就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

共働き家計のお金の管理。夫婦で収支を把握して貯金を増やそう!

共働き家計のお金の管理。夫婦で収支を把握して貯金を増やそう!

夫婦で共働きをしていると収入が多いはずなのに、なかなかお金が貯まらないと悩んでいる方も多いでしょう。また、夫婦で毎月どのくらいお金を使っているのかを知らないという方も…。ここでは、共働きをしているのにどうしてお金が貯まらないのかや、貯金の方法などをご紹介します。

共働き家庭なのにお金が貯まらない理由

忙しいのを理由にしてお金の管理が甘い

共働き夫婦は買い物に行っても「次いつ買い物に行けるか分からないから今日はたくさん買っておこう」と予算を決めずに買い物をしたり「今月は仕事で忙しかったからご褒美にほしいものを買おう」と自分へのご褒美にお金を使ったりなど、仕事や育児に忙しいことを理由にお金の管理が甘くなっていることはありませんか?

お金は毎月「◯◯円までは使ってもよい」などと予算を決めないと、毎日の忙しさから「考えるのも面倒くさいし買っちゃおう」と財布のひもがゆるくなりがちです。お金の管理は、毎月どのくらいのお金を使っているのかをまず確認し、忙しくてもなににお金を使っているのかをチェックすることが必要ですよ。

1日の終わりに家計簿をつけたり、レシートをまとめたりするとよいでしょう。

収入があるからと考えなしにお金を使いがち

専業主婦の方はパパの収入しかないので、毎月の食費は◯◯円、衣類は◯◯円など、それぞれの予算を決めてお金を使っている方が多いです。しかし、共働き夫婦の場合は夫婦どちらにも収入があるので「今日は外食しよう」「給料日だし買っちゃおう」などと、お金をたくさん使ってしまって貯金ができていない家庭はたくさんあります。

夫婦2人ともに収入があるからといって、なにも考えずに使いすぎてしまってはお金は貯まりませんよね。「仕事を頑張ったご褒美に」とお金を使うのもよいですが、「本当に必要なものなのか」とよく考えてからお金を使うようにしないと、一生懸命働いてもらったお給料をなにに使ったかも分からないまま使い切ってしまいますよ。

夫婦別財布で収支をお互いに把握していない

共働き夫婦の場合はお互いに収入があるので、財布が別の家庭も多いですよね。財布が別の夫婦は、家賃や保険料などの固定費はパパがだす、食費や光熱費、生活用品などはママがだすなどと役割を決めて、それ以外は自由にお金を使っているようです。

夫婦が別々の財布だと、収入はどのくらいあるのかやお互いなににお金を使っているのか、貯金はいくらあるのかなどが把握できないので、家などの大きな買い物をするときにお互いに貯金がないことが発覚し、もめてしまう夫婦もいます。貯金は夫婦で協力していかなければなかなか貯めることが難しいものです。

お互いの収入を確認、お金の使い道を把握することで、無駄使いしているところは節約して毎月どのくらい貯金するかを夫婦で決めましょう。

共働き家庭でお金が貯まる管理の仕方

収入を一つにまとめてお小遣い制にする

共働き夫婦で夫婦2人ともに収入があっても「貯金が全然ない」「貯金したいのにうまくできない」という家庭も多いですよね。夫婦が別の財布の方は、財布を一つにまとめてお互いにお小遣い制にすると、出費が減り貯金ができるでしょう。

友人の話では、夫婦が別々の財布だった頃はお互い自由にお金を使いすぎていて、貯金がほとんどできていない状態だったそうです。子どもが生まれて「これではだめだ」と焦り、思い切って財布を一つにまとめてお小遣い制にしたと話してくれました。

最初は、お小遣い制にすると制限があるのでストレスを感じることも多かったそうですが、慣れてくるとお小遣いのなかでどのようにお金を使うかを考えられるようになり、節約できるようになったといいます。

夫婦で収支を把握して話し合う機会をつくる

財布が別々だと「夫婦でお金の話しをするのは、なんとなく嫌」という方も多いかもしれませんね。しかし、現状を変えて毎月しっかり貯金をしていくためには、夫婦の収入を確認し、どのくらいのお金を毎月使っているのかを知る必要があります。

夫婦で毎月の家計管理のことを話し合う機会を作ることは、夫婦で貯金をしていくために大切なことですよ。話し合うことで「外食などで食費がたくさんかかっている」「なにに使ったか分からないお金がたくさんあるから、無駄使いを減らそう」など、2人で協力して節約しお金を貯められるでしょう。

先輩ママは、夫婦の財布を一つにまとめてからはお金の使い道について話すことが増えたそうです。話し合いながら夫婦で節約や貯金を楽しめていると話してくれました。

貯金の目標を立ててモチベーションを上げる

貯金は「家を買いたい」「子どものためにお金を貯めたい」など、なにか目標があるほうが頑張れますよね。夫婦で収支について話し合うときに、「◯年後までに◯◯円貯める!」と目標を立てると貯金へのモチベーションが上がってよいですよ。

「◯年後までに◯◯円貯める」と目標が決まったら、「毎月◯◯円ずつ貯めれば目標を達成できる」と具体的に毎月貯金するお金が確認できますよね。ただなんとなく貯金をすると「今月は貯金しなくてもいいか」と自分に甘くなってしまいますが、目標があると達成できるように節約などを頑張れますよね。

目標を決めると貯金が楽しみになってきます。一つの目標に向かって夫婦で助け合い、頑張って貯金しましょう。

貯金体質になるために取り入れたいアプリ

家計簿アプリの王道「マネーフォワード」

貯金の目標が決まっても、今まで貯金をせずにすごしてきた方は「なににお金を使いすぎているのか分からない」「どうやって家計を管理すればいいの?」など、家計管理が難しいと感じる方も…。家計管理をするためには、家計簿などをつけて収支を確認することが大切です。ここでは、スマホで簡単に家計簿がつけられるアプリをご紹介します。

・「マネーフォワード」
「マネーフォワード」は、家計簿アプリのなかでも使いやすいと人気のアプリです。いくつかある口座の残高をアプリのなかで一つにまとめることができ、クレジットカードの履歴なども自動で更新してくれるので、なににお金を使っているのかや貯金額をすぐに確認することができますよ。

節約をしたい人にぴったりな「貯まるメモ」

「毎月決まった貯金ができるように節約したいけど、節約方法が分からない」という方も多いですよね。節約したいという方にぴったりのアプリをご紹介します。

・「貯まるメモ」
「貯まるメモ」は収支の記録を簡単に入れられるだけでなく「ゆめ貯金」という機能があるのが特徴です。「ゆめ貯金」の機能は毎月使える金額を月ごとに設定できるので、使えるお金の範囲内でやりくりしてゆめのために貯金することができますよ。

アイコンもおしゃれなデザインで可愛いキャラクターも登場し、シンプルな機能で使いやすいので忙しいママたちにも人気のアプリです。「貯まるメモ」を使っているママは「ゆめ貯金」の機能を使ってから、節約しながら貯金することが楽しくなったという方が多いですよ。

レシートを読み込むだけで楽々「レシーピ」

「家計簿をつけたいけど、毎日バタバタしていて家計簿をつけるのを忘れてしまう」など、働いているママは仕事や育児で忙しいですよね。ここでは、レシートを簡単に読み込みするだけで家計管理ができるアプリをご紹介します。

・「レシーピ」
「レシーピ」は、その日買ったもののレシートをスマホで読み込みするだけで家計簿がつけられる、忙しいママにおすすめのアプリです。アルパカの可愛いキャラクターがレシートを読み込むたびに一言声をかけてくれるので、楽しみながら家計管理ができますよ。

また、読み込みをしたレシートから「NHKきょうの料理」で紹介されたレシピを教えてくれる機能もあります。「今日のご飯なににしよう?」と悩まずに済むので便利ですよね。

まとめ

共働きをしていて夫婦どちらにも収入があるのに、「家計簿をつけるのが面倒で、毎月使っているお金がどのくらいか分からない」「夫婦別々の財布のほうがお金を自由に使えるから楽」などの理由から家計の管理がうまくできず、収入があっても貯金できていない家庭はたくさんあります。

夫婦の財布を一つにまとめたり、夫婦で同じ目標を持つと貯金が楽しみになります。家計簿アプリなどの便利な機能を活用したりして工夫しながら貯金を進めていきましょう。貯金体質になれれば、節約も楽しみながらできますよ。

関連記事

この記事のキーワード

ライター紹介

teniteo WEB編集部

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoWEAR
  • テニ-とテーオ
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • ハロウィン2018
  • クリスマスプロジェクト2018