就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

【東京都内】子連れでも安心!思いっきり遊べる紅葉スポット3選

【東京都内】子連れでも安心!思いっきり遊べる紅葉スポット3選

秋が深まると、東京都内でもさまざまな場所で美しい紅葉が見られるようになりますよね。紅葉の季節は気持ちよく晴れる日も多く、お出かけにぴったりです。ここでは、親子で楽しむ東京都内の紅葉スポットの紹介のほか、子どもと楽しむ落ち葉遊びや、秋のお出かけでの注意点を紹介します。

親子で楽しむ東京都内の紅葉スポットを紹介

子連れに優しい都心の大庭園「新宿御苑」

都心でありながら、四季折々の自然の美しさが堪能できる「新宿御苑」。東京ドーム12個分もの広大な敷地の中で、落ち葉を拾いながらお散歩したり、広場でピクニックをしたりと、ゆったりと美しい庭園を楽しむことができます。

紅葉の季節には、日本庭園の美しいモミジや、フランス式庭園のプラタナス並木、大イチョウなど、園内のいたるところで色とりどりの紅葉を楽しむことができますよ。

新宿御苑には、授乳スペースが2カ所、おむつ交換台のあるトイレが14カ所、ベビーキープのあるトイレが13カ所準備されており、小さな子どもと一緒のお出かけにも安心です。近くのデパートでデパ地下グルメを調達して、紅葉をながめながらピクニックをするのも素敵ですよね。

観覧車から紅葉を見下ろす「葛西臨海公園」

東京23区内では最大級の広さを誇る、「葛西臨海公園」。水族園や観覧車、パークトレインなど子どもが喜ぶ施設が盛りだくさんの公園です。

紅葉の季節には、観覧車で色とりどりにそまった園内を見下ろすのがおすすめです。天気がよければ、園内の紅葉だけでなく、太陽が当たってキラキラと光る東京湾の開放的な海の景色、高層マンションや高層ビルの立ち並ぶ湾岸の風景、スカイツリーや富士山など、360度の大パノラマを楽しめますよ。

授乳スペースやおむつ替えコーナーは、水族園に向かう途中のレストハウスにあります。園内は広いので、レジャーシートや授乳ケープを持って行くと急におむつ替えや授乳が必要になったときに便利かもしれません。

パークトレインに乗れる「昭和記念公園」

東京ドームなんと40個分もの広大な敷地の「国営昭和記念公園」。とにかく広い園内で、有名なイチョウ並木や日本庭園のモミジをはじめとして、紅葉を楽しめるスポットがあちらこちらにあります。

子どもと一緒なら、パークトレインに乗って子どもの森を目指しましょう。大型遊具やふわふわドーム、巨大なハンモックをはじめ、子ども心をくすぐる仕掛けがいっぱいのエリアです。小さな子どもなら、わんぱくゆうぐ広場もおすすめですよ。

遊具で遊んだり、芝生の広場でピクニックをしたり、園内を散策したりしていると、一日があっという間に過ぎてしまうことでしょう。赤ちゃん休憩室は園内7カ所にあり、各トイレにおむつ交換台とベビーキープも用意されています。

落ち葉遊びで子どもと秋の思い出をつくろう

ガサガサ、バリバリかけっこ

秋のお散歩に出かけたら、子どもと一緒に落ち葉を使って遊んでみましょう。

地面につもった落ち葉、踏むとガサガサ音がしますよね。落ち葉がつもっている場所を見つけたら、一緒にたくさん歩いてみましょう。ガサガサ、バリバリ、ザクザク…どんな音がするでしょうか。

よーいどん!でかけっこをしたら、子どももママも足元からガサガサ、バリバリと楽しい音がしてくることでしょう。目をつぶって落ち葉の音を確かめてみると新しい音の発見があるかもしれませんね。

たくさんの落ち葉をすくって上に放り投げ、落ち葉を吹雪のように降らせてみてもよいですね。ヒラヒラと舞い降りてくる葉っぱに、子どもはキャッキャと大喜びしてくれるかもしれませんよ。

落ち葉あつめ、どんぐり拾い

秋に子どもとお散歩していると、きれいな葉っぱをあつめたり、どんぐりなどの木の実を拾ったりすることに夢中になることも多いですよね。紅葉スポットに出かけたら、いろいろな種類の葉っぱや木の実を探してみましょう。

イチョウの黄色い葉っぱやモミジの真っ赤な葉っぱをはじめ、サクラやカエデなどでは緑や黄色、だいだい色や赤などいろいろな色の葉っぱが見つかるかもしれません。

子どもたちが大好きなどんぐりにもさまざまな種類がありますよね。大きくて丸いクヌギや細長いコナラ、小さなカシなど、大きさも形もいろいろです。

持ち帰ったどんぐりで工作などをするときには、一度鍋で煮沸しておけば、虫がわくのを防ぐことができますよ。

落ち葉の色をつかってお絵かき

きれいな落ち葉をよく見てみると、いろいろな色がありますよね。自然が生み出した微妙な色合いの美しさにママも見とれてしまうかもしれません。この落ち葉をつかってお絵かきをしてみるのも楽しいですよ。

大きめの画用紙と、のり、ハサミ、黒ペンなどを持って行き、思いつくままにお絵かきをしてみましょう。葉っぱをたてがみにしてのりで貼りつけ、目を描いて「ライオン」にしたり、いろいろな色の葉っぱを海の生き物に見たてて「水族館」にしたり、葉っぱを切り取って「果物」を作ったりしてもよいですね。

クレヨンや色鉛筆で色をぬったのとはひと味違った作品ができあがるはずですよ。ぜひ、ママも一緒に葉っぱのお絵かきを楽しんでみてくださいね。

秋に子どもとお出かけするときの注意点

29 件

関連記事

この記事のキーワード

ピックアップ記事



  • 月刊ポピー
  • テニ-とテーオ
  • teniteoBRAND