就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

子育てしながら英語力をアップしよう!読み聞かせや毎日使うフレーズ

子育てしながら英語力をアップしよう!読み聞かせや毎日使うフレーズ

子どもたちが大人になる頃には、英語との日本人の生活は切っても切れないものになっているかもしれないですね。きっと、子どもに英語を学ばせたいと思っているパパママは多いでしょう。そこで英語に慣れる方法、毎日使う基本的なフレーズ、おすすめの英語の本やアプリを紹介します。ぜひ、パパママも子どもと一緒に英語を学びましょう。

英語は「習う」より「慣れる」がポイント

バイリンガルも夢じゃない!

子どもには英語を話せるようになってほしいなーと思っているママは多いと思います。実際、子どもに人気の習い事や、子どもに習わせてみたい習い事では毎年「英会話・英語」が上位に入っています。

子どもには小学校までに英語に少しでも触れさせたいですよね。子どもが英語を楽しく身につける方法はあるのでしょうか?

英語を習得するには、習うより慣れることが大切です。とにかく、たくさんの英語のシャワーを子どもにかけて下さい。

「外国に留学すると、夢も外国語で見るようになる」という話を聞いたことはありませんか?留学は無理でも、毎日英語に触れることで英語に抵抗がなくなり、きっとバイリンガルも夢じゃなくなるでしょう。

子どもと一緒にステップUP

「英語は自信ないから、子どもに教えるなんて無理」と思っているママ、子どもが生まれたことを機に、英語を学び直してみましょう。子どもと一緒にアルファベットを練習する、英語の歌を歌うなどから、始めてみるとよいですね。

子どももママと一緒なら、楽しく英語を学ぶことができますね。リスニングは、毎日かかさず行っていると聞き取れるようになってきますので、外国の方と話す機会がなくても、親子で英語の動画やテレビ番組を積極的に見るとよいですよ。

子どももママが英語を上手に話しているのを見たら、きっとうれしいはずです。英語の絵本が読めるのも素敵ですね。

家族で英語を学んで、子どもと一緒にステップアップしましょう。

英語が好きな子どもに育てる

小学校でも英語の授業が始まりましたね。だんだん、英語は子どもが成長する上で避けては通れないものになってきました。子どもには、将来のために、授業に遅れないために、英語を好きになってほしい、たくさん学んでほしいと思いますよね。

英語は楽しいもの、と感じてもらえると好きになってもらえるでしょう。また、近くに英語を話せる方がいれば「〇〇さんと話せるようになる」とか「英語の歌を歌えるようになる」など、具体的な目標があるといいですね。

どうしても高校受験や大学入試になると筆記がメインで、漢字の練習のように単語をノートいっぱいに練習したという経験があるママもいるでしょう。筆記も大切ですが、子どものうちは英語の楽しさをたくさん体感してほしいですね。

毎日くり返し使う英語フレーズとは?

英語の挨拶で一日をスタート!

英語の朝の挨拶と言えば、Good Morning,〇〇.が一般的ですね。ぜひ、毎日のスタートに家族みんなで言ってみて下さい。

ほかに、朝使えるフレーズは、

It's time to wake up.または、It's time to get up.(起きる時間だよ。)
Did you sleep well?または、Did you have a good sleep last night?(よく眠れた?)
Take off your pajamas.(パジャマ脱いで。)
Let's get dressed.(着替えよう。)
Can you put away your pajamas.(パジャマを片付けて。)
などです。

覚えやすい食事の時の決まり文句

食事のときの決まり文句といえば、日本人が思い浮かぶのは「いただきます」「ごちそうさま」ですね。でも、アメリカなどでは無言で食べ始め、何も言わずに終わることも珍しくありません。

「いただきます」「ごちそうさま」の直訳はありませんが、代わりになるフレーズはあります。
Let's eat.(食べましょう。)
Dig in.(召し上がれ。)
That was delicious.(おいしかった。)
I'm done.(食べ終わりました。)
など、です。

また、
Smells good.(いいにおい。)
It's good.(おいしいね。)
Do you want more rice?(ごはんお替りする?)
なども使えるといいですね。

英語で楽しくコミュニケーション!

日常、子どもと使える英語のフレーズを紹介します。

英語では日本語の「行ってらっしゃい」に当てはまるフレーズはないので、次のフレーズを、時と場合によって使い分けます。
See you later.(また後でね。)
Take care.(気をつけてね。)
Have fun at school.(学校楽しんでね。)

「おかえりなさい」も直訳がないので、次のフレーズのように軽く声をかけることが多いです。
How was your day?(今日はどうだった?)
Did you have a good time?(楽しかった?)

ほかにも親子でコミュニケーションをとれる英語はたくさんあります。家族に合ったフレーズを探してみて下さいね。

苦手な方も始められる英語絵本の読み聞かせ

簡単な短いストーリーがオススメ

英語の絵本の読み聞かせ、ぜひ挑戦したいですよね。でも、絵本を選ぶポイントなど分からないと挫折してしまいそうです。では、どんなポイントに気をつけて、絵本を選んだらいいのでしょうか?

英語の絵本の読み聞かせは、短くて簡単なものから始めると、親子ともに挫折しにくいです。基本的なフレーズと単語のくり返しで、最後にちょっとしたオチもあって、英語が苦手な方も小さな子どもも飽きずに読めることが大切ですね。

シリーズの絵本などを選べば、全巻読み終えた後に「たくさん読めた!」という達成感が生まれ、ますます、英語が好きになること間違いなしです。

CDが付いている絵本もおすすめです。ママの発音練習にもなりますよ。
38 件

ライター紹介

teniteo WEB編集部

この記事のキーワード

ピックアップ記事

関連記事

  • テニ-とテーオ
  • teniteoHOME
  • teniteoSCHOOL
  • teniteoPHOTO
  • teniteoWEAR
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • teniteoBRAND
  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • ハハノワ2019
  • 月明かりの映画祭2018
  • キッズハロウィンパーティー2018
  • クリスマスプロジェクト2018
  • teniteoSNAP
  • teniteoSEMINAR
  • 2040pj
  • teniteoFC