就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

ルイボスティーは赤ちゃんでも飲める?ママも嬉しいメリットと選び方

ルイボスティーは赤ちゃんでも飲める?ママも嬉しいメリットと選び方

美容や健康によいお茶として人気が高いルイボスティーですが、ママだけではなく赤ちゃんも飲めるお茶といわれています。その理由は、ノンカフェインのお茶で渋み成分タンニンが少なく、赤ちゃんでも飲みやすいためです。またミネラル分も豊富で、お腹のすっきりを手助けするなどの健康効果があるようですよ。

赤ちゃんやママにルイボスティーがよい理由

ノンカフェインでミネラルを豊富に含む

育児中のママの中には、日ごろの水分補給にお茶を飲む方も多いですよね。お茶にはミネラル成分やビタミン類も多く含まれますが、カフェインの量も多いため、中には母乳からカフェインが赤ちゃんに流出するのではという心配をするママもいますよね。このようなママにも人気なのが、ルイボスティーです。

緑茶や紅茶の原材料となる「チャノキ」ではなく、ルイボスティーの原材料は「ルイボス」(学名ではアスパラサス・リネアリス)というマメ科の植物で、カフェインを含みません。授乳中のママでも安心して飲めるお茶といえますね。

カルシウムやマグネシウムをはじめ、鉄分などのミネラルやルイボスティー特有のフラボノイドであるアスパラチンも含まれ抗酸化作用もありますよ。

低タンニンで苦味が少ない

緑茶や紅茶には、タンニンという成分が含まれています。ポリフェノールの一種で強い抗酸化作用を持ちますが、一方でお茶の渋みをもたらせる渋み成分でもあります。タンニンが含まれるお茶はどうしても渋みがあるため、苦手というママもいますよね。この渋みにより、お茶を飲みたがらない子どももいます。

ルイボスティーには、タンニンが少ないという特徴があります。そのため渋みが少なく、ほのかな甘みを感じます。赤ちゃんや子どもでも飲みやすいお茶となっています。

タンニンは渋みだけではなく、鉄分の吸収も阻害してしまいます。鉄分が不足しやすい赤ちゃんにとっては、低タンニンのルイボスティーは鉄分の吸収阻害といった心配も少ない飲み物ともいえますよ。

腸への働きかけで便秘解消の効果も

便秘気味の方がルイボスティーを飲むことで、お通じが整い始めることが多いといわれています。その理由の一つが、ルイボスティーに豊富に含まれるミネラルの影響のようです。

ルイボスティーに含まれるミネラルは、腸の働きを自然に高めてくれる働きがあります。妊娠中から便秘に悩むママもいますが、お薬に頼らずに便秘改善を目指したいという方の中には、ルイボスティーを飲むことですっきりできたという方も多いようですよ。

同様に、便秘に悩む赤ちゃんも少なくありません。お薬に頼らずすっきりできるとよいですよね。授乳中のママがルイボスティーを飲めば、母乳を通じてミネラルが赤ちゃんに届き、すっきりを応援できる可能性もありますよね。

子育てママ必見!育児相談もできる「ベビータッチ&ママストレッチ」

PR

子育て中のママは、独身時代や出産前とは生活が激変しますよね。社会とのつながりが減り、子育ての悩みを一人で抱え込んでいる人も多いのではないでしょうか?そんな時に悩みを聞いてもらえたり、リフレッシュできる場があるとうれしいですよね。今回は「保険LICO(ライコ)」が定期的に開催している「ベビータッチ&ママストレッチ」セミナーをご紹介します。

赤ちゃんにルイボスティーを与えてみよう

ルイボスティーは生後1カ月ごろから飲める

赤ちゃんの水分補給は基本的には母乳やミルクでOKですが、暑い時期などはプラスの水分補給として白湯や麦茶などをすすめられることがあります。ベビー用品店などに売られているペットボトルの麦茶やほうじ茶の場合は、生後1カ月くらいから飲めるものが多いですよね。

ルイボスティーの場合も、生後1カ月くらいから赤ちゃんも飲めます。ただ赤ちゃんは消化器官が発達しておらず、ミネラル分豊富なルイボスティーが負担になってしまうので、最初は薄めて与える必要があります。

ルイボスティーを与えて下痢気味になったら、すぐに与えるのは控えましょう。また、嫌がる様子があるときには、無理に与えるのは避けたほうがよいですね。様子をみながら濃度が薄いルイボスティーを与えましょう。

煮出して作り人肌くらいの温度のものを

ルイボスティーの中には、手軽に飲めるティーバッグタイプや水出しタイプのものがありますが、赤ちゃんに与えるときには煮出して作るようにしましょう。

水出しタイプの場合や手軽に淹れられるティーバッグの場合は、細菌の繁殖リスクがあります。茶葉を煮出してルイボスティーを淹れることで水や茶葉に含まれる細菌類を殺菌できるため、煮出したものを冷まして与えることが必要です。

もちろん、煮出してすぐの熱いルイボスティーはやけどの心配もあるため、赤ちゃんに与えるときには人肌くらいまで冷ますようにします。暑い季節でも冷たすぎるとお腹に強い刺激となり、下痢気味になってしまいます。手で触っても熱くない程度を目安にするとよいですね。

初めて与えるときは白湯で薄めて少量から

赤ちゃんにルイボスティーを与えるときには薄めるのが基本ですが、どのくらい薄めればよいのか迷いますよね。薄める目安としては、お水に少し色がついているかどうか、という程度まで調整しましょう。ママが飲むルイボスティーに比べると、ほとんど味がない状態です。

熱いルイボスティーを水で薄めるのではなく、白湯を使うのもポイントの一つです。水に含まれる細菌を一度煮沸させ、殺菌した白湯を使うと安全ですよね。

量もはじめはティースプーン1杯くらいから様子を見ながら与えるようにします。少量からはじめてお腹が緩くなったり体調が変わったりしなければ、薄い状態で少しずつ量を増やしてもよいですね。まだ消化器官が未熟なので、薄めのルイボスティーにしてくださいね。

赤ちゃん向けルイボスティーの選び方とは

煮出して使うからティーバッグは無漂白で

ルイボスティーの茶葉は一般的な緑茶の茶葉に比べても細かいため、ティーバッグに入れて煮出すことが一般的です。このときにできれば植物性100%のものやソイロン素材といって、植物のデンプンを原材料としているティーバッグを利用するとよいですね。

白い紙のティーバッグは漂白処理がされています。漂白剤には化学物質が含まれるため、ルイボスティーを煮出すときにティーバッグに残留する化学物質が溶け出し、ルイボスティーに含まれてしまうかもしれません。

プラスティック素材のティーバッグもまた、ホルモンに似た作用をもつ物質が溶け出す恐れがあります。ルイボスティーを煮出すときに使うティーバッグにも、注意を払うことが必要といえますね。
26 件

ライター紹介

teniteo WEB編集部

この記事のキーワード

ピックアップ記事

関連記事