就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

【東京】釣って焼いて食べて!「としまえんフィッシングエリア」

【東京】釣って焼いて食べて!「としまえんフィッシングエリア」

水と緑の遊園地「としまえん」、遊びに行ったことがある方も多いと思います。「としまえん」といえば、遊園地やプール!…ちょっと待ってください、もう一つとっても楽しい場所があることをご存知ですか?それは今回の主役「としまえんフィッシングエリア」。魚を釣って焼いて食べて…続きは記事内でご紹介します。

「としまえんフィッシングエリア」とは?

プールが釣り堀に大変身!

東京都練馬区にある「としまえん」。遊園地やプールがあり、家族や友人、恋人、誰と行っても楽しめる場所です。有名な遊園地ですので、一度は足を運んだことがある方も多いはず。私も実際にプライベートで、遊びに行ったことがあります。

その中でも流れるプールや波のプール、子供のプールなどがあり、夏に多くの人々で賑わう「としまえん」のプール。シーズン以外は、釣り堀に変身していることはご存知でしたか?

7〜8月の夏場はプール、それ以外は「としまえんフィッシングエリア」に名前を変えて、釣りの営業を始めます。プールはもちろん楽しいですが、釣りも負けないくらい楽しい要素がいっぱい。なぜならここは、魚を釣るだけじゃないんです。なんと、その釣った魚…持ち帰ったり、その場で食べたりできちゃいます。今回は、実際に釣って調理して食べるまでを体験させていただきました。

ほかにも魚の大放流など、大満足の内容をたっぷりとご紹介いたします!

長さ350mの流れるプールは「アマゾンエリア」、子供のプールは「ナイアガラエリア」、波のプールは「ミシガンエリア」にそれぞれ大変身。

場所によって釣り方が決まっており、一番簡単で子ども向けの「エサ釣り」は「アマゾンエリア」で体験できます。

週に2回、迫力の大放流

「としまえんフィッシングエリア」では、月曜と金曜の週2回、魚の大放流が行われます。

取材時は350kgでしたが、通常だと400kgもの魚たちが、釣り場と化したプールに放たれます。その光景を目の前で見させていただきましたが、あまりの迫力に我を忘れ、子どもみたいに大はしゃぎ(笑)

ニジマスの3倍体「練馬サーモン」

写真に映るインパクトのあるお魚、普通のニジマスの3倍のスピードで成長するように改良した「練馬サーモン」です。大放流の日にはこの大きなお魚も約150kg、釣り場に放たれます。

「うわぁ…おっきい…」といういたって普通のコメントを残し、言葉を失ってしまった私。前もって「練馬サーモン」の話は聞いていたのですが、想像していたよりもはるかに大きく、存在感があったのでびっくりしてしまいました。

「練馬サーモン」をさばくと、きれいな赤身が姿を現します。もともとは白身なのですが、エサを工夫して赤身になるようにしているそう。実はこの「練馬サーモン」、皆さんもご存知、100円寿司で出てくるサーモンと一緒です。お店の方から聞くお話は知らないことだらけ。聞いている間は、ずっと「へぇ〜」ボタンを押しまくっていました(笑)

「練馬サーモン」もほかの種類のお魚同様、釣れたら持ち帰ることが可能です。刺身にしようか、ムニエルにしようか…、釣れた時のことを考えたら、ワクワクが止まらないですね!

初心者向けの「エサ釣り」にチャレンジ

「アマゾンエリア」で、釣り初心者向けの「エサ釣り」に挑戦です。

「フライ」や「ルアー」といったほかの釣り方は、技術も必要なので上級者向け。「エサ釣り」はちょっとコツをつかめばたくさんの魚を釣ることができるので、初心者や子どもにおすすめです。

時間券の購入、道具のレンタル

まず、時間券を購入します。時間は1時間から最大6時間まで。その後、釣竿・あみ・エサ・袋をレンタルしましょう。

道具をレンタルしたら、釣りたいエリアに向かいます。場所が決まったら、最初に釣竿のセッティング。釣竿に黒いペンで印がつけられているので、そこに合わせてウキの位置を調整してください。

使用するエサは「イカ」です。写真のように、袋の上から指先で押して1cmくらいの大きさにちぎってください。それを釣り針につけてプールに糸を垂らします。

食べるために…何が何でも釣るぞ!

万が一釣れなかったとしても、時間券を購入していればお魚をいただくことができます。が、せっかくなら自分で釣った魚を食べたい…。ということで、気合を入れてチャレンジ!

「アマゾンエリア」でお魚がたくさんいるのは、プールの対岸で日陰の場所。なのでなるべく日陰を選び、対岸に向かってエサを投げてください。

粘って粘って…無事、ニジマスをゲット!成果は、20分ほどでニジマス2匹。

「結構釣れたんじゃない?」と調子に乗ったのも束の間、ふっと周りをみると、他のお客さんはおもしろいくらいにバンバン釣りあげていて。少し悲しくなりました…。

お待ちかね、さばいて焼いて食べましょう!

子どもたちの目的は釣りよりも…

自分で釣った魚を自分の手でさばいて、焼いて、食べる。そんな珍しい体験ができるのが「としまえんフィッシングエリア」の魅力の一つです。

焼き場の利用は土日祝日限定。なので、土日は多くの人々でいっぱいです。子どもたちは釣りのついでに食べるというよりも、食べるために釣るという子が多いそう。

まずは自分の手でさばきます

自分で釣った魚は誰かにさばいてもらうのではなく、自分の手でさばきます。魚なんてさばいたことない!という方も大丈夫。専用の水道には写真付きで、魚のさばき方が丁寧に説明されています。

水道に置いてあるハサミを使ってさばいていきます。ハサミを入れてお腹をチョキチョキ。

内臓をとって、血を抜いて、きれいに洗い流します。そして、さばき終えたお魚の姿がこちら。できたら串をさしていきます。串は1本100円。この中に焼き場の利用料金も含まれます。

串をさしたら塩をまぶしましょう。塩は購入しても、持ち込んでもOK。ここでちょっと一工夫。ヒレにしっかり塩をまぶしてみてください。するとその部分がこんがり焼けるので、よりおいしそうに見ることができます。

お魚を一からさばくなんて、今までしたことがなかった私。難しそう…と思いながらも、実際にやってみました。魚のお腹を切ったり、内臓を取り出したりするので、少し苦手な方はいるかもしれません。ですが、子どもにとっては「食育」といった意味でよい教育になると思うので、ぜひ子どもにもやらせてみてください。

焼きあがるまでが待ち遠しい…

ついに最終工程!焼きの時間です。

背・腹・側面を5分ずつ、計20分ほどかけてじっくり焼いていきます。焼いている間は、香ばしいかおりがプンプン…。「待たなきゃ、でも待てない…」自分と戦いながら、魚が焼きあがるのを待ちます。

「やったー!完成!」できたてほやほやの焼き魚をいただきます。

自分で釣ってさばいたお魚、美味しくないわけがありません。ものの5分程度で、ぺろっと平らげてしまいました。

コメント

こちらは「としまえんフィッシングエリア」支配人の皆川さん。ご自身でも釣りをされるそうで、釣りの知識はとっても豊富。そんな皆川さんから「としまえんフィッシングエリア」に遊びに来るご家族に向けて、コメントをいただきました。

「川や海でする釣りは足場が悪かったりして、子どもたちにとっては少し危険かもしれません。ですが「としまえんフィッシングエリア」はプールを利用した釣り場なので、安定した足場で釣りをすることができます」

安全に釣りを楽しむことができるというのは、子連れの方にとってはとても重要なポイントですよね。

「また、週末には焼き場もやっています。魚を釣って、その場で食べられる場所というのは、都内にはなかなかありません。ここでは子どもたちにとって貴重な体験をさせてあげることができます。ぜひ遊びにいらしてください。」

都内の釣り堀は釣りをすることはできても、キャッチ&リリースがほとんど。持ち帰ったり、その場で食べたりすることができる場所はなかなかありません。「としまえんフィッシングエリア」はそれができちゃう貴重なスポット。遊びにいかない理由が見つからないですね!

「としまえんフィッシングエリア」までのアクセス

電車:「豊島園駅」から徒歩1分。

バス:〈西武バス〉練47 練馬駅北口~(下赤塚駅経由)~成増駅南口、「豊島園」下車
   〈国際興業バス〉赤01 練馬駅~赤羽駅、「豊島園」下車

車:〈第1駐車場〉 30分200円 1日最大1,500円
  〈臨時駐車場〉 1日1,500円

まとめ

釣った魚は持ち帰って、いろいろな料理に変身させてもよし。土日祝日に来場して、焼き場を利用しその場で食べてもよし。魚の大放流目当てに遊びに行ってもよし。いろいろな楽しみ方ができる「としまえんフィッシングエリア」はいかがでしたか?

ふだん自分が食べている魚は、自分の口に入るまでにどのような過程を経ているのか。大人の私たちが当たり前にわかっていることでも、子どもたちにとっては当たり前でないことがたくさんあります。そんな中「としまえんフィッシングエリア」は、子どもたちの食育につながる場所になっています。

遊びと学びをかねて、子どもと一緒に足を運んでみてください!

としまえんフィッシングエリア(としまえんふぃっしんぐえりあ)

東京都練馬区向山3-25-1

03-3577-9978

日・月~金(平日)  7:00〜19:00、土・特定日7:00〜22:00

夏のプールシーズンは休業

3歳くらいから

土日祝祭:1時間〈一般〉1,200円、〈女性・高校生〉1,000円、〈シニア・中学生以下〉800円 平日:1時間〈一般〉1,100円、〈女性・高校生〉900円、〈シニア・中学生以下〉700円 ※利用時間によって料金は異なります。詳細は「としまえんフィッシングエリア」公式HPをご確認ください。

https://www.t-fishingarea.com/

ベビーカー入場可、おむつ交換台有、駐車場

関連記事

この記事のキーワード

ライター紹介

関口 栄理

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoWEAR
  • テニ-とテーオ
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • ハロウィン2018
  • クリスマスプロジェクト2018