就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

おじいちゃんは子どもに甘い?子育てを通した良い関係作り

おじいちゃんは子どもに甘い?子育てを通した良い関係作り

近年は「育ジイ」と呼ばれる、孫育てに積極的なおじいちゃんがふえています。おじいちゃんが子育てに協力してくれるのはありがたい一方、「孫に甘すぎるのでは?」と悩むママもいることでしょう。今回は、おじいちゃんが子育てにかかわってくれることのメリットやデメリット、良好な関係作りのヒントをご紹介します。

おじいちゃんとの子育てメリット!

自分の時間が持てストレス発散できる

子育て中のママにとって、おじいちゃんが育児に協力してくれる最大のメリットは「自分の時間が持てる」ということではないでしょうか。

未就学児を育てる専業主婦のママは、1日中子どもと2人きりで過ごしているという人も多いと思います。子どもはかわいいけれど、自分1人の時間が持てないのはストレスになりますよね。仕事をしているママにとっても、疲れて休みたいときにおじいちゃんが子どもを預かってくれれば、自分の時間を持つことができます。

子どもと離れる時間を作ったり、1人でゆっくり休む時間を持ったりすることは、ママにとってとてもありがたいことですね。有料の一時預かりなどを利用することを考えると、経済的にも助かるでしょう。

子どもも精神的に安定し情緒が育まれる

子どもの成長に欠かせいないのが「親の愛情」です。パパやママは愛情を注くだけでなく、子どもの将来のために、しつけや教育もしなくてはなりませんね。しかし祖父母となると、そこまでの責任はないので、ただただ孫がかわいいと「無償の愛」を与えてくれるでしょう。

親以外の誰かからたくさんの愛情を受けることは、子どもの「自己肯定感」を高めることになります。「自己肯定感」とは、「自分は愛されている」「自分は必要とされている」と感じることです。

幼児期に高い自己肯定感を持った子どもは、精神的に安定し、情緒が育まれ、他者にも優しく接することのできる心を持つことができるでしょう。おじいちゃんから受ける「無償の愛」は、子どもの将来の人格形成にも影響することになるのです。

自分以外の子育ての考えを学べる

今は便利な世の中で、子育ての不安や疑問はインターネットで検索すれば、瞬時に解決策が得られます。しかしネットには間違った情報も多く、内容に振り回されてしまうママも少なくないようです。

その点おじいちゃんから得る情報は、時代が違うとはいえ実体験を基にした信頼性の高いものですね。ママとは時代や性別が違うからこそ、はっとするような考え方が学べるかもしれません。

おばあちゃんから学ぶ子育ての細かなこととは違って、おじいちゃんからは子どもとのかかわり方や、手本となる親のあり方など、育児書では見られないような何かが得られることもあるでしょう。おじいちゃんも、自分に育児相談してきてくれればうれしいかもしれません。積極的に育児に関する話をしてみるのもおすすめですよ。

おじいちゃんとの子育てデメリット

子どもを甘やかしてしまいわがままになる

孫かわいさについ甘やかし過ぎてしまうのがおじいちゃん。かつて自分が親であったときは厳しかったおじいちゃんも、孫相手となると強く注意することもできません。特に、親としては苦労する「しつけ」に関して、おじいちゃんは甘くなりがちです。

孫に好かれるため「優しいおじいちゃん」を演じてしまうこともあるでしょう。ママが子どもに必死にご飯を食べさせているときに、「食べたくないのに無理に食べさせたらかわいそうだ」などと横やりをいれてしまうと、子どもは「嫌いなものはたべなくていいっておじいちゃんが言った」などと、わがままになります。

また、孫にねだられついおもちゃやお菓子を買い与えてしまうなど、望めばなんでも買ってくれると子どもに思わせてしまうこともあるでしょう。

昔の子育てを押し付けてくる

人生の先輩でもあるおじいちゃんからのアドバイスは、参考になることも多く、ありがたいものですね。しかし、人は年齢を重ねると頑固になりがち。とくに男性であるおじいちゃんは、親としてのプライドもあるので自分の考えを押し付けて曲げない、ということもあるようです。

子育てに関することは、時代とともに科学的研究が進み、昔と今では考え方も変わってきています。例えば昔は「抱っこしすぎると抱き癖がついてよくない」といわれていましたが、今は「子どもが望むだけ抱っこしたほうが情操教育によい」とされています。

おじいちゃんとしては孫のためによかれと思って言っていることも、ママにとっては「押しつけ」に感じてしまうことがあるようです。

自分の子育てを指摘され関係が悪くなる

必死に子育てを頑張っているところに、おじいちゃんから「それではダメだ」とか「もっとこうしたほうがいい」と指摘され、イラッとしてしまうママも少なくないのではないでしょうか。ママもおじいちゃんも、根本的には子どもを愛しているからこそ一生懸命になるのですが、子育てに関することで関係が悪くなってしまっては本末転倒です。

子育てについて、おばあちゃんが指摘してくれたときは素直にアドバイスと受け取れたのに、おじいちゃんにいわれると「そこまで育児に参加してなかったじゃない…」と思うママもいるでしょう。

おじいちゃんの指摘に納得がいかなくても、好意で言ってくれていると思って「ありがとう」と聞き流すくらいの方がいいのかもしれませんね。

おじいちゃんと子育てを通して良い関係作り

自分の考えや悩みを伝え話し合う

おじいちゃんが子育てに参加することのメリット・デメリットを見てきましたが、大切なのはママとおじいちゃんとの関係性です。良好な関係を築いておけば、メリットのほうが大きくなるでしょう。逆に関係性が悪くなれば、デメリットばかりが気になるかもしれません。

子育てを通してよい関係作りをするポイントは、自分の考えや悩みを素直に伝え話し合うことです。相手との信頼関係を築くには、社会でも親子間でも、しっかりとコミュニケーションをとることが一番の近道といえます。

子育てについてどういう考えを持っているのか、日ごろからこまめにコミュニケーションをとることでお互いを知ることができ、よい関係でいられるのではないでしょうか。
26 件

ライター紹介

teniteo WEB編集部

ピックアップ記事

関連記事