就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

【東京】モルモットやウサギたちとふれあおう「足立区生物園」

【東京】モルモットやウサギたちとふれあおう「足立区生物園」

動物とふれあって子どもに動物愛を育んでほしいと思いつつも、都内ではペットを飼えない家庭も多いですよね。そんなときは動物園の「ふれあいコーナー」へ行ってみませんか?足立区にある広大な「元渕江公園」の中には「生物園」があります。こちらでは実際にモルモットやウサギ、ヤギとふれあうことができるんですよ!

「足立区生物園」は元渕江公園内にあります

遊具広場もあるので一石二鳥!

元渕江公園は広々とした公園なので、ピクニックや外遊びにも最適です。遊具広場でひと遊びしてから生物園へ向かう流れが自然なコースになりそう。

遊具をスルーして先に生物園へ向かうのは遊び盛りの子どもには難しいので、思いっきり遊ばせちゃいましょう!

生物園の中も歩くようになるので、子どもの体力に合わせてベビーカーや抱っこひもを準備してくださいね。

園内ではベビーカーを利用可能です。預けることもできてカギもつけられるので安心!施錠が必要な場合は受付に声をかけてください。

また、貸し出し用のベビーカーもあります。子連れファミリーにうれしい気遣いですね!数に限りがあるので、こちらも受付で確認してみてください。

哺乳類から鳥類、爬虫類、魚類までたくさん

いろんないきものがいるよ!

園内にはネコやサル、カンガルー、インコ、カモ、ヘビ、魚、昆虫…とたくさんのいきものがいます。このボリュームで入園料300円(大人)は安い!未就学児は無料なので気軽に足を運ぶことができますね。

年間パスポートも1200円とおトクなので、近くに住んでいるならぜひパスポートをゲットしてみて!

虫やチョウを間近で観察しよう

昆虫は専用のドームに入って観察できます。めったに見られない昆虫たちの姿に子どもは興奮間違いなしですが、繊細ないきものなのでやさしく接してあげてくださいね。

夏にはみんな大好きカブトムシもいます!カゴの中ではなく自然の中で生きる昆虫はなんだかのびのびとしているように見えますね。

温室にはチョウもいます。お花とチョウの組み合わせがなんとも美しい!

いろんな種類のチョウがいるので探してみてくださいね。

ふれあいコーナーで実際にさわってみよう

ふれあいコーナーは時間制です

今回の目玉、モルモットやウサギにさわれる「ふれあいコーナー」は時間制となっています。詳しくは園内のボードで時間を確認してください。

ではさっそく実際にふれあってみましょう!

まずはエサをあげてみます

草や専用のエサが売っているので、エサをあげてみたい人は購入してみましょう。初めての体験ならドキドキすること間違いなしですね。

ふれあえるのは穏やかな性格の動物たちなので、噛みついたりする心配はなさそうです。

ヤギさんがグーンと顔を出してきました!手のひらにのせてそっと近づければ、パクッと上手に食べてくれます。大きな動物を怖がる場合は、モルモットやウサギなど小さな動物からエサをあげてみるとよいかもしれません。

最初は緊張するかもしれませんが、食べてくれたあとはきっとうれしさでいっぱいになるはず。いろんな動物にエサをあげてみましょう!

だっこしたりさわってみよう

モルモットたちが並んでいる姿がたまらなくカワイイ!スタッフさんにコツを教えてもらいながら、なでたりだっこしたり、たっぷりふれあってみてくださいね。

動物とふれあうことで癒し効果もありそうです。ママやパパもほっと一息ついてみては?

動物とふれあったあとはしっかり手を洗いましょう。子どもは指を口にくわえたりしがちなので、動物にさわったあとは少し注意をした方がよさそうです。

売店コーナーや授乳室もあります

園内には売店があります。販売しているのはお土産グッズが中心なので、食品類はコンビニで調達してから足を運んだ方がよいでしょう。付近にコンビニはないので、駅などで先に買っておくのをおすすめします。

飲み物は自販機があるので問題なさそうです。子ども用ドリンクがあるのはうれしいですね!

授乳室、おむつ替えスペースがあるので困ったときはこちらを利用しましょう!

「足立区生物園」までのアクセス

交通機関を利用される方

東武スカイツリーライン「竹ノ塚駅」の東口から徒歩約20分。徒歩は距離があるので、バスを利用することをおすすめします。バスの場合は複数の駅から向かうことができます。

・竹の塚駅東口から綾瀬行き、花畑団地行き「保木間仲通り」下車徒歩5分
・綾瀬駅西口から花畑団地行き「保木間二丁目」下車徒歩3分
・六町駅から竹の塚駅東口行き「足立総合スポーツセンター前」下車徒歩6分
・北千住駅西口から竹の塚駅前行き「保木間仲通り」下車徒歩5分

車でお越しになる方

専用駐車場が二カ所あります。公園沿いではなく少し離れたところにあるので注意が必要です。
・第一駐車場(足立区保木間2-22-1)駐車台数19台
・第二駐車場(足立区保木間2-6-9)駐車台数10台
※いずれも有料(100円/30分、日最大料金600円)になります。

まとめ

子どもにとって「いきものとふれあう」ことは動物愛を育むだけではなく、人間とは違った「いのち」にふれられる大切な機会でもあります。

自然と動物にたくさんふれることで感受性豊かな子どもになってほしいという願いを込めつつ、気軽に足を運べる足立区生物園で親子の時間をゆったりと過ごしてみてくださいね!

足立区生物園(あだちくせいぶつえん)

東京都足立区保木間2-17-1

03-3884-5577

9:30~17:00(2月~10月)
9:30~16:30(11月~1月)
※閉園時間の30分前までに入場
※足立区が定める夏休み期間中は、17:30まで開園

月曜日※休日及び都民の日(10月1日)は開園し、翌平日に休園 年末年始(12月29日~1月1日)

0歳以上

大人(高校生以上) 300円
小人(小中学生) 150円
※未就学児は無料。70歳以上・障害者(+介助1名)の方は証明書提示で無料。

http://seibutuen.jp/

ベビーカー入場可、おむつ交換台・授乳室有、駐車場、弁当持込可

ライター紹介

teniteo WEB編集部

関連記事

この記事のキーワード

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoHOME
  • teniteoWEAR
  • テニ-とテーオ
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • ハハノワ2019
  • クリスマスプロジェクト2018