就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

5歳の男の子が甘えん坊で困っていますいつまで続くか教えて?

5歳の男の子が甘えん坊で困っていますいつまで続くか教えて?

5歳は甘えたい盛り!思う存分甘えさせよう

時には思う存分甘えさせてあげよう

5歳は幼稚園・保育園でいえば年中さん・年長さんで、集団生活の中で社会性を身に付けはじめる時期にあたり、生活面でもおむつが取れたり、言葉を覚え始めたりと、目に見えて成長が実感できる年齢ですよね。

産まれてからしばらくの間、ママから片時も離れることなく育った男の子が家庭以外で過ごす時間が長くなってくると、5歳とはいえ、というよりも5歳だからこそ、知らず知らずのうちにストレスが溜まっているはず。子どもはストレスが溜まっていることを認識できず、それを言葉で表現する術もありません。そこで、ママに抱き付く、膝に座るなどのスキンシップによって、不安や寂しさを体で表現するのですから、甘えん坊と決めつけるのではなく、思う存分甘えさせてあげましょう。

大げさなぐらいほめまくろう

男の子はとにかくママが大好き。寂しい時、困った時、嬉しい時、悲しい時、いつどんな時でもママがファーストチョイスで一切迷いがありません。男の子は自分のことを認めて欲しいという欲求が強い傾向があるため、「ママ、見て見て」「ママ、これなぁに」「ママ、抱っこして」などママに構って欲しい一心で甘えのサインを出し続けます。

子どもが甘えるのは親に認めてもらいたい、自分のことをいつも見て欲しいという気持ちの現れです。子どもにとっては愛情の確認をする行為ですから、甘えない子どもはいないと言っても過言ではありません。そんな時は面倒くさがらず、わずかな時間でも相手をしてあげて些細なことでもほめまくると、ママに認められた安心感で心が満たされるのです。

自然に離れるまで温かく見守ろう

「5歳で、こんなに甘えん坊で大丈夫かしら。男らしくないし、マザコンになったら困るわ」と男の子の甘えについて、この状態がいつまで続くのか知りたくてネット検索をしているママが実に多いことに気付かされます。

先輩ママからのアドバイスを見ていると、甘えるのをやめさせた方がいいという意見は少数派で、ダメなことはダメと言い聞かすことは必要ですが、時間の許す限り甘やかしてあげましょうという意見が大半を占めています。

男の子はある年齢を過ぎるとママと距離を置く様になり、友達が増えるに連れて自然に離れていくからというのが、その理由です。ママを慕ってまとわり付いてきた頃を懐かしむ意見が多いだけに、甘えてくるうちは、たっぷり甘えさせてあげましょう。

まとめ

男の子は強くたくましく育って欲しいというのが親心ですが、5歳であれば女の子の方が体も強く、言葉の発達も早い傾向にあります。私も息子に対しては同性として強く当たってしまいがちですが、恐らく子ども時代の自分も通ってきた道なのでしょうし、それを棚に上げて息子が甘えん坊でママにべったりなところばかりを見て心配していても仕方ないのだと認識を改めました。

子どもが甘えてくるのは自分が愛されているかどうか愛情を確認する行為であり、5歳の男の子が甘えてくるのは自然なことなのです。男の子はとにかくママが大好きです。ほんの少しの時間でもいいので甘えさせてあげて、愛情のキャッチボールをしてあげましょう。
28 件

関連記事

この記事のキーワード

ピックアップ記事



  • 月刊ポピー
  • テニ-とテーオ
  • teniteoBRAND