就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

新生児を電車に乗せても大丈夫?赤ちゃんを電車に乗せるときの注意点

新生児を電車に乗せても大丈夫?赤ちゃんを電車に乗せるときの注意点

新生児を電車に乗せても大丈夫なのでしょうか?赤ちゃんは一体いつから電車に乗ることが可能なのでしょうか?赤ちゃんを電車に乗せるのを不安に思っているママのために、電車に乗るときに困らないようにする事前準備や、電車に乗せるときの注意点をまとめてみました。

新生児は電車に乗せても大丈夫?

生後1カ月までは極力電車は避ける

新生児は生後28日までの赤ちゃんのことをいい、ママのお腹から外の世界に出て一生懸命に外の世界に適応しようとしている時期です。生後1週間はたいてい病院に入院している時期ですから、無菌状態で適した気温と湿度のなかで過ごしています。

病院から退院すると、それまでの病院のように最適な環境ではなくなってしまいます。ですから、退院後約1カ月間はママも赤ちゃんもできるだけ外出しないようにいわれるのです。

暑い夏や寒い冬の外気に触れるだけでも新生児には刺激になります。退院した途端、色々なものから身を守らなくてはならなくなるのですね。そのような外の世界から赤ちゃんを保護しなくてはいけませんから、電車に乗せるのは極力避ける方がよいでしょう。

新生児を電車に乗せるべきでない理由

電車の中は不特定多数の人が出入りする密閉した空間になりますよね。色々な人が持ち込んだ細菌、ウィルス、ほこりなど、赤ちゃんにとっては大敵なものがたくさんある環境になります。大人でも電車に乗って病気がうつるということがあるぐらいですから心配です。

新生児は感染症にかからないように、胎盤や母乳から受け取った免疫で守られているといわれています。それでも、完全に感染症にかからないというわけではありませんから、感染症にかかった場合は重症化しやすいのです。病気に抵抗するための機能がまだ未熟というわけですね。

新生児は首もすわっていませんし、外の世界にもまだ適応しておらず、感染症も心配です。ですから、電車には乗せるべきではないのです。

新生児を電車に乗せる必要があるケース

新生児のことを考えると電車に乗せない方がよいのですが、1カ月健診を受けて何もなければ電車に乗っても大丈夫という説と、まだ首がすわっていない時期ですから、首がすわる3カ月頃までは電車に乗るのは避けた方がよいという説があります。

電車に乗せるのは避けた方がよいと分かっていても、里帰り出産から自宅に帰るときや、出産を終えて自宅に帰るとき、ママが病院に通わなくてはいけないとき、上の子の移動にどうしても付き合わないといけないときなどに、電車以外の移動手段がなければ乗せるしかないケースも出てきます。

電車に乗せない方がよいと分かっていても乗せなくてはならないママも心苦しいですよね。仕方がないと思って最善の事前準備をしましょう。

新生児を電車に乗せるときの事前準備

電車に乗せる前にお出かけに慣れておく

赤ちゃんの1カ月健診が終わって、お出かけして大丈夫といわれたら、外に出ることを少しずつしていきましょう。

日中、赤ちゃんと2人だけで過ごしていると、ストレスもたまりやすくなります。外に出るだけでママも気分転換できますよ。赤ちゃんと一緒だと色々な人が話しかけてくれるでしょうし、赤ちゃんとみる世界はまた違って見えるでしょう。

少しずつ外で過ごす体験を重ねておくと、ママも赤ちゃんも外出するのに慣れてきます。電車に乗るのは、かなりの勇気がいりますが、外出に慣れておくと、電車に乗るのも少し不安が軽くなるでしょう。外出してみるとどんなものが必要か、何に注意したらよいのか、などお出かけするときのことが分かってきます。

エレベーターの位置などを把握しておく

赤ちゃんとお出かけするときは、赤ちゃんのための荷物をたくさん持って出かけなくてはならなくなります。赤ちゃんと荷物でかなり重くなりますし、ベビーカーに乗せてということもあるでしょうから、駅にあるエレベーターの位置を把握しておくと安心です。

エレベーターの位置を知って、エレベーター近くの車両に乗ると移動もスムーズです。人込みの中をあまり歩かなくてよいのは気分的にも楽でしょう。

また、おむつ替えできるスペースがあるかも確認しておきましょう。インターネットで調べれば、駅の配置図が載っていますから、すぐに分かります。実際に駅に行ったときに慌てずに利用できるので安心です。事前に色々なことを知っておくと余裕をもって利用できますよ。

乗る前に授乳やおむつ替えを済ませておく

新幹線以外の電車には、おむつ替えをするスペースや授乳するスペースがない場合が多いですね。ですから、授乳やおむつ替えをする必要がないように、電車に乗る前に済ませておきましょう。

また、電車に乗っているときに、おしっこをしたり、空腹であれば、赤ちゃんが泣く可能性が高くなります。できるだけ電車の中で泣かないでいてもらうためにも、乗る前の授乳やおむつ替えを済ませておくことが必要なのです。

短時間の移動で、おむつ替えも授乳もしなくて済みそうであれば、おむつや授乳のための荷物を持っていかないという選択もできます。それだけで、だいぶ荷物が減りそうです。電車の中でママが身軽に動けるようになるためには荷物が軽いと嬉しいですね。

新生児を電車に乗せるときの注意点

はじめのうちは15分以内にしよう

赤ちゃんと初めて電車に乗るときは、ママも赤ちゃんもドキドキですね。電車に初めて乗っている時間としては、15分以内にしておきましょう。新生児は、本来まだまだ乗らない方がよいときですから、長時間乗るのはやめておきましょう。

赤ちゃんも長時間は負担がかかりますが、もちろん産後まだ間もないママにも負担がかかりますから、長時間電車に乗ることはママのためにも避けた方がよいですね。ママと赤ちゃんで電車に乗ることは、身体的にも精神的にも負担が大きいですから、無理は禁物です。

ママも赤ちゃんも不安な時間は短時間の方がよいですよね。何より赤ちゃんの安全が大切ですから、ママも赤ちゃんも少しずつならしていけるとよいですね。

通勤時間や混雑する時間は避ける

電車は不特定多数の色々な人が利用する移動手段です。赤ちゃんを乗せるときはママは赤ちゃんの安全を第一に考えると思いますが、同時に周りの人の迷惑にならないようにすることも考えたいものです。

まず、電車が混雑する通勤や帰宅の時間は避けて乗りましょう。周りの人の迷惑そうな顔を見なくてはならないかもしれませんよ。

また、首がすわっていない赤ちゃんの場合は、赤ちゃんを横抱っこか縦抱っこしていますし、ベビーカーに乗せていますよね。その状態では混雑した電車に乗ることさえ無理でしょうし、感染症にかかるリスクも高くなります。

電車がすいている時間に、すいている車両に乗りましょう。もし赤ちゃんに泣かれても、迷惑をかける人が少なくてすみます。

移動時間は余裕をもって計画する

赤ちゃんと電車に乗るときは、時間に余裕を持って乗車しましょう。時間に余裕があれば、心にも余裕が生まれます。30分~1時間の余裕をみて移動したら大丈夫でしょう。

赤ちゃんを連れての外出は、予想しないことがおきるかもしれません。突然赤ちゃんが大泣きし始めたり、急にうんちをしておむつ替えが必要になったり、電車が混んでいて乗れそうになかったり、など色々なことがおこる可能性があります。

そんなときにママが慌ててしまうと大変です。何があっても「まだ時間に余裕があるから大丈夫」と思えると、余裕を持って対処ができますよ。赤ちゃんの命をママが預かっているのですから、ママも赤ちゃんも慌てて危なかったなんてことがないようにしてくださいね。

赤ちゃんの電車はベビーカー?抱っこひも?

ベビーカーと抱っこひも両方あると便利

数年前までは、首がすわっていない赤ちゃんは横抱っこして抱っこ紐を使っていましたが、最近の抱っこ紐は首がすわっていない赤ちゃんでも縦抱っこして使えるものもありますね。

電車に乗るときは、できるだけママの両手が空いている方が安心です。ベビーカーも抱っこ紐も両手が空きますが、抱っこ紐の方が赤ちゃんがママの身近にいることになりますよね。

ママを身近に感じられる分、抱っこ紐を使って抱っこをしている方が赤ちゃんも安心に思ってくれるでしょう。そうすれば泣くことが少なくなりますから、ぐずり予防には抱っこ紐の方がよいかもしれません。

抱っこ紐で抱っこすれば、段差を考えなくてよいですから移動も簡単です。考えることが少ないと、気持ち的にも楽ですね。

一方で抱っこ紐は長時間抱っこするとしんどくなりますし、荷物も一緒に持つとなるとママの身体への負担は大きくなります。ベビーカーがあれば、荷物をかけておけますし、電車内では折りたためますから場所をとらずにすみます。

ですから、抱っこ紐のメリットとベビーカーのメリットを生かして、両方あると便利ですね。

電車の中ではベビーカーを畳まずに使用可能

電車に乗ったときに、ベビーカーを押している人のマークを見たことはありませんか?最近の電車には、ベビーカーマークがついていて、ベビーカーを乗せる場所が確保されている電車もあります。

ベビーカーマークがついているところは当然のこと、ほかの場所でもベビーカーは畳まずに電車に乗せることができます。でもベビーカーに赤ちゃんを乗せて電車に乗った場合は、ベビーカーマークの場所に乗ると安心ですね。

電車の中が空いていれば、ママは座席に座って、その前に赤ちゃんを乗せたベビーカーを置くと、乗り降りも楽になります。あまり奥に入らずに、電車の戸のそばにいれば、赤ちゃんが泣き止まずに大変なときには降りやすくなります。

ただし、周囲が混んでいるようであれば、ベビーカーを畳んで抱っこ紐にした方がよいかもしれませんね。最初から赤ちゃんをベビーカーに乗せていない場合でも、ベビーカーは畳んでおきましょう。

法律上は畳まなくてもよいとされていますが、電車は大勢の人が利用する場所ですから、お互いが気持ちよく利用できるようにしたいものです。

電車で赤ちゃんが泣いてしまったときの対策

赤ちゃんが泣いている原因を見極める

電車という閉鎖された空間で赤ちゃんに泣かれると、本当に居心地が悪いですよね。周りの人にじろじろと見られたら、今すぐにも電車を降りたくなるでしょう。

電車に乗っているときに赤ちゃんに泣かれたら、まず泣いている原因を見極めましょう。赤ちゃんが泣く原因としては、お腹が空いている、おむつが気持ち悪い、暑かったり寒かったりして居心地が悪い、特に理由がなく機嫌が悪いなどがあります。

電車の中での授乳やおむつ替えは難しいでしょうから、まずは抱っこしてあやしてみましょう。それで泣き止んでくれたら、機嫌が悪かっただけかもしれません。

抱っこして泣き止んでくれたらよいのですが、それでも泣き止まないときは電車を降りることも検討しましょう。

泣き止まないときは近くの駅で降りてしまう

赤ちゃんが電車の中で泣きはじめたら困りますよね。抱っこをしたり、おもちゃであやしてみたり、小声で歌ってみたりしてみても泣き止まないときは目的地まで着いていなくても、停車した駅で降りてしまいましょう。赤ちゃんもママも一気に気が楽になりますよ。

泣いた原因がおむつが濡れていて気持ち悪いからであれば、降りた駅でおむつを替えをさせてもらいましょう。また、お腹が空いているようであれば、授乳できるスペースで授乳をしてみましょう。電車から降りたら泣きやむということもあるかもしれませんよ。

電車の中で周りの人の目を気にしているよりは、多少時間が遅くなっても人の目を気にせず、赤ちゃんだけを気にしてあやす方がママにとっても楽でしょう。

お気に入りのおもちゃは必ず持っていく

赤ちゃんが泣くときは色々な理由がありますが、その中で、理由なく機嫌が悪いため泣いているときにはどう対応したらよいのでしょうか。赤ちゃんの機嫌が悪く泣いているときに注意を転換する方法として、おもちゃを利用するのも一つの手です。

赤ちゃんはお気に入りのおもちゃを見たり、触ったり、好きな音楽や音が聴こえたりするだけで機嫌が直ることがあります。お気に入りの音楽を聞いたら泣き止んで眠ってしまうという赤ちゃんもいるぐらいですから。

いざというときにおもちゃを使えるとママも安心できますから、忘れずに持っていきましょう。赤ちゃんが大きくなると、おもちゃでなく、おやつを与えたらご機嫌が直るという子も出てきます。

まとめ

新生児はまだ外の世界に慣れていず、感染症にかかるリスクを考えて、電車に乗るのはできるだけ避けましょう。首がすわるまでは電車に乗るのは待った方がよさそうですから、どうしてもというときだけ電車に乗るようにしましょう。

そんなときは、事前準備をして余裕を持って電車に乗りましょう。電車の中で赤ちゃんに泣かれたら、周りの目も気になって落ち着かないでしょうから、泣いている原因を考えて対処し、どうしても泣き止まない場合は途中下車することもよいですね。ママも赤ちゃんも安全第一で電車に乗りましょう。

関連記事

この記事のキーワード

ライター紹介

teniteo WEB編集部

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoWEAR
  • テニ-とテーオ
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • ハロウィン2018
  • クリスマスプロジェクト2018