就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

5歳は反抗期?5歳の心と身体の成長と困った行動の解決方法

5歳は反抗期?5歳の心と身体の成長と困った行動の解決方法

子どもが5歳になり一人でできることが増え、その成長を嬉しく思う反面、ことあるごとにママに反抗してくる態度に困っているママもいるかもしれません。実際、5歳の反抗期に悩んでいるママはたくさんいます。そこで今回は5歳児の心と身体の成長、そして困った行動をとったときの解決方法についてお話しします。

5歳の身体の成長と発達の特徴は?

男女別、5歳の身長や体重の平均

ここで男女別の身長や体重の平均をご紹介します。

【男の子の身長・体重】
身長は、5歳0カ月で106.7㎝だったのが、5歳6カ月になると110㎝に伸び、6歳目前の5歳11カ月には112.7cmぐらいにまで伸びます。体重は5歳0~6カ月には18.36㎏であったのが5歳6~11カ月には19.48㎏ぐらいと、緩やかに増加します。

【女の子の身長・体重】
身長は、5歳0カ月で106.2㎝ぐらいで、5歳6カ月になると109.5㎝になり、6歳目前の5歳11カ月には112.2cmぐらいにまで伸びます。体重は5歳0~6カ月には17.92㎏であったのが5歳6~11カ月には18.94㎏と約1㎏ほど増加します。

5歳の運動能力やできること

5歳になると体つきもしっかりしてくる子どもが多いと思います。運動能力の面においても、動きが安定感を増してくるので、より活発に遊ぶようになりますよ。
  • 筋肉がしっかりとしてきて動きに躍動感がでてきます。
  • 体のバランスをとるのが上手になってきます。
  • 片足立ちや片足ではねることができるようになり、スキップも上手にできるようになります。
  • 今までは多少怖がっていたはずのブランコを大きくこいだり、ジャングルジムの上までよじ登ってみたりなど、冒険心が盛んになってきます。
できるだけ公園などの遊具で体をたくさん動かすようにしましょう。この時期に元気に外遊びをしていると、体力のある子どもへと成長していくので、外遊びは子どもの健やかな成長に欠かせません。

5歳の言葉の発達や記憶力

この時期は言葉の発達や記憶力も著しく成長し、子どもの成長ぶりに驚かされるママもいることでしょう。

【言葉の面】
自分の言いたいことを自由に言葉で表現できるようになってきます。赤ちゃん言葉もほとんどなくなり、単語の発音もはっきりとしてくるので、大人にも聞き取りやすい会話が可能になります。今までは質問されると、思いつくままに話したい放題だったのが、質問された答えのみきちんと返事ができるようになってきます。

【記憶力】
自宅の住所や電話番号、ママやパパのフルネームなどを覚えることができます。字を覚える子どもも多く、ひらがなで書いてある自分の名前を読めるようになり、早い子では短い文の絵本を読める子もいます。

5歳児反抗期とは?いつまで続くの?

5歳の反抗期はどんな様子?

5歳になると、自分一人でできることもぐんと増え、何でも一人でしたがることも増えてきます。ママが手伝おうとすると、反抗して怒ることもあるでしょう。

今までよりも言葉の語彙も増え、口も達者になってきたために思わずむっとしてしまうママも少なくありません。例えば何か注意すると「ママだっていつも〇〇しているくせに!」と反抗してきたり、早く歯を磨きなさいと急かせば「だからいまからするの!」と返事をしてくることもありますよね。

さらにふくれっ面でママを叩いたり、こちらの注意を聞こえなかったふりして無視することもあります。特に男の子はモノを投げたり、叩いたりなどの暴力的な反抗をする場合もあるので困っているママもいることでしょう。

反抗期があるのは良いこと?

一般的に子どもの大きな反抗期には2回あるといわれています。最初は「魔の2歳児」とも呼ばれる2歳前後での反抗期。そして思春期での反抗期。5歳の反抗期はこの中間にあるので「中間反抗期」と呼ばれています。

反抗期の子どもは扱いにくく、ママも頭を抱えてしまいますよね。しかし反抗期というのは、「親から自立したい」「なんでも自分一人でやってみたい」という気持ちの表れでもあるので、必要以上に心配する必要はありません。

さらに5歳児は、まだまだ精神面では幼いにも関わらず、親や保育園、幼稚園において「もう5歳なんだから」と諭されるシーンも多く、甘えたい気持ちと自立したい気持ちが混同して反抗していることも多いのです。

反抗する子どもへの関わり方・上手な伝え方

反抗する子どもへの対応に悩んでしまうこともありますよね。子どもが口ごたえしてきたときに思わずカッとなり、怒ってしまうママもいるかもしれません。

気持ちはわかりますが、むやみに怒ってしまうと、以後ママの顔色ばかりうかがうおどおどした子どもになりかねません。感情に任せて「怒る」のではなく「叱る」ようにしましょう。

子どもにどうしてそれがいけないことなのかきちんと言葉で説明して教える必要があります。5歳児なら説明すれば十分に理解することができます。

もし暴言を吐いたり叩いたりしてきたら、子どもの気持ちをまずはしっかりと受け止め、「そうだよね、怒るのはわかるよ」とまずは共感しましょう。その上で「でもね」と穏やかに注意をするようにしたいですね。

毎日ママを悩ませる!食事の悩みと解決法

好き嫌いや食わず嫌いが多い

5歳になると好き嫌いや食わず嫌いが激しくなる子どもも少なくありません。例えば、野菜を一切食べないからといって野菜抜きになってしまうと、子どもの健康面が心配です。

味が苦手な食材は調理方法を色々と変えてみて試行錯誤してみることも必要です。細かく刻んで子どもの好きなハンバーグやカレーなどに混ぜてみたりなどもオススメですよ。

食べられたときには「偉い!苦手な野菜が食べられたね!」と褒めてあげることも忘れずに。食わず嫌いの場合は、見た目が可愛くみえるように調理してみましょう。

例えばにんじんが苦手な子どもには、にんじんを好きな動物の形にくりぬいてみるなど工夫してみましょう。それでもダメな場合は「一口だけでいいから味見して」と勧めてみてくださいね。

お箸がきちんと持てない・持つことを嫌がる

子どもが就学した後、昼食時に恥ずかしい思いをしないためにも、小学校に入る前までにお箸の練習はしておきたいですよね。しかしお箸がきちんと持てない、もしくは持つことを嫌がる子どももいることでしょう。

食事中にお箸の持ち方練習をするのもよいですが、嫌がって反抗し、食べなくなっても困ります。まずは食事以外の時間に、遊びの一環としてお箸の持ち方を練習させてみましょう。

最初はマシュマロなどの大きくてつかみやすいものをお箸でつかむようにします。できるようになったら次はキューブ状に切ったにんじんをつかませるよう練習します。

そして次は大豆などつかむもののサイズを少しずつ小さくしていきましょう。上手につかめたら褒めてあげてくださいね。

食事中に立ち上がるなどマナーが悪い

外出先のファミリーレストランで、立ち上がってふらふらしている子どもや、ドリンクバーまで必要以上に往復している子どもを見かけたことがあるママもいると思います。食事中に立ち上がるなどしている子どもをみると気になりますよね。

小学校の給食やお弁当の時間に困らないようにするためにも、今のうちにきちんと躾けることが大切です。食事の際「これを食べたら席を立ってもよいから、それまではきちんと座ろうね」とわかりやすく目標を設定し、少しずつ座る時間を伸ばしてみるようにしましょう。

子どもが明らかに食欲もなく、食事に飽きている場合は、「この一口を食べたらおしまいにして、席を立ってもいいよ」と、思い切って切り上げることも必要です。

直しておきたい!生活習慣の悩みと解決法

早寝・早起きができない、睡眠時間が短い

なかなか早寝・早起きができない、もしくは睡眠時間の短い子どもも多く、悩んでいるママもたくさんいます。学校が始まると、睡眠不足の場合、授業中に眠たくなってしまうなど勉強面にも影響を及ぼすので気をつけたいですよね。

体の生活サイクルを整えるためには、まずは朝日をしっかりと浴びるようにしましょう。朝日を浴びるとメラトニンという睡眠ホルモンが分泌され、夜寝る時間になると自然と眠たくなります。

体温が下がると朝は起きにくくなるため、体の機能をコントロールする自律神経が狂わないよう、過度な冷暖房は避けるようにしましょう。日中は太陽の光をしっかりと浴びながら外遊びをするように心がけたいですね。

体が適度に疲れていれば、夜はぐっすりと眠れるようになります。

TVやスマホ、ゲームばかりする

子どもがTVやスマホ、ゲームばかりしたがり困っているという話をよく耳にします。最初は病院の待合室などで子どもに静かにしてもらうために触らせていたスマホや携帯ゲーム機が、いつのまにか日常的にいじるようになってしまったというケースも多いです。

確かに子どもがTVやスマホ、ゲームをしている間は大人しいのでママの家事がはかどるかもしれません。しかしだらだらとさせるのは避け、一日30分だけなどルールを決めるようにしましょう。

ルールを破った場合は、1週間TVやスマホ、ゲーム禁止にするなどの罰を設定しておくと、子どももルールを守るようになります。ママやパパが子どもの前でスマホをいじっていると子どもも触りたくなるので、できるだけ触らないようにしましょう。

お片付けができない・やらない

毎回子どもが遊んだ後、「お片付けしなさい!」と叱るのに疲れてしまっているママも多いと思います。しまいには叱るのに疲れて、ママ自身がお片付けをしてしまっていませんか?

子どもがお片付けがしやすくなるよう、おもちゃ収納を見直してみましょう。5歳の子どもでも簡単にお片付けができるように、おもちゃスペースにかごを置いて、そこにばさっと入れるだけでOKにするなど工夫するのもコツです。

カラーボックスに箱を並べて、各箱に収納するべきおもちゃの写真を貼っておくと、子どもにもわかりやすくオススメです。どうしてもお片付けをしない場合は、「お片付けをしたら公園に行こう」など次のアクションを決めると、子どももそれを励みに片づけるようになります。

いつまで続く?生活態度の悩みと解決法

つまらないことでも、すぐ嘘をつく

子どもがつまらないことでも、すぐに嘘をつくようになったと感じているママもいるかもしれません。5歳になると言葉も達者になるため、大人の目から見た「嘘」が混じってしまうこともあるでしょう。

しかしこの年齢の子どもには、大人にとっての「嘘」の概念はまだなく、自分が嘘をついているという自覚もありません。5歳児は空想することが上手で、現実と空想の境目があいまいになってしまうこともあり、それが大人から見ると「嘘」と感じてしまうこともあるので心配しすぎないようにしましょう。

歯を磨いていないのに「歯を磨いた」と言い張るような小さな嘘の場合、「ほんとかな?歯を磨かないと虫歯になって痛くなったらおやつも食べられなくなっちゃうよ」と穏やかに説明することも大切です。

言葉遣いが悪い・下品な言葉を使う

子どもが外で下品な言葉を覚えてきたり、TVの悪い言葉遣いをマネたりして困ることもありますよね。もし子どもがこちらの反応をうかがうようにして繰り返し使う場合は、ママが反応しないことが一番です。

ママが反応してしまうと、余計に面白がって繰り返すこともあります。もし意味を理解せずに使っているようであれば、「それってこういう意味なんだよ?」と教えてあげると「知らなかった」と使うのをやめるケースもあります。

「バカ」や「アホ」などの暴力的な言葉を使う場合は、言われた人がどんな悲しい気持ちになるのかを説明するようにしましょう。もしくは「字を書くのが上手になったね。キレイな言葉も使えるようになると素敵だな」と褒めたついでに注意すると、子どもも聞き入れやすくなります。

挨拶やごめんなさい・ありがとうが言えない

子どもがなかなかごめんなさいやありがとうも言えず、挨拶もできないと悩んでいるママもいることでしょう。その場合、どうして挨拶ができないのか考えてみましょう。

もしかすると子どもの引っ込み思案な性格のせいかもしれません。その場合、あまり無理強いすると余計に自分の殻に閉じこもってしまうので、優しく注意する程度にとどめておきましょう。子ども自身は挨拶したくても、恥ずかしさが先に立ってしまってできないだけかもしれません。

子どもが外で積極的に挨拶できるようにするためには、まずママやパパがお手本を見せることが大切です。外でママが「ごめんなさい」「ありがとう」と使う様子を見て、どのような状況でその挨拶を使えばよいのかを子どもはみて学んでいます。

仲良くして欲しい!お友達との悩みと解決法

お友達に優しくできない

子どもが急に仲良しのお友達に優しくできなくなってしまったこと、ありませんか?この場合、子どもがお友達に優しくできない理由は何か、その裏にはどんな気持ちが隠されているのかをママが理解する必要があります。

例えば公園で、子どもが友達と仲良く一緒に遊びたかったはずのになぜか急に意地悪な態度をとってしまったときなど、子どもにそっと理由を聞いてみましょう。一番避けたいのは、子どもの気持ちも聞かずに「もっとお友達には優しくしなさい」と叱ってしまうことです。

子どものすることには必ず理由があるので、ママはそれを知るように心がけましょう。理由が分かった場合には、「そんなときはこうするとよいね」とほかのアプローチの方法を教えてあげたいですね。

お友達への独占欲が強い

幼稚園や保育園に入ると子ども達なりの「社会」も形成されていきます。5歳になると言葉ではっきりと意思表示をするようになるため、「〇〇ちゃんは他の子と遊んじゃダメ」などとある特定のお友達に独占欲を示すことも。

さらに〇〇ちゃんが他のお友達と遊んでいるのを見ると怒って「もう〇〇ちゃんとは遊ばない」などと言い出すこともよくあります。仲良しのお友達だったはずなのになぜ?とママにしてみれば理解しにくいことでしょう。

そんなときは本人に理由を聞くのが一番です。「どうして〇〇ちゃんは他のお友達と遊んではいけないのかな?」と子どもの気持ちを優しく聞き出すようにしましょう。決して理由も聞かずに叱るのは避けるよう気をつけましょう。

くだらないことでもお友達に負けると泣く

特に男の子に多いのですが、5歳児は負けん気が強く、親の目から見たらくだらないことでもお友達に負けるとすぐ泣くことがよくあります。ゲームやじゃんけんに負けたときなど、ママから見れば「なぜこんなことで?」と思ってしまいますが、そんなときは「悔しかったね」と優しく慰めてあげましょう。

5歳児はまだ感情のコントロールが上手にできず、過剰に表現してしまうこともあります。お友達に負けるとすぐに泣いてしまうのは、その悔しさを泣いて表現しているのです。

「またすぐ泣いて」とママは呆れてしまうかもしれませんが、泣いたときは子どもの気持ちにそっと寄り添うようにしたいですね。成長と共に感情のコントロールができるようになると、泣く癖も落ち着いてくるので見守りましょう。

保育園・幼稚園での悩みと解決法

園に行きたがらない・登園するときに泣く

子どもが幼稚園や保育園に行きたがらない、または登園時に泣いてしまうということもあるかもしれません。理由としては、給食に苦手なものがあったり、友達とケンカしていたりなど色々な理由が考えられます。

解決するためには理由を知ることが一番ですが、子どもから積極的に説明してこない限り、無理に詮索しないようにしましょう。慎重な性格の子どもの場合、逆効果になってしまいます。

「何があってもママはいつもあなたの味方だよ」と子どもが安心するように声掛けするように心がけましょう。行きたがらないからといって休ませることはせず、体調不良でない限り、毎日連れていくことが重要です。

朝嫌がっていても、お迎えのときにはケロッと元気にしていることもありますよ。

園ではいい子なのに家に帰ると反抗する

園では先生から「とってもいい子ですよ」と太鼓判を押されているにもかかわらず、家に帰ると反抗する子どももよくいます。ママにしてみれば、家でもいい子でいて欲しいと思うのですが、そう簡単にはいかないことも。

外面がよいのを不安に思ってしまうかもしれませんが、むしろ安心するようにしましょう。うちに帰るとママに甘えているせいで、つい反抗してしまっているだけなんです。

園では何でも自分でしたり、友達と仲良くしたりなど、子どもなりに社会の中で頑張っています。家に帰るとママ相手についストレスを発散しているだけなので、大目にみてあげるようにしたいですね。

家の中でも「いい子」でいるように強要すると、逆に幼稚園でわがままし放題の子どもになってしまいますよ。

お泊り保育や運動会など園の行事を嫌がる

園によってはお泊り保育や運動会など園の行事が盛んなところもあることでしょう。毎日園には元気に通っているにも関わらず、そういった行事を嫌がる場合には無理強いをしないことが大切です。

運動会の演目で苦手なものがあるのかもしれません。例えばダンスの演目の場合、練習で上手にできないから、当日人前で踊りたくないと思っているのかもしれません。お泊り保育を嫌がる場合は、ママから離れて眠ることに不安を感じているのかもしれません。

どうしても嫌がる場合は、「無理に行かなくてもいいよ」と、選択肢を用意してあげることも必要です。運動会の場合、もしかけっこだけ参加したいといった場合には参加させるようにし、走りきったら褒めてあげましょう。

もう小学生!今のうちに身につけたい習慣

時計を見て動けるようになろう

小学生になると、一日の時間割がはっきりと決まっており、分単位での行動が求められます。自分で教室の時計を見ながら時間に合わせて行動できるよう、アナログ時計が読めるようにしておきましょう。

普段から「〇時〇分になったらおやつの時間」というように、時間を決めて行動する練習をしておくと安心です。起床時間や就寝時間においても、自分で時間をはっきりと決め、その時間に合わせて眠る起きるなど習慣づけておくと、小学生になってもスムーズに寝起きすることができます。

小学校の昼食時間は時間も短いため、時間内に食べきることができないと食後の休み時間に友達と遊べなくなってしまうことも。例えば30以内に食べるなど、時間を決めて食事ができるように練習しましょう。

自分の身支度は自分でできるようになろう

小学校では、体育の授業の前などに自分一人で着替え、脱いだものを片づけなければなりません。園では先生が手伝ってくれたことも、小学校では先生も手伝ってはくれないので一人で頑張らなければなりません。

小学校で子どもが困らないためにも、5歳の間に自分の身支度は自分でできるように練習しましょう。できれば寝る前に自分で翌日の園に行くための着替えなどの支度をし、朝は自分で着替えられるようにしたいですね。

最初は「ママと一緒に準備してみよう」と声をかけ、慣れてきたら一人で登園準備をさせてみましょう。朝は忙しくて時間がないママもいるかもしれませんが、時間が足りない場合はいつもよりも少し早起きをして、子どもが自分でゆっくり支度できる時間を作るように心がけましょう。

字や数字に興味を持てるようになろう

小学校に入ると、ひらがなや数字を習いますが、できれば入学前に多少でも知っている方が子どもには有利です。小学校に入って慣れない生活が始まる上に、ひらがなや数字も初めて覚えるものばかり、という状態だと子どもへの負担も大きくなってしまいます。

前もってひらがなや数字を知っていれば、授業でも「知ってる!」となり、慣れない授業も楽しく感じることでしょう。小学校ではプリントに自分の名前を書く機会も多いため、最低でも自分の名前は書けるようにしておくと助かりますよ。

家で絵本を読んでいるときに、「あ」はどれかな?とクイズのようにしてみると子どもも興味を持つことでしょう。お風呂から出る前に「10数えたらでていいよ」と、1から10まで数えるのもオススメです。

まとめ

今回は5歳児の心と体の成長と困ったときの対処法についての記事でしたが、いかがでしたか?中間反抗期ともいわれる5歳児の反抗にはママも困ってしまうこともあると思いますが、一番大切なのはママのたっぷりの愛情を子どもに伝えることです。

反抗期で辛くても、「これも精神成長の証」だと割り切って、できるだけあたたかい目で子どもの成長を見守ることも大切です。6歳になると小学校が始まります。子どもが楽しく小学校生活を送れるよう、5歳の間にできるだけ準備したいですね。

ライター紹介

teniteo WEB編集部

関連記事

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoHOME
  • teniteoWEAR
  • teniteoSHOP
  • テニ-とテーオ
  • teo's
  • ハハノワ2019
  • クリスマスプロジェクト2018
  • teniteoSNAP
  • teniteoSEMINAR