就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

おうちでズボラエクササイズ!テレビを見ながら運動不足を解消しよう

おうちでズボラエクササイズ!テレビを見ながら運動不足を解消しよう

「うちで過ごそう!」といわれるようになって、なんだかメリハリのない生活になったと感じるママはいないでしょうか?子どもが小さいと毎日てんやわんやで疲労がたまっているママもいるかもしれません。そんなときは軽いエクササイズを取り入れて、前向きな気持ちで1日を送れるようにしてみましょう。

おうち時間が長いママは運動不足

運動してないのに疲れる主婦生活 

おうち時間が長い専業主婦は、かつて「家に居られて楽ね」などと言われたものですが、実際になってみるととんでもない誤解だということを身をもって感じますよね。掃除に洗濯、買い物や料理に子育ても加わると体力勝負といわれるのもうなずけます。

これといった運動はしていないけれど、夕方にはどっと疲れが出てしまいます。一つの家事は大したことがなくても、子どもに気を使ったり家事を効率よくするための計画をしたりすることも加わると身も心も疲れるものです。

しかし、家事をすべてこなしていても、運動量を考えるとそれほどでもありません。年数がたてば代謝も悪くなるので、同じ生活を続けているといつのまにかふくよかに…なんてこともありますよね。

積極的なエクササイズは疲労回復にもなる 

もしも疲れてしまったら、ママはどうしますか?子どもがお昼寝中、夕食の後片づけが終わったら、ゴロンと横になってテレビを見たり、楽な姿勢で雑誌を読んだりするのではないでしょうか。

ただ、こうした休息はこまめにとっているつもりでも、体のだるさが抜けないときがあります。じっとしてるだけだと血流が悪くなり、逆にコリやむくみ、だるさなどを引き起こしてしまうことがあるからです。

疲れたときこそ、軽い運動をして疲労を回復する方法があります。運動不足を感じているママも、運動が苦手なママもすぐできる、ズボラさん必見のながらエクササイズをご紹介します。簡単でも効果抜群なので、ぜひ毎日の運動習慣として取り入れてみてくださいね。

テレビを見ながらエクササイズしよう

意外と難しい直角ポーズ

テレビを見ていると、いつの間にか背中が丸く、姿勢が悪くなっていることはないでしょうか。座っている姿勢を劇的によくする方法をご紹介しますね。

①壁を背にして床に座ります。このとき、おしりが角にはまるようにしっかり奥に座ってください。

②足を前にまっすぐ伸ばし、背筋を伸ばします。背中がべったりつくように意識してみましょう。

③このまま、しばしテレビなど見てください。疲れてくると肩が壁から離れていきますので、気がついたら姿勢を正すようにしてみましょう。

やりかたはシンプルですが、思った以上にできないものです。慣れてきたら壁から離れてやってみましょう。長座というポーズですが、骨盤を床と垂直に立てるのがポイントです。さっそく試してみましょう。

足をバタバタ腹筋エクササイズ

スマホ操作や読書をしていて、座って前かがみになると気になるのがお腹ですよね。視線を落とすとお肉が余ってポッコリしているのが悩みの種です。

腹筋は筋肉の中でも鍛えた効果が出やすく、たくさんのエクササイズがあります。腹筋があればたるみも抑えることができますよ。

①ソファや壁などに軽く寄りかかり、両足を伸ばして30cmほど浮かせます。

②足を浮かせたまま足をバタバタ動かします。上下、左右にリズミカルに動かしてみましょう。最初は1分、次は2分と時間を長くしていきましょう。

本を読みながら、テレビを見ながら行うことができますよ。慣れてきたら寄りかかるのをやめて、腹筋だけの力で足を浮かせてみましょう。そのときは背中が反らないように注意してください。

ズボラポーズからのサイドプランク

座るのもおっくうになると、床にゴロン。横になって頭を支えるポーズ、してしまいますよね。つまめるスナックなどあれば最高ですが、それこそ美容のためには危険な行為といえるでしょう。

それでもこのズボラポーズがやめられない!というママは、ここからサイドプランクというエクササイズに発展させましょう。ダラッとしているママが急にサイドプランクをはじめたらパパもびっくりしますね!

①横になって肩肘をつき、頭を支えます。反対側の手は腰に当てておきましょう。

②頭から足先までをまっすぐに整えます。頭を支えていた手を外して、前に置きます。

③お腹の力を使って腰をゆっくり床から浮かせます。3秒かけて浮かせ、3秒止まる、また3秒かけて下ろすようにしましょう。

ながらエクササイズのコツ

人はなぜ何かをしながらエクササイズをしようとするのか…それは日ごろの運動不足を解消したいけれど、まとまった時間が取れない、さらには今しているその行為に罪悪感を感じている…なんてことはないでしょうか。

テレビを見ながら「あぁまた私サボってるな…」なんて思う必要はないのですが、なんとなく怠けているような気がしてしまうのです。そんなとき、姿勢を正したり、腹筋をしたりすることが、罪悪感を払しょくしてくれます。

いきなりハードなエクササイズにする必要はないので、まずは「コマーシャルの間だけ」「このページが読み終わるまで」など自分なりのルールを決めて、ながらエクササイズに取り組んでみましょう。ながらではありますが、短時間でも習慣にすることで効果がありますよ。

まとめ

エクササイズで一番難しいことが「はじめる」そして「続ける」ことです。誰でも1回はやってみようと思うのですが、なかなかやるチャンスがなかったり、一度やって満足してしまったりするからです。

忙しいママたちのためには、まず「はじめる」ハードルを下げて「続ける」きっかけを作るのが大事だと思います。テレビを見たら、スマホや雑誌を手に取ったら、エクササイズのことを思い出して「しょうがないな~」と思いながらも実践してもらえたらうれしいです。
20 件

関連記事

ピックアップ記事

  • テニ-とテーオ
  • teniteoBRAND
  • フリーペーパーテニテオ愛知版