。

フルタイム勤務の開始!最初の悩みは?

おっぱいが痛い!乳腺炎のリスク

赤ちゃんを育てながらのフルタイム勤務の仕事復帰は、ママにとって悩むことも多いのではないでしょうか。特に、授乳時期に赤ちゃんを保育園に預ける場合、入園前に完全母乳で育てていたママは、乳腺炎になるリスクが高いので注意しましょう。

友人の話では、赤ちゃんが生後8カ月の頃にフルタイムで仕事復帰をしたそうです。それまでは、赤ちゃんの欲しがるときに授乳していたので何も問題がなかったそうですが、仕事復帰してからは半日くらい授乳できなくなったので、おっぱいが痛くて大変だったと話してくれました。

乳腺炎になると何日も高熱が出るので、仕事だけではなく育児もできなくなってしまいます。乳腺炎を防ぐために、定期的に搾乳をしましょう。

頻繁に来る保育園からのお迎え要請

子育てと仕事の両立は、ママにとって本当に大変なことですよね。特に、赤ちゃんを保育園に預ける場合、赤ちゃんは抵抗力が弱く体調をくずしやすいので、頻繁に保育園からのお迎え要請がくることがあります。

先輩ママの話では、赤ちゃんを保育園に預けて出勤してから2時間ほどしか経っていないのに、「赤ちゃんに熱があるので迎えに来てほしい」と、保育園から連絡があることも多かったそうです。1カ月に何回も保育園からのお迎え要請の電話がくるので、職場にも迷惑をかけて大変だったと話してくれました。

これから保育園に入園させるママは不安も多いと思いますが、保育園から連絡がきたときのために、仕事を早退してもほかの人の迷惑にならないよう仕事を進めていくとよいですね。

家事がおろそかになって罪悪感

育児、仕事、家事、すべてを完璧にこなすことは本当に難しく「仕事復帰してから家事が全然進まない」「ママなのに家のことがちゃんとできていないから申し訳ない」など、家事がおろそかになっていることに罪悪感を感じているママも多いのではないでしょうか。

友人の話では、仕事復帰をしてから家にいる時間が少なくなり、家事がおろそかになって申し訳ない気持ちでいたそうです。しかし、パパに「家事は自分も手伝うし手抜きでも大丈夫だから、ママは赤ちゃんと仕事のことを優先したらいいよ」といってもらえて嬉しかったと話してくれました。

フルタイムで仕事をしながらの育児や家事はママの負担も大きく大変です。上手に手抜きしたり、パパや家族にサポートしてもらったりすることが大切ですね。

両立は大変!でも赤ちゃんも頑張っている

0歳児保育はかわいそうじゃない

「できることなら、子どもが小さい間はずっと一緒にいたい」と思っているママは多いですよね。しかし、「仕事復帰が決まっている」「0歳からしか、保育園に空きがなかった」など、さまざまな理由で0歳から保育園に入園させるママもいます。

「赤ちゃんの頃から、保育園に入れるなんてかわいそう」と周りから心配されることもあり、罪悪感でいっぱいになるママもいるかもしれません。しかし、0歳児から保育園に入園させることは、決してかわいそうなことではないですよ。

赤ちゃんは、ママが毎日笑顔でいることが1番の幸せです。「ごめんね」と毎日悲しそうにしていたり、疲れた顔ばかりしてすごしたりするほうが、赤ちゃんにとっては悲しいことなのですね。

限られた時間で赤ちゃんとスキンシップを

フルタイムで仕事復帰すると、赤ちゃんと一緒にすごす時間が限られてしまうので「赤ちゃんに愛情をちゃんと与えられているのか」と不安になるママも多いですよね。赤ちゃんにとって大切なことは、ママとすごす時間の長さではありません。

限られた時間の中でも、赤ちゃんとたくさんスキンシップをとり「大好きだよ」「可愛いね」など、優しい言葉を赤ちゃんにかけてあげるだけでも赤ちゃんはママからの愛情を受け取っていますよ。

仕事に行く罪悪感で「いつも一緒にいてあげられなくて、ごめんね」などマイナスな言葉をかけてしまうと、赤ちゃんにもママの悲しい気持ちが伝わって不安になるので、赤ちゃんといるときは笑顔で優しく声かけをしてあげましょう。

たくさんのお友達に囲まれ社交性が磨かれる

小さいうちから保育園に子どもを預けると「まだ小さいのに預けられてかわいそう」などと思われてしまうこともありますよね。しかし、保育園に通うことで赤ちゃんにとってよいこともたくさんありますよ。

ママが専業主婦の場合、1日のほとんどをママと2人きりですごすので、人見知りをしてしまう子が多いですよね。保育園に通うとさまざまな年齢のたくさんのお友達に囲まれるので、社交性が磨かれますよ。

小さい頃からたくさんのお友達と接していると、人見知りすることが少なくなるので、人と上手にコミュニケーションをとれる子が多いです。赤ちゃんの頃から保育園に入園させることは、赤ちゃんにとってよいこともたくさんあるので、ママも安心して預けましょう。

まとめ

赤ちゃんを育てながらのフルタイムの仕事復帰は、育児、仕事、家事の両立をするのが大変ですよね。また、家のこと意外にも、保育園のことや職場のことなど、ママの悩みはつきないかもしれません。

しかし、ママがイライラしたり、毎日元気がなく疲れた様子でいたりすると、赤ちゃんも不安になってしまいます。たとえ一緒にいられる時間が少なくても、スキンシップをたくさんとり「大好きだよ」と赤ちゃんに伝えてあげることで、赤ちゃんはママからの愛情を感じることができますよ。

関連記事

この記事のキーワード

ライター紹介

teniteo WEB編集部

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoWEAR
  • テニ-とテーオ
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • ハロウィン2018
  • クリスマスプロジェクト2018