就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

赤ちゃんと一緒にできる仕事の探し方。メリットやデメリットもご紹介

赤ちゃんと一緒にできる仕事の探し方。メリットやデメリットもご紹介

ママが働くためには、子どもをどこかに預ける必要がありますよね。でも、保育園に入れない…預けて大丈夫かな…など悩むママも多いと思います。そこで、赤ちゃんと一緒にできる仕事があるのをご存知ですか?赤ちゃんと一緒にどんな仕事ができるのか、どこで見つけられるかなどをご紹介していきたいと思います。

赤ちゃんと一緒にできる仕事ってあるの?

赤ちゃんと一緒にできる仕事はあります!

女性の社会進出が進み、共働き世帯が多い今の世の中。赤ちゃんがいても「働きに出たい」と思うママは少なくないと思います。

ママが働きに出るためには、赤ちゃんを誰かに見ていてもらう必要がありますよね。身近な親族に預けるか、保育園に入れることが一般的な方法ですが、「預けても大丈夫かな」「保育園代はいくらかかるんだろう」など、悩みもでてくると思います。

そこで、赤ちゃんを預けなくても働く方法があるのをご存知ですか?それは、赤ちゃんと一緒に働くという方法です。

赤ちゃん連れで仕事ができる企業は、現在多くはありませんが中小企業を中心に増えつつあります。業種もいろいろなものが募集されているので、自分に合った仕事を探してみるといいでしょう。

赤ちゃんと一緒のメリット

では、赤ちゃんと一緒に働くことのメリットはどんなものがあるでしょう?いくつかご紹介していきます。

・ずっと一緒にいられる
赤ちゃんを預けることが心配、寂しいと感じるママもいるのではないでしょうか。赤ちゃんを連れて行ける仕事だと、ずっと近くで赤ちゃんを見守ることができますよ。

・時間に余裕ができる
例えば保育園に預けると、送り迎えの時間に合わせて行動しないといけませんよね。出勤が赤ちゃんと一緒であれば、時間に追われることが減るでしょう。

・預けるお金がかからない
ママが働く理由が経済的なものである場合、これは大きなメリットです。保育園代やその他雑費がかからないため、稼いだ分をそのまま生活費にあてることができます。

赤ちゃんと一緒のデメリット

反対に、赤ちゃんと一緒に働くからこそのデメリットもあります。働くときの参考にしてくださいね。

・仕事だけに集中できない
赤ちゃんを預けていれば仕事だけに集中できますが、一緒だとそうはいきません。赤ちゃんのお世話をしながら、うまく仕事を進めていく必要がありますよ。

・赤ちゃんが環境に馴染めるか
赤ちゃんが過ごす職場の環境によっては、赤ちゃんが慣れずに不安を感じてしますこともあります。また、大人が多い環境では風邪などの病気をもらうことも考えられるので、健康面での注意も必要です。

・仕事仲間の理解が必要
職場で赤ちゃんが騒いでしまうこと、仕事を中断して赤ちゃんのお世話をすることを、周りの人たちに理解してもらう必要があります。

赤ちゃんと一緒にできる仕事はどんなもの?

託児所併設の職場、仕事

赤ちゃんと一緒にできる仕事で最も求人が多いのは、託児所が併設されている職場でしょう。

託児所が職場内にあれば送り迎えも楽になりますし、場所によっては保育費が割安で受けられる場合もあります。託児所が併設されている職場で多いものを以下にご紹介していきますね。

・病院
看護師や医師など専門的な職業の人だけではなく、事務などの仕事でも赤ちゃんを預かってくれる病院もあります。

・託児施設
保育園や幼稚園以外に、子どもを預かるサービスを行う認可外の託児施設で働く場合、自分の子どもも一緒に預けることができます。

・介護施設
介護施設で託児所が併設されていることも多く、高齢の方と赤ちゃんが接する機会もあり楽しいかもしれませんね。

赤ちゃん連れでできる仕事

赤ちゃんを連れたままで働ける職場というのもあります。あまり多くはありませんが、いくつか例をご紹介していきますね。

・宅食の配達
ワタミの宅食が有名ですが、車を使って配達をするため赤ちゃんを連れたまま仕事ができます。歩合制であることが多く、配達が終われば昼で帰ることもできます。

・一部企業
子連れ出勤ができる柔軟な働き方にシフトしている企業が増えつつあります。例えば、授乳服メーカー「有限会社モーハウス」、体験ギフト事業を行う「ソウ・エクスペリエンス株式会社」などがあり、子育て中のママが活き活きと働いています。

・清掃
マンションやホテルなどの清掃の求人では、子連れ歓迎の場合もあります。特に今は民泊の清掃の求人が多く出ています。

赤ちゃんをお世話しながらできる仕事

最後に、赤ちゃんを連れて働きに出るのとは少し違った考え方になりますが、赤ちゃんをお世話しながら自宅で仕事をする、在宅ワークという働き方があります。内職などの軽作業もありますが、現在はクラウドソーシングが主流です。

クラウドソーシングとは、企業や個人が不特定多数の人に業務を発注するということで、簡単なデータ入力から専門知識が必要な翻訳まで、多種多様な仕事が募集されています。クラウドソーシングサイトを見て、自分ができそうな仕事があるか探してみるといいでしょう。

また、手芸や絵などの自分のアート作品をネットで売るという、アート作家という働き方もあります。ただし、在宅ワークは単価が低いことが多いため、よく考えて始める方がいいでしょう。

赤ちゃんと一緒にできる仕事の探し方

マザーズハローワークで相談する

赤ちゃんと一緒にできる仕事の一例をご紹介しましたが、自分の住んでいる地域で仕事を探すのであれば、まずはマザーズハローワークで相談するのがおすすめです。

マザーズハローワークとは、子育てしながら求職する女性に対し、地方公共団体などと連携し、再就職支援を行う国の無料職業紹介機関のことです。地域によってはマザーズコーナーという名称になっています。

現在は、マザーズハローワーク21カ所、マザーズコーナー178カ所が全国47都道府県に設置されています。相談窓口にはベビーチェアやキッズコーナーが用意されているので、子連れでも安心して相談に行くことができますよ。

マザーズハローワークに登録すると求人検索ができますが、マザーズハローワークでの求人には先ほど紹介したような、子育て中のママに理解のある企業が多く掲載されています。ママに合った仕事が見つけやすくなっていますよ。

また、求人情報だけでなく、就職支援セミナーやパソコンセミナーなども行われているため、久しぶりに働くことが不安なママでも相談に行ってみるとよいですね。

ネットの求人サイトで探す

マザーズハローワーク以外では、ネットのママ向けの求人サイトを利用すると探しやすいでしょう。いくつかおすすめのサイトをご紹介します。

・ママジョブ
ママや主婦の働句を応援するサイトで、ママの求人、在宅ワーク、副業、子育て支援情報などが掲載されています。正社員でなくても働きたい、どんな働き方があるかを模索している方におすすめです。

・リクルートスタッフィング
業界トップクラスの仕事数がある派遣登録サイトで、大手企業が多く掲載されています。また未経験OKの仕事も紹介されているためママも探しやすいでしょう。

・はたらこねっと
大手の派遣登録サイトです。サイト内の「はたらこママ派遣」で検索すると、託児付きや時短勤務ができる企業などが探しやすくなっています。

・女の転職@type
首都圏を中心に、主に正社員で働きたい女性のための転職サイトで、育児と仕事の両立、子育て応援など子育て中のママが働きやすい条件で検索ができます。転職イベントや実際に働く女性の意見などの情報を得ることができます。

まとめ

赤ちゃんと一緒に働くことのメリットデメリット、どんな仕事があるのか、どこで探せるのかについてご紹介しましたがいかがでしたか?かつて、女性は子どもを産んだら家庭に入ることが主流でしたが、今はママになっても様々な働き方が選べる時代です。

ママになったからこそ輝ける職場もあると思いますので、周りとよく相談して働くことを考えてみてくださいね。そして赤ちゃんの成長を見守りつつ、ママが笑顔で働けるような職場が見つかるといいですね。

関連記事

この記事のキーワード

ライター紹介

teniteo WEB編集部

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoWEAR
  • テニ-とテーオ
  • teniteoSHOP
  • 【名古屋】月あかりの映画祭2018
  • 【宮城】月あかりの映画祭2018