就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

5歳は反抗期?5歳の心と身体の成長と困った行動の解決方法

5歳は反抗期?5歳の心と身体の成長と困った行動の解決方法

子どもが5歳になり一人でできることが増え、その成長を嬉しく思う反面、ことあるごとにママに反抗してくる態度に困っているママもいるかもしれません。実際、5歳の反抗期に悩んでいるママはたくさんいます。そこで今回は5歳児の心と身体の成長、そして困った行動をとったときの解決方法についてお話しします。

5歳の身体の成長と発達の特徴は?

男女別、5歳の身長や体重の平均

ここで男女別の身長や体重の平均をご紹介します。

【男の子の身長・体重】
身長は、5歳0カ月で106.7㎝だったのが、5歳6カ月になると110㎝に伸び、6歳目前の5歳11カ月には112.7cmぐらいにまで伸びます。体重は5歳0~6カ月には18.36㎏であったのが5歳6~11カ月には19.48㎏ぐらいと、緩やかに増加します。

【女の子の身長・体重】
身長は、5歳0カ月で106.2㎝ぐらいで、5歳6カ月になると109.5㎝になり、6歳目前の5歳11カ月には112.2cmぐらいにまで伸びます。体重は5歳0~6カ月には17.92㎏であったのが5歳6~11カ月には18.94㎏と約1㎏ほど増加します。

5歳の運動能力やできること

5歳になると体つきもしっかりしてくる子どもが多いと思います。運動能力の面においても、動きが安定感を増してくるので、より活発に遊ぶようになりますよ。
  • 筋肉がしっかりとしてきて動きに躍動感がでてきます。
  • 体のバランスをとるのが上手になってきます。
  • 片足立ちや片足ではねることができるようになり、スキップも上手にできるようになります。
  • 今までは多少怖がっていたはずのブランコを大きくこいだり、ジャングルジムの上までよじ登ってみたりなど、冒険心が盛んになってきます。
できるだけ公園などの遊具で体をたくさん動かすようにしましょう。この時期に元気に外遊びをしていると、体力のある子どもへと成長していくので、外遊びは子どもの健やかな成長に欠かせません。

5歳の言葉の発達や記憶力

この時期は言葉の発達や記憶力も著しく成長し、子どもの成長ぶりに驚かされるママもいることでしょう。

【言葉の面】
自分の言いたいことを自由に言葉で表現できるようになってきます。赤ちゃん言葉もほとんどなくなり、単語の発音もはっきりとしてくるので、大人にも聞き取りやすい会話が可能になります。今までは質問されると、思いつくままに話したい放題だったのが、質問された答えのみきちんと返事ができるようになってきます。

【記憶力】
自宅の住所や電話番号、ママやパパのフルネームなどを覚えることができます。字を覚える子どもも多く、ひらがなで書いてある自分の名前を読めるようになり、早い子では短い文の絵本を読める子もいます。

5歳児反抗期とは?いつまで続くの?

5歳の反抗期はどんな様子?

5歳になると、自分一人でできることもぐんと増え、何でも一人でしたがることも増えてきます。ママが手伝おうとすると、反抗して怒ることもあるでしょう。

今までよりも言葉の語彙も増え、口も達者になってきたために思わずむっとしてしまうママも少なくありません。例えば何か注意すると「ママだっていつも〇〇しているくせに!」と反抗してきたり、早く歯を磨きなさいと急かせば「だからいまからするの!」と返事をしてくることもありますよね。

さらにふくれっ面でママを叩いたり、こちらの注意を聞こえなかったふりして無視することもあります。特に男の子はモノを投げたり、叩いたりなどの暴力的な反抗をする場合もあるので困っているママもいることでしょう。

反抗期があるのは良いこと?

一般的に子どもの大きな反抗期には2回あるといわれています。最初は「魔の2歳児」とも呼ばれる2歳前後での反抗期。そして思春期での反抗期。5歳の反抗期はこの中間にあるので「中間反抗期」と呼ばれています。

反抗期の子どもは扱いにくく、ママも頭を抱えてしまいますよね。しかし反抗期というのは、「親から自立したい」「なんでも自分一人でやってみたい」という気持ちの表れでもあるので、必要以上に心配する必要はありません。

さらに5歳児は、まだまだ精神面では幼いにも関わらず、親や保育園、幼稚園において「もう5歳なんだから」と諭されるシーンも多く、甘えたい気持ちと自立したい気持ちが混同して反抗していることも多いのです。

反抗する子どもへの関わり方・上手な伝え方

反抗する子どもへの対応に悩んでしまうこともありますよね。子どもが口ごたえしてきたときに思わずカッとなり、怒ってしまうママもいるかもしれません。

気持ちはわかりますが、むやみに怒ってしまうと、以後ママの顔色ばかりうかがうおどおどした子どもになりかねません。感情に任せて「怒る」のではなく「叱る」ようにしましょう。

子どもにどうしてそれがいけないことなのかきちんと言葉で説明して教える必要があります。5歳児なら説明すれば十分に理解することができます。

もし暴言を吐いたり叩いたりしてきたら、子どもの気持ちをまずはしっかりと受け止め、「そうだよね、怒るのはわかるよ」とまずは共感しましょう。その上で「でもね」と穏やかに注意をするようにしたいですね。

毎日ママを悩ませる!食事の悩みと解決法

69 件

ライター紹介

teniteo WEB編集部

関連記事

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoHOME
  • teniteoWEAR
  • teniteoSHOP
  • テニ-とテーオ
  • teo's
  • ハハノワ2019
  • クリスマスプロジェクト2018
  • teniteoSNAP
  • teniteoSEMINAR
  • teniteoFC
  • 2040pj