就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

赤ちゃんの髪の毛と栄養との関係は?遺伝との関係や心がけたい食生活

赤ちゃんの髪の毛と栄養との関係は?遺伝との関係や心がけたい食生活

生まれてきた赤ちゃんの髪が極端に少なかったり、逆立っていたりすると不安を感じるママもいますよね。ほかの赤ちゃんと髪の様子が違うのは、母乳や離乳食などによって栄養が足りないからではないかと思うママもいるかもしれません。ですが、赤ちゃんの髪は実際には「産毛」で徐々に生え変わるため心配はありませんよ。

赤ちゃんの髪の毛の量に個人差がある理由

生まれたての赤ちゃんは産毛に守られている

赤ちゃんの頭皮には、お腹の中にいる段階ですでに髪の毛のような毛が生えています。細く柔らかい毛で、妊娠3~6カ月くらいに生えはじめるもので「産毛」といわれます。

頭部以外にもお腹の中の赤ちゃんの体は産毛でおおわれています。これは、まだ薄くて弱い皮膚を守るための「胎脂」が剥がれ落ちるのを防ぐ役割があるためです。つまり、産毛によって守られていることになりますね。

妊娠32~36週くらいになると、肌も強くなってくるため産毛が徐々に抜け落ちていきますが、早産などで早めに生まれてくると産毛が抜ける前に生まれるため、毛深く生まれてくるといわれていますよ。

産毛の抜け落ちが落ち着くのは、3~4歳くらいになるころだそうです。

大人の毛への生え変わりは1歳前後から

柔らかな産毛から大人と同じようなしっかりとした髪の毛へと生え変わっていくのは、1歳くらいからとなります。つまり、1歳くらいまでは赤ちゃんに髪がほとんど生えていなくても、問題はないということになります。

産毛が抜け落ち、大人と同じような髪質へと頭髪が変わるのはおおよそ3~4歳くらいなので、この間は赤ちゃんの髪質は安定しないことになります。4歳くらいまで髪が少ないと感じていた子どもが、いつの間にか一気にフサフサになっていたということもあります。

産毛の間は、毛も細く柔らかなので色も淡く見えます。成長するにつれて毛もしっかりとして色も濃くなっていきますので、ママは必要以上に心配しなくても大丈夫ですよ。

赤ちゃん髪の毛と遺伝の関係とは

祖父母の髪質が孫に遺伝するといわれていますが、生まれたばかりの赤ちゃんの髪と遺伝は関係がありません。例えば、おじいちゃんの髪が多少薄毛でも、産毛がびっしりと生えた状態で生まれてくる赤ちゃんもいますよ。

生まれてきた孫をみて、自分の髪質のせいとおじいちゃんやおばあちゃんが言うようでしたら「関係がないみたいよ」と優しく伝えてもよいですね。

遺伝が関係してくるのは、産毛の状態から大人と同じような髪や体毛にきちんと生え変わってきてからとなります。また、髪質は遺伝だけではなく生活習慣や食生活でも変わるため、一概に遺伝だけで決まるわけではないことも忘れないようにしましょう。

髪を剃ると丈夫な毛が生えるという話もありますが、実際には関係はないそうです。

髪の色やヘアスタイルにまつわる心配事

赤ちゃんの髪の色が薄い理由とは

髪をはじめ、人の体を作るためには食事から栄養を取り入れる必要があります。ママが食事を極端に制限したダイエットをすると、ママ自身の髪が細くなり髪の色が薄くなることがありますが、この場合は栄養不足の可能性がありますよね。

ですが、赤ちゃんの髪が細かったり色が薄かったりするのは、栄養不足だからというわけではありません。先述のとおり、生まれたばかりの赤ちゃんの場合は産毛なので、まだ細く色も薄い状態がほとんどです。

母乳やミルクをしっかりと飲んでいて、瞳がこげ茶や黒で皮膚も一般的な肌色の状態であれば、大きな問題はありません。成長にともない、髪が生え変わってくるまでは赤ちゃんの髪の色が薄くても過度な心配をしなくても大丈夫ですよ。

赤ちゃんの髪が逆立つ理由とは

産毛が多い赤ちゃんの中には、毛が逆立っている赤ちゃんもいると思います。実は産毛が少ない赤ちゃんも目立たないだけで、逆立っている状態になっていることは多いようです。

細くて軽い産毛は、大人の髪のように重みがありません。重力の影響を受けにくいため毛が生える向きのまま伸び、逆立って見えるのです。

また、静電気によって毛が逆立つこともあります。大人の髪と違い、赤ちゃんの産毛は保水力がなく乾燥しがちです。さらに寝ていることも多いので、産毛とママやパパの服や寝具などが擦れあい静電気が起こり逆立つこともあります。

子どものころに下敷きを髪にあてて擦ることで、髪を逆立てる遊びを行ったことがあるママやパパもいるのではないでしょうか。それと同じです。

くせ毛は成長につれて変化することも

毛先がくるくるっと可愛らしいくせ毛の赤ちゃんを見かけることがありますよね。成長していくと、以前はくせ毛があったのに直毛になっていた、という話を聞いたことがあるママもいるのではないでしょうか。

赤ちゃんの産毛は細く弱いため、ちょっとしたダメージでクセが強くでてくることがあります。寝ている時間も多く、寝ている間につく寝ぐせがくせ毛に見えているだけ、というケースもあるようですよ。

ママやパパがくせ毛という場合には、遺伝的にくせ毛になる赤ちゃんも多いようです。直毛のイメージがある日本人ですが、実は約半数がくせ毛の持ち主なので、赤ちゃんがくせ毛でも不思議ではありません。髪に生え変わり毛に重量が出てくると、直毛状態になるケースも多いようです。

髪の毛のために心がけたい食事と栄養

カロリーよりも栄養を重視した食事を

産毛の細さや色の薄さなどは栄養不足のサインとは一概にはいえませんが、毛も食べ物から摂取した栄養によってつくられることを考えると、まったく関係がないとは言えませんよね。

赤ちゃんの髪の毛のために何か行うとしたら、食事の見直しをするのもよいですよ。

中には、妊娠中に増えた体重を落とすため、低カロリーの食事をしているママもいますよね。母乳育児をしているのであれば、低カロリーの食事よりも栄養を重視した食事に見直しましょう。

母乳育児は、想像以上にママの体に蓄えられた栄養を使います。普通の食事をしていても、するすると体重が落ちていきますよ。カロリーを抑えた食事はママ自身への栄養不足だけではなく、母乳の栄養価が下がり赤ちゃんへの栄養不足も招きます。
26 件

ライター紹介

teniteo WEB編集部

この記事のキーワード

ピックアップ記事

関連記事

  • テニ-とテーオ
  • teniteoHOME
  • teniteoSCHOOL
  • teniteoPHOTO
  • teniteoWEAR
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • teniteoBRAND
  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • ハハノワ2019
  • 月明かりの映画祭2018
  • キッズハロウィンパーティー2018
  • クリスマスプロジェクト2018
  • teniteoSNAP
  • teniteoSEMINAR
  • 2040pj
  • teniteoFC