就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

【東京】釣って焼いて食べて!「としまえんフィッシングエリア」

【東京】釣って焼いて食べて!「としまえんフィッシングエリア」

水と緑の遊園地「としまえん」、遊びに行ったことがある方も多いと思います。「としまえん」といえば、遊園地やプール!…ちょっと待ってください、もう一つとっても楽しい場所があることをご存知ですか?それは今回の主役「としまえんフィッシングエリア」。魚を釣って焼いて食べて…続きは記事内でご紹介します。

「としまえんフィッシングエリア」とは?

プールが釣り堀に大変身!

東京都練馬区にある「としまえん」。遊園地やプールがあり、家族や友人、恋人、誰と行っても楽しめる場所です。有名な遊園地ですので、一度は足を運んだことがある方も多いはず。私も実際にプライベートで、遊びに行ったことがあります。

その中でも流れるプールや波のプール、子供のプールなどがあり、夏に多くの人々で賑わう「としまえん」のプール。シーズン以外は、釣り堀に変身していることはご存知でしたか?

7〜8月の夏場はプール、それ以外は「としまえんフィッシングエリア」に名前を変えて、釣りの営業を始めます。プールはもちろん楽しいですが、釣りも負けないくらい楽しい要素がいっぱい。なぜならここは、魚を釣るだけじゃないんです。なんと、その釣った魚…持ち帰ったり、その場で食べたりできちゃいます。今回は、実際に釣って調理して食べるまでを体験させていただきました。

ほかにも魚の大放流など、大満足の内容をたっぷりとご紹介いたします!

長さ350mの流れるプールは「アマゾンエリア」、子供のプールは「ナイアガラエリア」、波のプールは「ミシガンエリア」にそれぞれ大変身。

場所によって釣り方が決まっており、一番簡単で子ども向けの「エサ釣り」は「アマゾンエリア」で体験できます。

週に2回、迫力の大放流

「としまえんフィッシングエリア」では、月曜と金曜の週2回、魚の大放流が行われます。

取材時は350kgでしたが、通常だと400kgもの魚たちが、釣り場と化したプールに放たれます。その光景を目の前で見させていただきましたが、あまりの迫力に我を忘れ、子どもみたいに大はしゃぎ(笑)

ニジマスの3倍体「練馬サーモン」

写真に映るインパクトのあるお魚、普通のニジマスの3倍のスピードで成長するように改良した「練馬サーモン」です。大放流の日にはこの大きなお魚も約150kg、釣り場に放たれます。

「うわぁ…おっきい…」といういたって普通のコメントを残し、言葉を失ってしまった私。前もって「練馬サーモン」の話は聞いていたのですが、想像していたよりもはるかに大きく、存在感があったのでびっくりしてしまいました。

「練馬サーモン」をさばくと、きれいな赤身が姿を現します。もともとは白身なのですが、エサを工夫して赤身になるようにしているそう。実はこの「練馬サーモン」、皆さんもご存知、100円寿司で出てくるサーモンと一緒です。お店の方から聞くお話は知らないことだらけ。聞いている間は、ずっと「へぇ〜」ボタンを押しまくっていました(笑)

「練馬サーモン」もほかの種類のお魚同様、釣れたら持ち帰ることが可能です。刺身にしようか、ムニエルにしようか…、釣れた時のことを考えたら、ワクワクが止まらないですね!

初心者向けの「エサ釣り」にチャレンジ

「アマゾンエリア」で、釣り初心者向けの「エサ釣り」に挑戦です。

「フライ」や「ルアー」といったほかの釣り方は、技術も必要なので上級者向け。「エサ釣り」はちょっとコツをつかめばたくさんの魚を釣ることができるので、初心者や子どもにおすすめです。

時間券の購入、道具のレンタル

55 件

ライター紹介

関口 栄理

この記事のキーワード

ピックアップ記事

関連記事