就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

乳児と運動して遊ぼう!ママも一緒に楽しめる運動遊びとは?

乳児と運動して遊ぼう!ママも一緒に楽しめる運動遊びとは?

「赤ちゃんに何か運動をさせた方がいいのかな?」「幼稚園の運動会も心配だし…」と思っているパパママはいると思います。そこで赤ちゃんの運動機能を発達させる乳児の運動について、効果や発達段階ごとにできる運動、室内でできる遊びながらの運動を紹介します。

乳児の運動はいつから?どんな効果がある?

生後0カ月から始められる

乳児期から幼児期にかけて、運動は大切です。単に体を鍛えるのではなく、遊びの中で自然と体を動かすのが理想的です。でも、いつからできるのか、どんなことをしたら効果がでるのか分からないと思います。

特に生後0カ月からの1年間、赤ちゃんは驚くほどのスピードで心も体も発達します。その時期にパパママとコミュニケーションを取りながら、赤ちゃんのペースにあわせて運動をすることは、楽しくもあり、運動機能を高めるのに効果的です。

生後0カ月は1日のほとんどの時間を寝て過ごしていますが、起きている時に手や足をさわったり、くすぐったりすることで神経が刺激され赤ちゃんの運動になります。ただし、首がすわる前ですので、くれぐれも無理はしないでくださいね。

運動機能の発達や体力の向上

新生児期から乳児期は、首が座り、寝返りを打ち、はいはいを始め、立ち、歩くと劇的に運動機能が発達する時期です。

その乳児期に運動をしてたくさん体を動かすメリットは、骨や筋肉が鍛えられるので、足腰がしっかりしてくることです。そしてどのように体を動かすとどんなことができるかを体で覚えることができるので、運動機能の発達を促すことができます。

遊びを通して体を鍛えていくことになるので、自然と基礎体力がついて病気への抵抗力や治癒力も高まっていきます。

ただ、乳児期から幼児期の運動機能の発達には個人差があります。無理に同じ月齢の赤ちゃんと合わせようとせず、成長にあった運動遊びを親子一緒に楽しむことがよいでしょう。

知能やコミュニケーション能力の発達

運動をして体を動かすと脳が刺激を受け、脳の発達によい影響をもたらします。

素早く反応する「瞬発力」や、どんな動きをしたら1番になれるかなどを考える「思考力」が身につきます。もし失敗しても、次はどうすればよいかということを考えるようになるため「洞察力」も身につきます。

できない動きや運動に何度も挑戦することによって、粘り強く最後まであきらめずに「努力」する力が身につきます。何度も挑戦し出来るようになった時には、最高の「達成感」を味わえます。

また、パパママやお友達と関わりながら運動遊びをすることで、コミュニケーションスキルが身につきます。少しずつですが、パパママやお友達の気持ちもわかってくると思います。

子育てママ必見!育児相談もできる「ベビータッチ&ママストレッチ」

PR

子育て中のママは、独身時代や出産前とは生活が激変しますよね。社会とのつながりが減り、子育ての悩みを一人で抱え込んでいる人も多いのではないでしょうか?そんな時に悩みを聞いてもらえたり、リフレッシュできる場があるとうれしいですよね。今回は「保険LICO(ライコ)」が定期的に開催している「ベビータッチ&ママストレッチ」セミナーをご紹介します。

乳児とスキンシップ!赤ちゃん体操で運動

ねんね期から首すわり期

ねんね期から首すわり期までの赤ちゃんは、泣き声が段々しっかりしてきて、追視も上手になってきます。

そんな時期の運動は、無理をしない範囲でのコミュニケーション中心のものがよいでしょう。

赤ちゃんが機嫌よく起きている時に、パパママがおもちゃなどで注意を引き、目で追い体を少し動かすように促しましょう。また、おむつ替えの時などに赤ちゃんの体を触ったりくすぐったり、マッサージをして刺激を与えるのもよいです。パパママが赤ちゃんの手をもってゆっくり動かしてあげるのもおすすめです。

この時期はパパママの声をたくさん聞かせてあげて下さい。生後すぐからママの声は聞き分けているそうなので、もしかしたら反応するかもしれません。

寝返り期からおすわり期

寝返り期からお座り期では、筋肉がつき、うつ伏せの姿勢で周りを見渡せる赤ちゃんが増えてきます。寝返りすることで、視界が変わり興味の幅が広がってきます。

寝返りの練習をさせることも運動機能の発達を促しますが、中には寝返りが好きではない赤ちゃんもいます。「寝返りをしないでお座りした!」なんていう赤ちゃんの話も聞きます。個人差がありますので、無理のない範囲で練習しましょう。

この時期はパパママの手の指を握らせた腕の屈伸運動や、赤ちゃんの足首を持ち屈伸運動がおすすめです。足の屈伸運動は、おむつ替えの時にじっとしていられない赤ちゃんにおすすめです。歌を歌いながらリズミカルに足の屈伸運動をして、合間をみてさっとおむつ替えができるといいですね。

ハイハイ期から歩き始め期

ハイハイ期から歩き始め期は、赤ちゃんは興味のある方へ自分で移動しようとします。手や足の力も強くなってきます。

この頃はハイハイで鬼ごっこやつかまり立ち、つたい歩きの練習もできます。周囲の安全をよく確認してから行ってくださいね。

また、赤ちゃんが立てるようになったら、立ったままで腕の屈伸運動ができるようになります。パパママの手の指を握ってもらい、交互に腕の曲げ伸ばしをしましょう。

足の力を強くするためには足のキック運動をします。赤ちゃんを仰向けに寝かせ足の裏をパパママの手で支えてあげてください。赤ちゃんに意識的にキックしてもらうように促し、歩く要領で交互に足を動かします。赤ちゃんのキックの力が段々強くなってくると少し嬉しくなります。

室内で乳児と一緒に楽しめる運動遊びは?

布団の上でコロコロ転がろう

布団の上をコロコロするのは大人でも楽しいですよね。赤ちゃんと一緒だともっと楽しいと思います。

でも、コロコロしたら赤ちゃんは急に止まれないものです。周りにクッションになるものを置いて、安全を確保してからやりましょう。

布団に横になり、両手、両足をくっつけて右、左とコロコロしましょう。

「こっちでーす」「あっちでーす」「ぶつけないでくださーい」などと声掛けをすると楽しいです。「いもむし」「しんかんせーん」など速度を変える声掛けも盛り上がります。

少し高さのあるものを置いて、その上に布団を敷けば坂になります。パパママがまず坂を登ったり下ったりする手本を見せましょう。赤ちゃんも最初はできなくても、段々できるようになります。
26 件

ライター紹介

teniteo WEB編集部

この記事のキーワード

ピックアップ記事

関連記事

  • テニ-とテーオ
  • teniteoHOME
  • teniteoSCHOOL
  • teniteoPHOTO
  • teniteoWEAR
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • teniteoBRAND
  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • ハハノワ2019
  • 月明かりの映画祭2018
  • キッズハロウィンパーティー2018
  • クリスマスプロジェクト2019
  • teniteoSNAP
  • teniteoSEMINAR
  • 2040pj
  • teniteoFC