就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

ワーキングマザーが気になる時短勤務!賢い活用で公私ともに充実を

ワーキングマザーが気になる時短勤務!賢い活用で公私ともに充実を

積極的に周囲とのコミュニケーションを

周囲とのコミュニケーションを図ることは、業務を円滑に行う上で基本的なことではありますが、特にスムーズな時短勤務を実現するためには必要不可欠です。

コミュニケーションをしっかり取っていると、信頼関係が深まりますよね。自分が携わっている業務についての定期報告はもちろん、直接業務とは関係のない雑談を積極的に交えることも有効です。

信頼の置ける関係性が築けていれば、急な休みに対するフォローや、ミスが起こった場合のカバーなど、気持ちよく対応してもらいやすいでしょう。もちろん、助けてもらったら感謝の言葉は忘れないようにして、ほかのメンバーが同様に困っていたら、そのときは気持ちよくサポートするようにしたいですね。

パパとの話し合いは必要不可欠

ママだって外で働いているのに、気がつけば保育園の送り迎えや家事の分担など、ママばかりの負担となってしまって、ママの大きなストレスになっているというケースは少なくないようです。

たしかに時短勤務では、フルタイム勤務よりは、家事や育児に取り組む時間を長く取れるかもしれません。しかし、実際には、勤務する時間が少し短くなっているだけで、専業主婦の生活とは違います。そのため、パパにも「共働き家庭である」という認識はしっかりと持ってもらいたいですね。

ママがストレスなく働くためには、パパとの話し合いが必要不可欠です。夫婦ともに仕事をしながら、家事や育児にきちんと取り組むためにも、夫婦で平等に役割分担できるよう話し合ってみましょう。

まとめ

時短勤務の場合は、限られた時間で仕事を効率よくこなす必要があり、パパや周囲のサポートが不可欠です。円滑に仕事や家事をこなすためには様々な工夫が欠かせませんが、子どもと向き合う時間が持てるようになる点は、働くママにとっての時短勤務における大きなメリットとなるでしょう。

時短勤務は公的なものと、企業独自のものがあるため、自分にとって有益となる方法をしっかりと調べて、仕事と家庭の両立を目指したいですね。
26 件

関連記事

ライター紹介

teniteo WEB編集部

ピックアップ記事