就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

ひとりっ子育児を楽しむ!親としての心構えと育児が辛いときのヒント

ひとりっ子育児を楽しむ!親としての心構えと育児が辛いときのヒント

「ひとりっ子宣言」をすると気持ちも楽に

ママ友や身内から「そろそろ2人目作らないの?」「兄弟作ってあげた方がいいよ」などというように声をかけられる度に、あいまいにごまかしているというママいることでしょう。相手としては悪気はないものの、何度もいわれると気分が悪くなりますよね。

思いきって「ひとりっ子宣言」をすると、ママの気持ちも楽になるかもしれません。たとえば「うちはパパと話し合って、ひとりっ子と決めているの」というように、はっきりと宣言するともう聞かれることはないことでしょう。

ママが今そばにいる子どもを大切に育てていることが伝われば、相手もこれ以上は言ってこないはずです。ママの返事の仕方一つで自分の気持ちを守ることができますよ。

周りの意見に惑わされずに自信を持とう

周りから何かある度に「ひとりっ子だから仕方ないね」「ひとりっ子だからかわいそうね」といわれると、「ひとりっ子ってそんなに悪いの?」とママ自身が感じることもあるでしょう。

実際専門家によると、「ひとりっ子だからこういう風に育つということはなく、子どもが何人であろうと、親の考え方や子どもの資質が子どもの人格形成に影響をおよぼす可能性が大きい」とのことです。

ママは子どもがひとりっ子であることに引け目を感じることなく、自信を持って子育てに励んでいくようにしたいですね。親子で一緒に泣いたり笑ったりしながら様々な経験をすることにより、親子の絆を深め、よりよい信頼関係を築いていくことができますよ。

自信を持って楽しく子育てをしていきたいですね。

まとめ

今回は、ひとりっ子育児のメリットとひとりっ子育児をする上で大切なポイント、ひとりっ子育児を辛く感じるときの対策などについてお話ししましたが、いかがでしたか?

周りからひとりっ子であることを指摘されると、なぜか批判されているような気持ちになり、居心地が悪く感じるママもいることでしょう。しかしひとりっ子だからかわいそうということは決してありません。

ひとりっ子育児のメリットを活かし、子どもを大切に育てていきたいものですね。
26 件

関連記事

ピックアップ記事



  • 月刊ポピー
  • テニ-とテーオ
  • teniteoBRAND