就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

 小学校入学前にスタートする英語教育!赤ちゃん期からの始め方

小学校入学前にスタートする英語教育!赤ちゃん期からの始め方

小学校でも英語の授業が始まりましたね。小学校入学前に英語教育をどのようにしたらよいか迷っているパパやママもいるでしょう。そこで、早期の英語教育のメリット、デメリットや年齢に合った英語教室の選び方のポイント、家庭でできる英語教育などを紹介します。

早期の英語学習のメリットと気をつける点

英語教育を小学校入学前から始める理由

小学校での英語の授業どんな内容なのか、パパやママも興味がありますよね。きっと、子どもの英語の学習について、就学する前からいろいろ考えている家庭は多いでしょう。では、子どもの能力を最大限に引き出すために、英語教育をいつから始めるのがよいのでしょうか?

人間の耳は発達の早い器官で、ママの胎内にいる頃から聞こえています。この聴覚の発達が完成するのは6歳頃といわれていて、6歳を過ぎた頃には聴覚の発達は止まってしまいます。

そのため、生まれてから6歳までに身につけた音感はネイティブなものとして子どもの身につくことが多いです。小学校入学前に英語を始めることは聴覚の発達の面から考えても、とてもよいことです。

幼いうちから国際性を身につける

幼稚園や保育園でドキドキしてしまい、なかなか自分の気持ちを話せない子どもはいますよね。英語となるとなおさらで、パパやママとしてはもっと堂々と話せるようになったらいいなあと思っているでしょう。

幼いうちから日本人に限らずたくさんの人とふれあって、自分の気持ちを伝え、相手の気持ちを聞くことは、国際性を身につける第一歩ですね。単語や文法を覚えることも大切ですが、子どものうちは楽しく英語で表現できる機会をたくさん作ってあげたいですよね。

最初はドキドキしてしまって、うまく話せないかもしれませんが、英語は楽しいものと感じてもらえるといいですね。そうすれば、将来きっと、臆せずに英語で自己表現できる大人になるでしょう。

将来英語好きな大人になるために

ある調査によると、約6割の中学生は英語が苦手だと感じているという結果がでました。中学になると英語を本格的に勉強し始めます。「英語を勉強する」となると苦手意識が芽生えてしまうのでしょう。

その一方で、幼児期から英語に触れている子どもは、英語への苦手意識が生まれにくいことも判明しました。子どもを英語好きな大人にするためにはどんなことをすればよいのでしょうか?

子どものうちから英語を特別ではない存在にすることが大事です。英語が子どもの生活に溶け込んでいるようになるといいですね。

英語の歌を流す、好きなアニメを英語バージョンで見る、英語の絵本を読むなど、日常的に楽しく行ってください。

年齢に合った英語教室と選び方のポイント

0歳児のための英語教室

まだ話ができない0歳児の英語教室は、どのようなことをしているのでしょう。

教室によって違いはありますが、パパやママと一緒に、音楽を聞いたり、遊んだりしながら、英語に触れていきます。毎月変わる英語圏の季節のイベントなどをテーマに工作をする時間をあったり、体操をする時間があったりします。

パパやママと楽しく活動し、自然に英語の音に親しみます。まだ英語と日本語の区別がない時期だからこそ耳から入った音をそのまま吸収することができるでしょう。

また、子どもにとっては、パパやママと楽しく通えることがよいのかもしれませんね。その中で英語に触れることで、英語は楽しいもの、パパやママが笑顔になるものと覚えられれば、きっと英語好きになりますよ。

幼稚園児のための英語教室

日本語のお話も上手になってきた幼稚園児の英語教室ではどんなことをしているのでしょう。

遊びやゲームを通じて英語に触れます。また、小学校就学を意識して読む、書くといった学習も取り入れている教室が多いです。読み聞かせ、単語の練習、ごっこ遊びもすべて英語で行っているようですよ。

友人ママは子どもが幼稚園のときに英語教室に通わせました。英語を習わせて一番はじめに驚いたのは子どもの発音が良くなったことだそうです。きっと英語の音の聞き分けや発音は、英語教室での遊びを通して、自然に身についているのだろうといっていました。

教室の時間は60分弱のところが多いです。幼児期に毎週60分英語に触れると英語の聞き分けや発音に苦手意識はなくなるでしょう。

英語教室選び方のポイント

外国人の先生が教えてくれる教室、机に座って学習する時間を多くとっている教室など、たくさんの英語教室がある中で何を重視して教室を選んだらよいのでしょう。

まず、教室のサイトや広告を見てみましょう。どんな雰囲気で、何を重視しているかわかりますよ。

さらに、教室に体験に参加してみるとよいです。先生の対応、授業の進め方など分かりますよ。そして、子どもの性格に合っているかどうか見極めましょう。

活発な子どもを机に座っている時間が多い教室に入れても、退屈してしまうかもしれませんし、逆に、おとなしい子どもを大きな声で英語話すことを重視している教室に入れても、毎回ドキドキして嫌になってしまうかもしれません。子どもが英語好きになる環境であるかを考えてくださいね。

家庭でも英語学習を子どもと楽しく!

子どもが喜ぶおすすめ英語アニメや絵本

家庭でも楽しく英語に触れられるアニメや絵本を紹介します。

ディズニー関係のアニメを見ている子どもはきっと多いはずです。日本語版を見てストーリーを理解してから英語版を見ると、英語が少しずつ理解できるようになるそうですよ。大好きなお姫様やロボットが英語を話していたら、子どもはきっと覚えられますよね。

ピーターラビットや機関車トーマスなども人気です。

英語の絵本では「The Littlest Dinosaur and the Naughty Rock(小さな恐竜と反省する場所)」がおすすめです。小さな恐竜が主人公で、パパやママ、友達と接するとき、どうするのか考えながら読める絵本です。集団生活が始まる前に、ぜひパパやママと読んでください。

幼児向けオンライン英語学習

さまざまな塾やスクールでオンライン学習を始めていますよね。パソコンはもちろん、専用のタブレットやスマホでも学習ができます。子どもの好きな時間にパパやママと家で学習できるのがよいですよね。

英語のオンライン学習は、何日かの無料体験がついているところが多いです。興味を持ったら気軽に試せるのはありがたいですね。

ゲームや音楽、パズル、絵本などで、段階的にゲーム感覚で英語を楽しめるようになっています。そしてある段階をクリアするとごほうびがもらえる仕組みになっています。そしてこのごほうびはゲームなどで使えます。

ごほうびがもらえると、集中して取り組む子どもの多いですよね。集中できると記憶に残る英語の量もきっと変わってくるでしょう。

幼児向けの英語通信教育

幼児向けの英語通信教育も充実しています。通信教育の会社ではマタニティや0歳から英語の通信教育を実施しているところも多いです。

一般的に幼児向けの英語通信教育は、DVDやCD、絵本、カードなどが送られてきます。それを家でパパやママと学習します。家で何度も繰り返して学習することで、英語を楽しく学べますし、パパやママも一緒に学習することができますね。

通信教育のメリットは月額の費用が安く抑えられることですね。教室に通うよりも断然安くなります。また、移動時間もないので、その分の時間を英語学習に当てられますね。

そして何といってもパパやママにとっては、子どもが楽しく家で英語学習をしているところを見ることができるのがうれしいポイントでしょう。

まとめ

これから社会で活躍する子どもにとって、英語は切っても切り離せないものになっていくでしょう。英語が好きな大人になるためにも、英語に楽しんで触れられる環境を作ってあげてくださいね。

どの習い事でも同じですが、教室を選ぶポイントは子どもに合っているかどうかです。楽しく英語教室に通えるような教室を見つけましょう。

赤ちゃんのうちから家庭でできる英語教育はたくさんあります。家族で楽しめる教材やアニメなどを選んでくださいね。

関連記事

ライター紹介

teniteo WEB編集部

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoWEAR
  • テニ-とテーオ
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • ハロウィン2018