就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

幼児期のミルクはいつまで続けるの?飲ませ方や飲まない場合の対処法

幼児期のミルクはいつまで続けるの?飲ませ方や飲まない場合の対処法

離乳食に慣れてくると、そろそろ卒乳が気になりはじめます。でも離乳食だけでしっかり栄養が取れているのか心配だったり、ミルクが好きでよく飲んでくれる子がいたり、卒乳のタイミングは難しいですよね。ここではミルクはいつまで飲み続けるのか、どのように飲ませるのがよいのかなどを見てみましょう。

幼児期のミルクの種類や量について

粉ミルクとフォローアップミルクの違いとは

粉ミルクは、生まれて間もない赤ちゃんが飲むためのミルクなので、消化しやすく、栄養価も新生児に合わせて作られています。この時期は粉ミルクが主食なので、粉ミルクはより栄養バランスを考えて作られているといえます。

フォローアップミルクは、ある程度大きくなった赤ちゃんが離乳食と一緒に飲むので、食事で足りていないだろうと思われる鉄分やカルシウムなどを補えるように作られています。フォローアップミルクは食事の中心ではなく、食事の補助、いわば牛乳の代わりなのです。

だからといって、離乳食開始と同時に無理にフォローアップミルクに切り替える必要はありません。粉ミルクのほうが好きな子なら、そのまま粉ミルクを飲ませてあげましょう。

幼児期のミルクの量について

9~12カ月ころの子が飲むミルクの目安は、1日450〜600ml、1歳では400mlです。数回に分けてあげます。

ただ離乳食をしっかり食べることがのぞましいので、ミルクの量が多すぎて離乳食が食べられないということのないように気をつけましょう。400ml飲んだら離乳食が食べられない子もいますので、子どもに合わせて量を調節したいですね。

8カ月を過ぎると料理に牛乳を使うこともできます。牛乳が飲めるようになれば、粉ミルク、フォローアップミルク、牛乳、どれを飲んでもよいですが、離乳食があまり進んでいない子や、レバーや赤身の魚など鉄分を含む食材を食べない子は、牛乳よりも鉄分の多いフォローアップミルクで栄養を補ってあげましょう。

幼児期におすすめのミルクを紹介

おすすめのフォローアップミルクを紹介します。

・和光堂 フォローアップミルク ぐんぐん
DHAを強化しています。50度程度のお湯でもサッと溶けて作りやすいです。

・明治 ステップ
カルシウムが多く、1日400mlで鉄分とカルシウムの推奨量を摂取できます。ほんのり甘みがあるので飲みやすいです。

・ビーンスターク つよいこ
DHAと鉄分を特に多く含んでいます。あっさりとした味で食後に飲みやすいです。

・ アイクレオ フォローアップミルク
母乳に含まれるヌクレオチド・β-カロテンも含んでいます。あっさりとしていて飲みやすいです。

・森永乳業 フォローアップミルク チルミル
ビタミンや葉酸を多く含み、3種のオリゴ糖でおなかを健康にしてくれます。

幼児期の子どもがミルクを飲まない場合

ストローやコップを使ってみよう

ミルクを飲ませたいのに飲んでくれないときは、飲ませ方を変えてみましょう。食事の補助としてミルクを飲むのですから、哺乳瓶を卒業して、ストローやコップで飲む練習をはじめてみてはどうでしょうか。

哺乳瓶の上の部分だけを付け替えて、ストローやコップにできるものも販売されてますね。長く使えて経済的ですし、赤ちゃんも、慣れたコップなので持ちやすいでしょう。

例えばコンビの「teteoパーティマグ離乳ナビセットNeo」は、5カ月ころから乳首タイプの「マグベビー」、7カ月ころからスパウトの「マグスパウト」、9カ月ころからカップタイプの「マグカップ」とストロータイプの「マグストロー」があり、段階をふんでストローやコップ飲みの練習ができます。

離乳食やおやつに混ぜてあげてみよう

どうしてもミルクを飲んでくれないときは、離乳食やおやつに混ぜてしまうこともできます。クリームシチューにしたり、スープやお粥に入れてみたり、料理のバリエーションも増えますよ。

人気のメニューを紹介します。

・バナナシェイク
食べなれたバナナにミルクが入ってより甘く、クリーミーに。きっと赤ちゃんも喜んでくれます。

・ミルクゼリー
ミルクをいっぱい食べさせることができます。ご飯にはない食感なので、喜んで食べてくれますよ。

・シチュー
これ1品で野菜もお肉もミルクも食べられて、栄養満点ですね。

・クッキー
クッキーの生地にミルクの粉を入れれば、ミルククッキーになります。サクサクしていておいしいですよ。

吐いてしまうときは様子をみて病院へ行こう

ミルクを飲んだ後吐いてしまうときは、様子をみて病院へ行きましょう。赤ちゃんはもともと吐きやすいものです。吐いたからといって、すぐに病気だと心配する必要もありません。吐いた後に元気に遊ぶなど機嫌がよい場合は、食べすぎだったか、のどに何か詰まっていたのかもしれません。

でもミルクを飲むたびに吐く場合は、病院の先生に相談しましょう。ミルクが赤ちゃんに合っていないのかもしれませんし、アレルギーの可能性もあります。アレルギー用の粉ミルクもありますので、心配ありませんよ。

ミルクだけでなく、特定のものを食べると吐く場合は、アレルギーかもしれません。病院で検査することをおすすめします。下痢もその子の体に合っていないためかもしれないので、病院で相談してくださいね。

【先輩ママに聞きました】離乳期のミルクは何歳まで与えていましたか?

多くのママが悩む離乳期のミルク問題。先輩ママたちが我が子が何歳になるまで与えていたのかを聞きました。※テニテオ調査(n=100)

「1歳〜2歳ころまで」と回答したママの体験談

  • 最初は母乳のみでしたが、体重が増えず、小児科医の勧めもあって、混合に切り替えました。哺乳瓶だとなかなか飲んでくれず大変でした。スパウトマグだと飲んでくれるようになり、その後はストローに切り替えました。
  • 母乳でした。ミルクは夜中に起きて作らないといけないので母乳でと思っていましたが、夜中も授乳で起きていたので常に寝不足。これが一番辛かったし困りました。ミルクの方がたくさん飲んでくれて寝てくれたのかも・・・と今となっては思います。

「6カ月以降〜1歳ころまで」と回答したママの体験談

  • 離乳食始める前は母乳メインの混合で育てました。 離乳食を食べるようになってからはミルクのみその後、1歳になりフォローアップミルクに切り替えましたが牛乳が飲めるようになってからは牛乳の方が好きみたいでほとんどフォローアップミルクを飲むことがなくなりました。 余ったミルクやフォローアップミルクは料理などで使用はしてみましたが使い切る事が出来ずに捨ててしまい勿体ない感じがしました。 もう少し少量パックで販売されているといいのになぁと思った事があります。また缶ゴミが増えてしまうのも困りました。
  • 母乳のみで、フォローアップミルクを使うこともなく離乳食が進んでいったのであまり困ったことはありませんでした。子どもがある程度大きく元気に育っているなら考えすぎることもないのかな?と思います。2

「その他」と回答したママの体験談

  • 預けることも想定して、混合で育てたかったのですが、うちの子供たちは母乳以外を嫌がったのでミルクも補助栄養も一切使いませんでした。ただ、母乳は2人とも一歳半くらいまで飲んでおり、ご飯をモリモリ食べていた娘は健康でしたが、ほとんど離乳食を食べようとしなかった息子は貧血の検査で引っ掛かって鉄剤を出されました。
  • 母乳が出すぎて困るくらいだったので、ミルクは使いませんでした。栄養は離乳食と母乳でとれると思っていたので、補助食品も特につかっていません。

■編集部コメント

母乳で育てたママも混合のママもミルクのママも、離乳期に悩んでいる様子が分かりますね。ミルクと離乳食をバランス良く取り入れたいところですが、我が子の個性で難しいこともあると思います。焦らず気長に離乳できるようにやっていきましょう。

続いてのコーナーでは、メーカーが推奨するミルクの目安についてやミルクの代用品についてをお伝えします。
38 件

関連記事

この記事のキーワード

ピックアップ記事