就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

出産を楽勝で乗り越えたい!妊娠中にできることや陣痛を楽にする方法

出産を楽勝で乗り越えたい!妊娠中にできることや陣痛を楽にする方法

一般的に出産は痛いもの、大変なものというイメージがありますが、妊娠中からの体力作りや呼吸法の学習などで、それをある程度軽くすることは可能です。安産のために気をつけておいたほうがいいことや、陣痛の痛みをやわらげる方法についてまとめましたので、参考にしてみてください。

出産が楽勝と感じるママがいるって本当?

陣痛も平気!痛みに強いママもいる

“鼻の穴からスイカを出すのと同じくらい”などと表現されることもある陣痛の痛み。テレビドラマなどでの出産シーンなどでも、陣痛を迎えている女性は“痛みと戦っている”と描写されるのが一般的なようです。

痛みは人によって感じ方が違うものです。男女にかかわらず、痛みに強い人、弱い人がいます。無痛分娩などでそれほど痛みを感じず出産できる場合もありますが、自然分娩の場合、痛みをまったく感じない、という可能性は低いといっていいでしょう。

痛みに強いのならラッキーですが、そうでない場合でも、陣痛の痛みをやわらげる効果のあるマッサージ法や呼吸法があります。何よりリラックスして出産にのぞむのが1番ですから、心配しすぎないようにしましょうね。

第1子で経験しているので楽に感じる

妊娠、出産の経験に関しては、母体や赤ちゃんの状態によって様々です。第1子の出産と比べて、その後の出産が楽だった、という経験をしたママもいれば、逆パターンの経験をしたママもいます。

とはいえ、一般的には、第2子以降の出産の方が第1子のときよりも楽だったというママが多いようですね。第1子の出産は初めて経験することばかりで、どう心の準備をしてよいのかわかりにくく、どちらかといえば不安なことの方が多いから、という理由があげられます。

その点、第2子以降は、「前回の出産のときはこうだったな」と過去の記憶や経験をたどることができます。ママの体も1度出産を経験しているので、精神面、肉体面ともに、自然とそれなりの準備ができているのかもしれませんね。

無痛分娩で出産したので痛みがなかった

外国では以前から普及していましたが、日本でも近頃は、無痛分娩を選択されるママが多くなってきているようですね。第1子の出産のときの陣痛の痛みがひどかった経験があると、次は無痛分娩で、と望むのはよくわかりますね。

無痛分娩は、陣痛が始まってから麻酔薬を打つという流れになるので、分娩中の痛みがまったくなくなるわけではありません。この麻酔の注射に関しても、痛みを感じる方とそうでない方がいるようですね。

無痛分娩を体験した知り合いママによると、彼女は第1、2子は自然分娩、第3子を無痛分娩で出産したそうです。麻酔注射の痛みもほとんどなく、始めの2回にくらべ体力の消耗が少なく、スムーズに3回目の出産をすることができたといっていました。

安産で出産したいママが妊娠中にできること

妊娠中は太り過ぎないようにしよう

母体はともかく、お腹の中にいる赤ちゃん、分娩、産後の体調など、妊娠中の体重管理は様々なことに影響を与えます。2人分、だと思ってついつい食べ過ぎてしまうこともあるかもしれませんが、適度なコントロールを忘れないようにしましょう。

臨床データによると、安産を経験した人の共通点に“体重”があるそうです。やせすぎや太りすぎは、妊娠や出産への負担がかかる可能性が高くなるという結果が出ています。

どうしても食欲を抑えるのがむずかしいときは、低カロリーなものや、栄養バランスの取れた食べ物を選ぶようにしましょう。体重増加だけを気にして、逆にストレスをためてしまっては、母体や赤ちゃんにとってあまりよいこととはいえませんものね。

適度な運動で体力作りをしよう     

出産は体力を使うものです。中には分娩が長時間にわたるケースもあるので、妊娠中から運動をする習慣をもっておくのは大切なことだといえますね。ただし、無理は禁物です。

また、適度な運動をすることで、体重のコントロールもできますから、一石二鳥です。体力作りももちろんですが、股関節のストレッチなども取り入れると、安産に結びつきやすくなるでしょう。

安産体操などもあります。こちらは分娩時に必要となる筋肉を鍛える効果があるといわれています。

ただし、胎児を宿している妊婦の体は、血液の循環量が普通の人の2倍ほどかかるので、その分運動時に心臓への負担が強くかかります。ストレッチも運動も、決して無理のない範囲で行うようにしましょう。

身体は暖めて冷やさないようにする   

一般的に冷え性の女性は少なくありません。妊娠中は特に、身体を暖かくキープするよう心がけましょう。

温かい野菜スープなどは、煮込んでやわらかくなった野菜が胃にもやさしく、身体ごと暖めてくれますね。夏の暑い時期だと少しむずかしいかもしれませんが、野菜を摂る場合も、冷たいサラダというより温野菜として摂取すると、体の冷えを防ぐことができます。

足元対策も冷え防止にはかかせませんね。靴下を履くのはもちろんですが、レギンスやレッグウォーマー、タイツなどで、暖かさをキープしましょう。

また、冷房のよく効いた室内などにいなければならないときは、ストールやカーディガンなどを羽織り、温かい飲み物などで身体が冷えるのを防ぐようにしましょう。

陣痛の痛みを楽にして出産を乗り切ろう

ママの楽な姿勢でリラックス     

陣痛のつらさは、痛みはもちろん、それが長時間続くことにあります。初産の場合は、陣痛が始まってから出産するまで平均10~13時間程かかるといわれています。ここで、痛みの軽減に効果的な姿勢を紹介しましょう。

全般的な痛みには、あぐらをかく姿勢が有効なようです。深呼吸して肩の力を抜きましょう。おしりのあたりが痛む場合は、うつぶせになっておしりを突き出すような姿勢をとると、少し楽になります。

横になると痛みを感じる、という場合は、陣痛イスが役に立ちます。イスの背にもたれて足を開き、横ゆれの動きをしながら痛みを逃しましょう。横になるほうが楽な場合は、心臓のある左側を下にして横向きになり、ひざを曲げた姿勢になると、リラックスできるようです。 

腰を強くマッサージしてもらおう   

陣痛の痛みを乗り切るには、誰かにマッサージをしてもらうという手もあります。パパが付き添ってくれている場合はパパにお願いしましょう。助産師さんがマッサージをしてくれることもあります。

腰、肛門のあたり、太もものつけ根、など子宮口の開きに合わせて、痛む場所が変わってきます。痛みのある場所を、こぶしやテニスボールなどの固めのものでぐっと押してもらうと、痛みの軽減に効果的だといわれています。

痛い部分を全体的にゆっくりとさすってもらうのも、痛みをやわらげるだけでなく、リラックス効果もあって、気分が少し楽になるでしょう。長時間痛みに耐えるのはつらいものですから、遠慮せずに痛みがあることや痛みのある場所を伝え、まわりの助けを借りましょう。

痛みを逃す呼吸法をしよう      

陣痛の間隔が短くなり、痛みも増してくると、自然と呼吸が速くなります。これでは、体がなかなかリラックスせず、痛みの軽減にはつながりません。ゆっくりと大きな呼吸をするようにしましょう。

大きな呼吸とは具体的にどういったものでしょう?鼻からゆっくりと息を吸い、口からゆっくりと息を吐くようにします。赤ちゃんにも新鮮な酸素が届きますよ。

ヨガと禅を取り入れた腹式呼吸法もあります。こちらはあぐらをかいた姿勢で行います。右手をお腹の上に当て、鼻からゆっくりと息を吸い込みます。そしてゆっくりと、すべての息を吐き切ります。

そばにいる助産師さんや看護士さんが、呼吸のリズムをとるお手伝いをしてくれます。1人ではないですから、安心してくださいね。

まとめ

いよいよ陣痛が始まり、赤ちゃんに会えるまでもう少し。自然でも無痛でも、分娩はママの体に負担のかかる大きな仕事です。

できるだけ安全な出産をするため、妊娠中から体重のコントロールをしたり、適度な運動をしたり、などある程度の準備はできます。決して無理や我慢をせず、必要であればまわりに助けを求めることを忘れないでくださいね。

赤ちゃんとの対面はまさしく奇跡。この記事を読んでくださったみなさんが、無事に出産されますように。

関連記事

この記事のキーワード

ライター紹介

teniteo WEB編集部

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoWEAR
  • テニ-とテーオ
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • ハロウィン2018
  • クリスマスプロジェクト2018